« 2017年6月 | トップページ

2017年7月15日 (土曜日)

脱ゴミ屋敷 (二)

 本とゴミの見分け方を発見しました。本棚にある本を手にとってみて、その本にこんもりとホコリがたまっていたなのなら、それは本に擬態したゴミです。

 一度読んだことあるし、名作だし、愛着もある、何よりも自分おもしろいと確信して手に入れたものばかり、でもでも、本の上、天と呼ばれる部分に、ホコリがたまっているということは、あなたも私も読んでいない、放置していたわけですよね、これからも放置され続ける可能性も高いよね。ゴミでないと言い切れるだろうか。

 何歳になっても文学青年、おもしろかった本は、いつかまた読みたい、2度、3度、読み返したい。ただ人生に、“いつか”がちっともこないのです。だから、捨てるのですが、そんな捨てた直後に限って、あの本が必要だということにもなりかねん。

 そんな万が一が、来てしまったら、その時は図書館に行って借りてくればいいんでやんす。運悪く図書館にない場合も、今はネットで簡単に手に入れられる(マーケットプレイスやヤフオクで)。

 それくらいは主も分かっている、それでもなお捨てられない人間の、心の問題。本を売ってしまったら……、毎日テレビを見ているような人たちのように、自分がつまらない、薄っぺらな人間になってしまうのではと、ひきこもりクリエーターは怯えるのです。

 根強い、ひきこもりゴミ信仰があるのです。ゴミの量に比例して、人間の中身も充実していく、「心の豊かなゴミ屋敷の主人」幻想が、無意識のうちにある。本あってこそのひきこもりという自負がある。知識と教養とゴミとは、セットなんです。一理あるでしょ、それでもやっぱりゴミ屋敷はゴミ屋敷。

 ゴミ屋敷の主が、クリエイターであるとは限らないどころか、可能性としては低い。そう言わざるをえない。ゴミ屋敷の主だから、新しいものを生み出す、なんてことはあまりない。なにひとつ生み出さないゴミ屋敷の主人が圧倒的多数なのです。

Sbsh0173_2
↑ 
タンスの上にはダンボールぎゅうぎゅう。
何が入っとるか、分からん。(@@)

<だらだら続く>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水曜日)

脱ゴミ屋敷 (一)

 ボトルシップ。

Pic

 不思議だ、どうやって入ったんだ、船を作った後にガラス瓶をこしらえたのか? なんて子どもの頃は思ったものですが、別にこれは、種も仕掛けもなくて、暇を持てあました大人が、趣味として、ピンセットを使って、瓶の中で船の部品を組み立てるというオモチャ、プラモデル工作なのです。

Sx522_

 ピンセットで部品をつまみ、組み立てていく、よく手がぷるぷる震えないなと感心しますのう。私にはできない、最初から最後までぷるぷるするしちゃうに決まっている。

 ひきこもりの住むゴミ屋敷もまた、ボトルシップなのです。六畳間に、ブックオフで買ってきた、108円のあれやこれやを、ひとつひとつ詰め込んで組み立てた、ゴミ船、ごみボトルシップなのです。

 30年ぶり? くらいに、部屋の畳替えをしました。その時に、畳の上にあるゴミをどかさなくてはいけませか。特に本棚が問題だ。本がぎゅうぎゅうにつまっていては、重すぎて、本棚を移動させることができない。本棚の中にあるものだけは、畳替えの日に合わせて移動させました。

 とんでもないことになったぞ。

 本棚にあるものをダンボールに詰めて、それを押し入れにいれたり、部屋の畳ではない床に積み上げていく、のですが、それはもう、積み上がる、積み上がる、例のアレになる、夕方のテレビでよくみる、ゴミ屋敷、そのものになるのでごさいます。

170606_205244

 愕然とした。いつのまにか自分があの主のレベルに達していたとは。早く、早くゴミ屋敷の主をやめないと、取り返しがつかなくなる。捨てよう、と決心すると同時に、入り口がせまい、捨てるのは簡単ではない、ボトルシップだ、と気づいたのです。

<だらだら続く>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火曜日)

安心ひきこもり道場 大ニルヴィーナ編 2017/08/12(土)

会 場 横浜市社会福祉センター 大会議室B 7F←会場が変わりました!
時 間 14:00~16:00
参 上 関口宏(精神科医・文庫のクリニック院長)、勝山実(名人)
参加費 無料!!
定 員 50人くらい
主 催 文庫こころのクリニック
連絡先 、予約は必要ないよー。

▼横浜の大地が生みだしたデクノボーによる、ひきこもりEXPO、第3弾、大ニルヴィーナ編、ひきこもり道場の最終回です。
▼ひきこもりの、ひきこもりよる、ひきこもりのための【当事者限定イベント】。
▼デクノボーの美学にふれる、ゆとりのひととき。しゃるうぃー。

 前回、前々回と20人くらいの人が集まってくれました。おおいににぎわっていたのです、でも、もっとにぎわうんじゃないかと、やる気と煩悩がむくむくと沸き起こり、みんなぎ来やすいところ、駅から近いところ、ということで会場を変更しました。

 文庫こころのクリニックの片隅から、桜木町みなとみらいの七階の会議室へ。ぜひお越しください、予約は不要です、なぜなら、そんなにたくさん人が来ないからさ。

 第3回ですが、初めて来た人でも分かるように、前座として私が、今までの初級・中級編のまとめを話してから、上級編へとまいります。だから今まで参加してなかった人でも大丈夫です。

 今回は、会場で二次会をおこなうことができないので、桜木町の居酒屋にいこうと考えています(自費)。アフターは大事、でも居酒屋はお金がかかる…そこが辛い。

PDFチラシ ダウンロード
↑↑↑\( ‘ jjj ’ )/

pic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