« 2018年7月 | トップページ

2018年8月17日 (金曜日)

人狼ゲームとしての教育機会確保法(2) 誰が人狼だったのか?

☆ストーリー☆
 「ここはドブ川沿いの親不孝通りにある、不登校運動村。村人たちは、ほそぼそとではありますが、親の会やフリースクールなどのネットワークをつくり、平和な毎日を暮らしていました。しかし不幸なことに、ある日突然村を滅ぼそうとする人狼が村にまぎれこんで来ました! 彼らは昼は村人を装い、夜になると人狼になり、村人を一人殺します! 村人の誰もが標的になる可能性を持っています! 命に関わることなので、一刻も早く誰が狼か見破って、処刑しなければ人狼に食い尽くされて村が滅びてしまいます。一刻も早く人狼が誰か見破ってください!」

 教育機会確保法に関して賛成反対とあれやこれやとやってきたあれは、教育機会確保法という名の人狼ゲームであったと仮定して、ここではゲームの後日談(反省会)として、誰が人狼だったのか、答え合わせというか自己採点をしてみたいと思います。ゲームと違って現実では、法律が成立しても誰が人狼だったか、すぐには明らかにはなりません。が、法案にかかわっていれば、ほぼ確定と思える部分もあります。私の考察はこうです。

亀田徹

 村人のふりをしていたが、実は人狼だったというその典型的な人物が、元・文科省の亀田徹でしょう(現在は、LITALICOという発達障害で一儲けをたくらむ会社に天下りをしました)。亀田は私から見れば間違いなく人狼なのですが、バカな村人からすれば、文科省を良い方向に、法律を良い方向に変えようとする不登校に理解のある官僚、つまり村人に見えたようです(実際にやっていることは逆なのに、バカな村人をうまく騙しぬいた)。

 敵陣営とはいえ、ゲームであれば亀田に「ナイスプレイ!」と言ってあげたいくらいですが、現実におこったことですから、ただただ無念であります。法律成立後、亀田が文科省をやめて民間団体に天下りしたのも当然で、法律が成立した以上役割は終わっています。文科省に残るより、今すぐ民間企業に天下りしてに法律の活用法(税金を民間に流す方法)をレクチャーする仕事をするほうが自分を高く売ることができます。人狼として、亀田の行動は筋が通っていて正しい。

 法律をよく知り、活用法を心得ている亀田を雇い入れた、LITALICO(りたりこ)が今後、委託事業という名の助成金を獲得し、全国チェーン展開していくのは、まず間違いない。LITALICOはいい買い物をした。人狼陣営としてLITALICOの行動もまた正しい。

 教育機会確保法という名の人狼ゲームに登場した、ほぼ確定済みの、ほかの人狼についても紹介しましょう。

 フリースクール東京シューレを訪問した安倍晋三総理、
Abe

スペースえん(NPOたまりば)を訪問した下村博文大臣、
Shimomura

この法案の超党派議員のまとめ役だった自民党の馳浩(知らない人も多いが、元プロレスラー)。
Hase


 普通に見れば、騙されようもない、右寄りの、見え見えの人狼だらけなのだが、自分たちフリースクールに得になる法律ができるかもしれないと、欲の皮がぱんぱんに突っ張った状態ですから、バカな村人はそれに気づけないのです。欲が客観的にものを見れなくさせるのです。

 それとは反対に、人狼陣営は、バカな村人にターゲットを絞り、大切にして、信頼させたあとで、利用する、という人狼ゲームの鉄則通りに動いているのがよくわかります。リアル人狼の周りには、いつもバカな村人がいる。写真がそれを証明していますよね。

 人狼ゲームに限らず、心理ゲームに勝つコツを知っていながら、教育機会確保法がゲームとは気づかず、ゲーム脳を発揮できなかった反省をこめて、あの時、何をすればよかったかをねちねち空想していきますぞ。〈続く〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水曜日)

ひきこもり勝ち組プール

 暑い、暑い、と言って部屋でへばっているというのは、自由時間の使い方として間違っています。暑ければプールに行けばよい。近所の市民公園プールに行きたまえ。昼のランチタイムが穴場で、プールもあまり混んではいない(ただし土日は除く)。

 夏の日差しをあびて、もやし色の肌に刺激を与えよう。もやし一族よ、いまが唯一、全身に日を浴びることが出来る季節なのですよ、もやし色の肌が夏の日差しをあびて、ちょっぴりピンク色になる、ひりひりする、それがいい。

 25メートルプールをクロールで、行ったり来たりしております。泳ぐのは、30分くらい。真夏にウォーキングなんかしたら、熱中症で倒れてしまうでしょ、それにおじさんの油汗がベトベトして気持ち悪い。プールならどんなに汗をかこうと、おじさんだろうと、常にすっきり爽やかです。

