« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月23日 (金曜日)

11.2代々木オリンピックセンター STOP!「多様な教育機会確保法案」

 9.9シブヤに続く「多様な教育機会確保法案」検討会シリーズの第二弾です。法律は市民を縛るもの、法律に書いていないことは主張できない。「大丈夫」っていう、かってな想像は置いておいて、現実の条文をごりごりと解説してもらおうというイベントです。楽しくやろう。前回、司会でありながら怒ってしまい、反省しております。

 でもまた恥ずかしながら司会をすることになりました。もう怒らない、アルボムッレ・スマナサーラ長老の本を読んで、怒らない術を身につけたからさ。

 今回は調子に乗って160人入る会場にしてしまいました。すかすかキャラバンになりそうなので、しゃるうぃー、という私からの告知です。ひきこもり当事者なら無料です。空席をうめるという、立派な仕事に協力してくれれば、これ幸いでございます。

STOP!「多様な教育機会確保法案」
不登校の子どもの権利があぶない!11.2フォーラム
※イベントは無事終了しました。ありがとうございました。

日時:2015年11月2日(月) 
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
   センター棟3階 309号室 
  開会:18:30 開場18:00 閉会21:30
定員:160名!!!! 
参加費500円(不登校・ひきこもり御本人様無料!)
講師:石井小夜子(弁護士)
   金井利之 (東京大学法学部教授)
パネリスト:
   内田良子(カウンセラー/子ども相談室 モモの部屋)
   山下耕平(フリースクールフォロ)
 http://150909.jimdo.com/

Stop

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水曜日)

馳浩文科大臣と義家副大臣の体罰自慢対談 PDFダウンロード

2008年6月号「正論」産経新聞社 収録
「熱血対談 いまどき古いとは言わせない 教師の奮起こそ教育再生の原動力だ」

PDFダウンロード

 馳浩と義家先生。プロレスラーとヤンキーというキワモノ議員が文部科学省大臣と副大臣になった。その二人が以前雑誌でした対談です。ネットの記事(http://lite-ra.com/2015/10/post-1569.html)で大体は分かるものの、もしかしたら原文はちゃんとしているんじゃないか、悪い部分をつなぎあわせた記事ではないかという心配もある。みなさん自分の目で見て、読んで判断してください。

 体罰とは、教師による子どもいじめ。234ページから二人の体罰自慢が始まります。馳浩先生の体当たり生徒指導は、自分の高校のレスリング部が強いチームでなかったので、殴った。一週間に一本、竹刀が折れるくらい、殴った。

 竹刀って、剣道のあれでしょ、

Shinai

 あれが一週間で折れるくらいレスリング部の子どもを殴る、児童虐待教師、それが馳浩文部大臣です。実際に読んでみましたが、体罰容認対談で、体罰が悪いなんて一言もいっていない。

 馳浩は記者会見で謝罪したし、過去のことだから、許してあげよう。そういう意見をお持ち人がいる。そういう人はまず自分が一週間に一本、竹刀が折れるくらい叩かれてみたらよろしい。貴方さまの立派な考えは、他人に当てはめる前に、まずは自分に当てはめるのが手順というものでしょう。

 謝ったからそれでいいというのは、暴力をふるう側の論理で、暴力をふるわれた側はそれで済んではたまらない。引き続き文科大臣を続けたいから、謝っただけで反省なんかしていない。ひきこもり裁判長の判決は死刑ですが、まあここは穏当に文部科学大臣辞任でどうでしょうか。もちろん義家先生も一緒にです。

Hase

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火曜日)

近況報告in和歌山

 いま和歌山にいます。ノートパソコンは持ってきたけれど、電源アダプターを忘れたため、毎日ちょびちょびしかパソコンをいじれないという生活をしています。しかしパソコンのない生活はいい、動画中毒から開放されて、心爽やかです。

 一般のかたと違い、ひきこもりの人のブログの更新が途絶えると、なんだか「ざわざわ」した気分になり、ひょっとしたら、まさか、なんて心配する人がいるとも限らないので、とくに訴えたいことはないのですが、生存報告としてこの記事を書いております。

 今回は小屋をつくるとかそういう任務はなく、ただ完成した小屋に住んでみようというのが、和歌山に来た目的です。それにちょっと、バイオトイレをつくろうという野望もあるにはあったのですが、アイディアもなければ技術もない、おまけにネットにつなぐ環境がキビシイため、じっくりグーグル先生に聞いて、調べることもできません。

 純粋な居候、三食飯をしっかり食う穀潰しとして、共育学舎に滞在中です。何をするか、しっかり考えてから来るべきだった、そんな反省をしながらも、のんびり過ごしています。ネットをしない生活というのが健康にいいのでしょう、すこぶる体調はよく、食欲もあり、食べてはごろりとなって、ちょっとだけ稲刈りを手伝い、すぐに疲れて休む、そんな怠けライフてす。、

 書きっぱなしの、雑な文章で申し訳ない。ネット環境のせいでじっくり書くということができないので、こんなので勘弁して下さい。誤字脱字は、皆さんの創造力で訂正してくださいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »