2014年8月22日 (金曜日)

かつて小学生だった頃の勝山おじさんの夏休み自由研究

 「おじさん、スイカの種を数えたの?」、と甥っ子に聞かれました。私が小学校の時にやった、夏休みの自由研究のことです。そうだよ、えっへん、と答えたところで、甥っ子兄弟に大爆笑されてしまいました。「アホすぎる」というのです。

 恥ずかしさに、顔を赤らめうつむくのです。まさかアホな自由研究だったとは……。小学校、中学校時代は、真面目な優等生のつもりでしたから、アホすぎると言われて、なんとも面目なく、言葉も出ないのです。私の妹である、甥っ子母さんが、甥っ子に教えたのでしょう。今からさかのぼること30年以上前に、自分の兄がやっていた自由研究を憶えている、妹の記憶力と、のぞき力に打ち震えるのです。

 ガリ勉小学生で、暗記は得意だったのですが、自由研究とかそういうのは、さっぱりだめの、教育奴隷として生きていましたから、中途半端な、自由を与えられても何をしていいのかわからんですよ。いい点数をもらえる自由研究をしなければいけない、でも自由ですから、こうすればいいという基準がない、ガリ勉としては泣きたい気分になりました、できが悪ければ、スパルタ教育として、ママンの鉄拳制裁がまっております。

 そんな小学生の私がやった、苦心の自由研究が、大好物のスイカの種を数えるというものです。夏休みの宿題のためと親に頼みこんで、スイカ一個、かなり大きいのを買ってもらいました。それを一人で食べる。種をぷっとはいて捨ててしまっては数えられないので、新聞紙の上にぷっとはいて、それを乾かし、あとで数えるのです。

 たいへん不衛生な自由研究で、実験場であったベランダにはハエだらけ。家族もキレかかっていたので、大急ぎでスイカを食べ、自由研究の完成を目指します。大好物のスイカも、まるまる一個食べるというのは大変でした。死ぬまでに一度でいいから、スイカをまるごと食べてみたいという夢も、叶ってしまうと辛いです。一人で食べるには量が多すぎるのです。もうスイカは食べたくない。スイカが大好物でなくなってしまったのは、この自由研究がきっかけです。

 ハエがたかるスイカの種を水で洗い、そうして種を数える。スイカ一個に、種がいくつあるのか、それが勝山少年の自由研究です。つまらなかった。スイカを食べるだけで、夏休みの宿題が終わるという、極楽自由研究のはずでしたが、まさか途中で食べ飽きるとは、まさかあんなに種があって数えるのが面倒くさいのとは、まさかベランダがハエだらけになるとは、つらいことばかりだったせいか、実際にスイカの種がいくつだったかは覚えていません。

 ちなみに甥っ子長男坊の自由研究は万華鏡だそうです。万華鏡をつくる? らしい。甥っ子次男坊は、絵日記を書くといっておりました。アホすぎることは、やらんのですよ。

西瓜

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月曜日)

真・鬼ごっこ

 甥っ子も小学校五年生にもなると、単調な遊びでは満足してくれません。前だったらピッチャーが投げる、キャッチャーが取る。ストライク! ボール! の審判の判定だけで満足してくれましたが、今じゃその程度では「なんか、盛り上がりに欠けるな」、とダメ出しをしてきます。野球をするにも、サッカーをするにも、ひと工夫必要なのです。

 それに加え、調子に乗った甥っ子次男坊(小学校二年生)もいますから、遊びも混乱をきわめます。甥っ子次男坊の主張は明快で、野球もサッカーもやりたくない、はやく家に帰りたい、です。それをなだめて、公園で遊ぶのですから、兄弟が仲良く遊ぶなんてことは、ありえません。

 やる気がなく、すぐ帰りたがる弟を、兄貴がからかいバカにする、弟がきれて兄貴をぶっ叩く、兄貴が「調子にのるな!」の決め台詞とともに鉄拳をふるい、次男坊号泣(嘘泣き)。これが毎回繰り返される、公園遊び始まりの風景です。

 そんな二人をなんとか、なだめすかしながら、両人がどうしたら満足できるかと、どうしたら遊べるかを考えます。その思索のなかから生まれた遊びが、「真・鬼ごっこ」です。

 じゃんけんして負けた人が、鬼になって追いかけて、タッチされたら今度はその人が鬼になって追いかける、それは普通の、鬼ごっこ。「真・鬼ごっこ」では、じゃんけんで負けた人が、地獄の鬼となり悪の限りを尽くします。

 実践してみましょう。じゃんけんぽーん、勝山おじさんが負けました。その瞬間、二人の甥っ子が、「ぎゃーーーーーーーー」と言いながら公園中を逃げ回ります、そんな二人の子供うちの一人に狙いをさだめ、もはや人間でなくなった、子供に暴力を振るう本当の鬼になった勝山おじさんが追いかけます。ダッシュし、追いついたら、甥っ子の首根っこをつかみ、地面にばーんと倒します。どうだ、と。

 さっきまで、きゃあきゃあ言っていた、甥っ子長男坊が、苦悶の表情を浮かべています、「腰をうった……、痛い……」そういって、涙をぽろぽろ流すのです。「何でこんなひどいことをするんだ」という甥っ子の問いに対し、勝山おじさんは「本当の鬼だから」と答えます。甥っ子長男坊は小学校五年生ですから、理屈はわかってくれました、でも腰が痛いと、地面に横になったまま涙をながし、しばらく立ちあがれないのです。

 大人気ない、やりすぎる勝山おじさん。自慢できない親戚として、またワンランクアップしてしまいました。でも、そんな真・鬼ごっこ、もうやらねえよ、とはならないのです。公園の遊びの締めは、毎回これをやっています。勝山おじさんが「本当の鬼」になって、甥っ子を追い回す、警察に通報されるギリギリ、もしくはアウトのところまでやる。いかがなものでしょうか。ちゃんとした大人にならなきゃいけないと、反省しているのですが、真・鬼ごっこを超える遊びがおもいつきません。どうしたらいいでしょうか。

鬼

| | コメント (3) | トラックバック (0)