 プールで泳いだあとは、はスーパーに立ち寄り昼食を買う。「冷やし中華」を買うのが勝ち組への道です。暑くて食欲がなくても、冷やし中華なら食べれる。それに冷やし中華はバランスがいい。上にのっている具を見てみたまえ。きゅうり、卵、ハムとバランスよくのっとるではないか。神のバランス食品、それが冷やし中華なのです。

 「昼にプールに行き、そのあと冷やし中華を食べれば勝ち組になれる理論」を脳内で構築し、世界に発表したいと、気持ちが上がっておりました。

 ごきげんでプールから帰ってくると、お盆に北海道に行っていた甥っ子兄弟が、我家に遊びに来ていました。おじさん、どこに行っていたんだ? と聞くので「プールです」と答えると、誰と? と聞くので「ひとりです」と答えると、ふたりに爆笑されてしまいました。

 怪しすぎる、というのです。夏にやっている、市民公園プールなんてところは、「小学生」が行くところで、46歳のおやじが、一人でいって、真顔で泳ぐようなところではない、と言うのです。

 そうだったのか…、ひきこもり6畳間では気づくことのできない世間の価値観を知らされた気がして恥ずかしく思いました。でもその怪しい勝山おじさんはね、しょっちゅう公園プールに行き、しかも障害者手帳を持参し、100円の入場料を半額の50円にねぎっているのですよ。

 ひとりでプールに行く、怪しい精神障害のおじさん。無敵ですな。そういえばプールの監視員がなんだか私のほうを見ているような、見ていたいような…、いやいやそんな被害妄想はやめましょう。

 だからなんだと言うのですか、どーんといけ。今日も明日も、暑い日には、プールに行き、ぐいぐいと泳いでやりますぞ。夏の正しい自由時間の使い方。昼にプールで泳ぎ、冷やし中華食べることです、これが勝ち組の生き方なのですよ。えっへん。

Pool

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月曜日)

人狼ゲームとしての教育機会確保法(1) 序章

 人狼というゲームを知っいますか? 有名なボードゲームなのですが、遊ぶのに7人以上、人を集めないといけないところが敷居が高い。私も数回しかやったことない。ただ最近はインターネットでもできるので、一人でも練習がてら楽しみことはできる、これとか。

 人狼とは、どんなゲームか。ウィキペディアから引用して説明すると、まず村人陣営と人狼陣営とに分かれる。ただし誰が村人で誰が人狼かは分からない。昼と夜のターンがあり、昼のターンでは皆で話し合いひとりを処刑する。夜のターンは、人狼が村人を襲って殺す。これを交互に繰り返していく。人狼をすべて処刑すれば村人陣営の勝ち、村人と人狼の人数が同じになれば人狼陣営の勝ちとなる。

 心理戦のゲームです。人狼は正体がばれないように村人をよそおいながら、ひっそりと生き延びて、夜になったら村人を襲撃する。そうはさせまいと、村人は人狼と思われる人をあぶり出し、処刑していくのです。

 このゲームで勝つにあたって何がカギになるか? 人狼を見抜く鋭さ、正体を隠すうまさ、話のうまさ、確かにそれも大切なのですが、実はこのゲームは、頭の切れるセオリーを知り尽くしたプレイヤーよりも、バカプレイヤーの存在そのものが勝負のカギをにぎることが多い。

 心理ゲームですから、だます、だまされるの、駆け引きが醍醐味です。初心者はコツがわからずに、バカなプレーをするのはしかたがないというか、罪はない。それと、バカな人狼はすぐにばれて処刑されるので、ゲームにはたいして影響を与えない(村人に有利になるだけ)。

 さて私がしみじみと、人狼というゲームを通じて、人間とは何かと考えさせる状況をつくるのが、「バカな村人」という存在である。

 バカな村人プレイヤーがいたとします。彼らはこういう行動をとりがちです。

 空気の読めない彼らは心理戦において、村人をよそおう人狼の言うことを信じ、逆に村人を疑うのです。オレオレ詐欺にひっかかる老人のような心理状態ですな。振り込みはやめたほうがいい、と止める銀行員に敵意を向ける、あのお爺さんのパターンです。

 村人陣営の人は、このバカな村人を説得して、なだめ、わかりやすく解説をしてあげなくてはいけない。あれこれ「おもてなし」をしてバカが治るように、あれこれ手を尽くすのです、がそれがうまくいかないのが、バカな村人がバカな村人たるゆえんです。

 むしろ村人陣営の人ががんばって説得すればするほど、いよいよ偽村人である人狼のいうことを信じ、逆に説得してくる村人を疑うようになるのです。

 人狼陣営にとっては最高の村人ということになります。人狼はこの「バカな村人」を大切に扱います。夜のターンでこのバカな村人を襲撃して殺すなんてことはしません。だからバカな村人はゲーム終盤まで生き残り、ゲームの勝敗のカギを握り続ける存在として活躍し続けます。

