« 献本の紹介 | トップページ | よう日本人 »

2016年4月28日 (木曜日)

【悲報】不登校版アパルトヘイト 自民党、公明党、民進党が賛成  4/28超党派フリースクール等議連連盟・夜間中学等義務教育拡充議員連盟合同総会 音声ファィルほぼノーカット版

 連休明けに国会に提出されるという。附帯決議を民進党がつけるらしい? が、超党派の議員立法なら、よく議論し、きちんとまとめて、法案そのものを修正 してから、提出するべきだ。附帯決議をつけること自体、まとも議論をせずに急ごしらえで法案をつくっている証拠。まともな法案ではない。もはや何を言って も愚痴にしかならないが、あえて愚痴を書く。

 この法案が成立してしまえば、フリースクールなんて、インディアン居留地のようなものにな る。差別され、排除された者の行き先でしかない。多様な居留地が用意され、ひとつは適応指導教室(教育支援センター)、もうひとつは不登校の特例学校です。 そこのどこにも行けない不居留地児は、家庭で通信教材を勉強させられることになるだろう。

 学校以外の場(居留地)で、「学校教育」をやらせる。学校に来ない人にも、国にとって「適切な学習」をさせられることになる。

 *

 フリースクール自殺法案の立役者。私が選ぶA級戦犯を発表しましょう、奥地圭子(東京シューレ)、喜多明人(早稲田大学)、亀田徹(文科省)、の三人。全員有罪。あの世で神様に謝ってきて欲しい。不登校運動の歴史に、戸塚宏、稲村博士レベルの汚点を残した。

戦犯

  奥地圭子さんは、民進党のヒアリングでずうずうしくも「私も当事者だ」とおっしゃっておりましたが…、だからなんだというのですか。だからといってフリースクールに関係していない当事者が排除されていることに、変わりはない。それが奥地さんが特別扱いされ ていいという理由にならない。

 *

 東京シューレに通っている子どもも当事者である、だからといってフリースクールに通っていない不登校の子どもを法案づくりから排除してよいという理由にはならない。

 東京シューレに子どもを通わせている保護者も当事者である、でもだからといってフリースクールに子どもを通わせていない保護者を法案づくりから排除していいという理由にはならない。

 *

  奥地さんは、東京シューレの子どもや保護者をつれて、「当事者でございます」と、議員まわりをしていました。フリースクールに通っいる子どもは不登校全体の 3.5%、その特別な当事者を、不登校全体の代表のように見せかけているところにインチキがある。かってにお前たちで決めるな、96.5パーセントの当事者の声を盗むな。奥地さんにはこれからは、正直に名乗っていただきたい、「私たちはフリースクールと関係の深い、3.5パーセントの当事者です」と。

 以下、いつも通りの音声ファイルです。

↑合同総会の音声ファィル

|

« 献本の紹介 | トップページ | よう日本人 »

コメント

我が子が、フリースクール東京シューレでお世話になりました。

シューレの保護者、子どもでも、法案に反対の思いを持っている方は沢山います。

奥地さんやシューレのスタッフが、シューレの子どもや保護者の代弁者では、在りません。

投稿: K | 2016年4月28日 (木曜日) 20時12分

そのとおりですね。
でも実際に、奥地さんは東京シューレの子どもと保護者の代弁者として
政治活動をしており、さらにいえば
不登校の子どもと保護者の代弁者のふりをして
議員会館をうろついている。
((+_+))

投稿: 勝山実 | 2016年6月 1日 (水曜日) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/63548908

この記事へのトラックバック一覧です: 【悲報】不登校版アパルトヘイト 自民党、公明党、民進党が賛成  4/28超党派フリースクール等議連連盟・夜間中学等義務教育拡充議員連盟合同総会 音声ファィルほぼノーカット版:

« 献本の紹介 | トップページ | よう日本人 »