« ふるさと♪ | トップページ

2018年7月12日 (木曜日)

腹は凹まない

 太ってきた、と半年ほど前にブログに書いた。基本的に虚弱体質でひょろひょろしているにもかかわらず、腹だけが出ている。アフリカ難民のイメージです(彼らは栄養失調で腹が腫れているのであって太っているわけではない)。

 立っている時は気にならないが、座ると腹がぽこーんと出る。腹が凸(ぽこーん)だ。中年男性は基礎代謝が落ちて、腹に脂肪が付きやすいという。皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪もつく。しかも腹には凸ぽこーんとなるのを防ぐ骨がないから、腹が出てしまうのです。

 腹に脂肪がつくと、ズボンがきつくなってはけなくなるのが困る。すでに何着かははけなくなったので、捨ててしまった。損害だ。もうこれ以上は絶対に太れない、という切実な事情もある。喪服です。老婆ママンのご臨終にそなえて買ったばかりの、ジャストサイズの喪服が、太って着れなくなっては困る。

 腹を凹ますぞ、と気が向いた時にダンベル、ウォーキング、スクワットをやったり、食事の時には炭水化物であるご飯を少なめにしたり、ジュースやお酒を飲みすぎないように注意している。

 その結果どうなったかというと、どうにもならないのです、まったく腹は凹まないのです。体脂肪も18%~19%をキープしている(男性にしては高い)。ひょろひょろおやじデブという、新ジャンルを作り出しているじゃないかという気持ちになる。

 ブックオフで108円で売っている「やせる本」のたぐいを何冊も買って読みました。そしてダイエットの真髄というものを知ったのです。ダイエットとは、

 ①軽い運動をする。
 ②やせようと、やせまいと、①を続ける。

 ということなのです。やせるとか、やせないとか関係ない、軽い運動を続けよ、というのが「やせる本」に書いてあることのすべてなのです。ダイエットというのが、こんな奥の深い、悟りの世界だとは知りませんでした。

 体重が減らない、リバウンドしてしまった、水を飲んでも太る、なんていうのはどうでもいいことなのです。ひたすら軽い運動を続けるだけ。その中でも特にお薦めで、どの本でも紹介している軽い運動というのが、階段を昇ること、エスカレーターをなるべく使わず歩くことなんですよ。私もなるべく階段を歩いております。

 ダイエット言うと食事を減らすというイメージがありますが、食事制限は苦しいので、続かないから無駄なのです(死ぬまで続けられるなら効果はある)。食事について凡夫にできるのは、せいぜい食べすぎない、腹八分目を心がける、野菜を多く食べる、それくらいしかないのです。

腹筋

|

« ふるさと♪ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/66932235

この記事へのトラックバック一覧です: 腹は凹まない:

« ふるさと♪ | トップページ