 と同時に生き残るのが、バカな村人に疑われている村人です。冤罪、無罪、痛くもない腹をさぐられつづけている迷惑を被っている村人も生き残り続けます。バカな村人と、疑われている無実の村人の対立の状況こそが、人狼陣営にとって一番ありがたいのです。

 バカな村人と無実の村人との説得合戦の間に、どっちともつかない人、発言の少ない人と、存在の薄い無実の村人が、ひとり、またひとりと人狼によって襲撃され、殺されていくのです。

 あれっ、これって、なんかに似ている、なんだろうと考えた結果、ああ教育機会確保法における、反対派(?)に対する、教育機会確保法賛成派のやつらの行動原理と同じだなと気づいた。

 フリースクールネットだの、オルタナティブ教育だなんだとかといっていた連中の思考回路こそ、人狼ゲームにおける「バカな村人」そのものじゃないか。

 だとしたら…、教育機会確保法を成立させようとした人たちの、誰が人狼で、誰がバカな村人だったのか。そして、1年9ヶ月前に教育機会確保法が成立したという事実、つまり人狼陣営が勝利したという、この結果を踏まえて、「教育機会確保法におけるフリースクールの連中は人狼ゲームにおけるバカな村人である理論」を(まだかっちりと出来上がってはないというか、ただの思いつきでしかないが)、まあひとつの仮説として、雑に書きなぐっていきたいと思います。〈まだまだ続くぞ!〉

Lupus_in_tabulasets

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火曜日)

和歌山滞在メモ(3)

8/3(金)猛暑。やっていることは、上半身裸で、扇風機の前で、ごろ寝しているだけ。人間としてどうかと思い、湯の峰温泉の周りをちょこっと散歩。売店でコーラを飲む。勝ち組。本宮大社におみやげを買いに行く。今年は本宮大社2500周年でおみやげ記念グッズもたくさん作られようだが、すでにほとんどが売り切れていた。よいおみやげがない。わだまに戻る。晩餐は鳥肉。まいうー。

8/4(土)最終日。ちょうど帰るタイミングで、新しい滞在者が来る。『バラ色のひきこもり』を読んで共育学舎を知ったという、すごい偶然だ。10時半、わだまを出発。15時、名古屋到着。キトウバーことkeytoに行く。満喫。スーパー銭湯ゆーとぴあ宝に泊まる。キングダムというマンガを5巻まで読んだ。

8/5(日)朝8時、名古屋を出発。途中、長篠設楽原という、戦国ファンにはたまらない名前のパーキングエリアで休憩する。14時過ぎに横浜帰宅。和歌山で心身ともにリフレッシュできた。体中に力がみなぎっている。やるぞ、俺はやるぞ。次に和歌山に行くのは11月くらいかな。隣の部屋からは「かぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーー」という要介護5の寝たきり老婆ママンのおたけびが聞こえるが、俺は気にしない。気にしてなるものか。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木曜日)

和歌山滞在メモ(2)

7/28(土)台風警報が発令されているが、台風は来ない。でも一応台風にそなえて、今日は自由時間。近くの熊野古道を少し散歩。汗だくになる。ユキさんの誕生日、鶏肉とケーキを食べる。まいうー。夜は『バック・トゥー・ザ・フューチャー』を見る。

7/29(日)雨。台風は通過したが、雨は降り続いている。しかたあるまい。本日も、自由時間にする。午後、雨がやんだので湯峯王子社跡と高浜虚子句碑を見に行く。また雨が降る。夜、ケンケンさんとミヅキさんが来る。ローストビーフを食べる。まいうー。

7/30(月)台風は完全に過ぎ去った。にもかかわらず、ずっと雨。これでは、しかたあるまい、本日もまた自由時間とする。雨が降り続いているせいで気温が低く、とても快適。畳のうえでごろんと横になる。寝てしまった。三食食べて、昼寝する居候。自由時間の使い方について真剣考える。夜は『バック・トゥー・ザ・フューチャー2』を見る。

7/31(火)Tさんとサウナのある温泉に行く。瀞流荘。定員2名のこじんまりとしたサウナと、これもまた定員2名のこじんまりとした水風呂がある。他に客がいなかったので、存分に満喫。勝ち組。帰りに山の学校に寄る。猫しかいない志古の家にも寄る。完全な夏休み。

8/1(水)汗水流して働きたいと急に思い、草刈りをしに真昼にスラムに行く。だが暑すぎて何もできず。汗でずぶ濡れ。小屋でバルサンを焚く。アリが小屋に住み着かないための対策です。民宿わだまに戻り、温泉に入る。勝ち組。夕方、みんなで犬をもらいに行く。白い雑種のひとなつっこい子犬。

8/2(木)本日も更に暑い。子犬を見に行く。よしよしする。子犬逃げる。今日がおそらく和歌山に来て一番暑い日。スラムの小屋で寝ていたが、それだけでも命ぎりぎり。暑い日は、怠ける以外することなんてない。

Dsc_0617

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