« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月29日 (木曜日)

最高の○○ランド

 ○○ランドとつけば、娯楽施設なんでしょうが、子供心にレジャーランドがしっくりこなかった。ディズニーランドに代表される遊園地も、水族館のアシカのショーなどもしっくりこない。子供から見ても、子供だましで、だませていない。ミッキーの着ぐるみの中に汗びっしょりのアルバイトのおじさんが入っているのが透けて見えるのです。大変な仕事だなと同情した。

 水族館のアシカもイルカも、魚もらうためによくがんばっているな、よく訓練されていると感心はするものの、あれを見て楽しいという気にはならない。夏はいいけど、冬は寒くて大変そうだ。人もアシカも苦労しているな。○○ランドと名がつくところは、仕事も経営も大変そうだというイメージしかない。

 そんなランドが楽しめない子供だった私が、これは楽しい、ここは楽園だと唯一思ったのが、行川(なめかわ)アイランドです。大人になって、もう一度行きたいと思っていたのですが、インターネットで調べてみたら、とっくに潰れていた。かろうじて当時の様子が動画でアップされている、是非見て欲しい、ここを超える楽園はない。

 改めて見てみると、風の谷のナウシカと三丁目の夕日を合わせて千葉県色に染めた、昭和的な空間だったんだな。フラミンゴショーというより、フラミンゴ牧場。もっと華やかだった記憶だったんだけど。

 動画には映っていないけど、ここのハイライトは孔雀の滑降ショーなんですよ。夏のスキー場という雰囲気の山があって、小高い山から下まで滑らかな芝生の坂になっている。ショーが始まるアナウンスとともに、丘の上から、ばさばさと孔雀が飛んでくるのです。孔雀といえば動物園のオリの中で、つまらなそうに羽を閉じて突っ立っているイメージしかなかったのですが、行川アイランドの孔雀は空から爆撃機のように飛んでくる。

 孔雀版パールハーバーです。自由な孔雀に驚くのと、孔雀は余り人のいうことを聞かないらしく、思いも思いのところに着陸します。丘の上を飛んでいた孔雀が、自分のすぐ近くの道に着陸した時には度肝を抜かれました。

 孔雀にしろ、フラミンゴにしろ、子供心になんで逃げないのかが不思議でした。もしかしたら余り遠くには飛べないように、羽を切っていたのかもしれません。とにかくサファリパークが出来るずっと前から、行川アイランドにいる鳥達はなかば放し飼いだったのです。

 あとここは仮面ライダーショーを絶えずやっていました。行川アイランドというのは世を忍ぶ仮の姿で、真の姿はショッカーの基地だったのです。私が見た回は仮面ライダーに、ウルトラマンも飛び入りしていました。随分小さいウルトラマンだなと思いましたが、ショッカーの親玉の客いじりとトークのうまさが絶品で、大変楽しく見た記憶があります。

 こんな面白いところがなくなってしまったのかと残念に思います。場所が悪かったかな、千葉の房総半島の先っぽでは行くのが大変です。私は小学校の頃は毎年家族で千葉に海水浴に行っていたので、行川アイランドに行くことが出来たのです。孔雀を丘の上から飛ばすと、本当に面白いよ、イルカやアシカと違って、あいつら自由だから、鳥はいい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金曜日)

mixiやめました

 ネット中毒を治そうと、フェイスブックに続き、mixiもやめました。と言ってもmixiなんてもともと放置してあったものなので、ネット中毒解消とは関係ありません。やはりツイッターをやめないといかん。SNS(ソーシャルネットワークサービス)すべてをやめないとどうにもならん。

 ツイッターそのものに中毒になるのではなくて、それが中毒の起点になるのです。つぶやきに貼られたリンクをクリックして別のサイトに飛ばされる、そこに書いてある知らないことをグーグルで検索、ウィキペディアを読み、2ちゃんねるのまとめサイトをほうほうと眺め、クソみたいなレビューサイトを読みまくるうちに何時間も経っている。時間泥棒がいるよ、ママー。

 ネットは必要なものだけを見る、そのことを心がけています。ためしにブラウザの履歴を見てごらんよ、怖ろしいことになっちょるでしょ。私は1日に300ページくらい無駄サイトを見てたね。その無駄ページヘの足がかりの一つがツイッターで、もう一つがヤフートピックだった。あれは麻薬だ。最新の興味ある話題がが1行、それが8個並んでいるだけで、怖ろしい破壊力がある、見れば必ずクリックしてしまう。

 残りの人生を、ヤフートピックを見ずに生きていくことにした。これで人生が変わる、自分の時間が取り戻せる。うっかり見ないために、ブラウザを起動した時にあらわれるスタートページ(ホームページ)をヤフーから、シンプルで検索窓しかないグーグルに変えた。Google

 得る情報よりも、失う時間の害のほうが大きすぎる。あとアマゾンレビューのような、ネットの匿名の口コミも見ないようにする。あれっていいかげんで信憑性がないくせに、妙に中毒性があるでしょ。ついつい読んじゃうんだよな。

※豆知識 【口コミ】とは 評判・うわさなどが口から口に伝えられて広がること。▼マスコミをもじった語

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火曜日)

ひきこもり進路相談(3) サイバー学習国

 不登校・ひきこもり収容所として頭角をあらわしてきた通信制高校。そのなかで怪しげな光をはなつのが、サイバー学習国です。新聞にも紹介されていたので知っているかたもいるのではないでしょうか。私もひきこもり中卒男子としてさっそく資料を取り寄せました。自分に似ても似つかないアバターで、ネット上でクラスメイトと交流。動画授業で勉強できるというのが、このサイバー学習国の特徴です。

 しかし、そんなことはどうでもいいのです、ようは何日学校行けばいいのか? いくら金がかかるのか? この二点です。ずばりサイバー学習国こと、明聖高等学校通信コースはどうでしょうか。

 スクーリング(面接授業は)は、年にたった4日間です。素晴らしい。最近の通信制単位制高校は、確実に不登校ひきこもりに狙いを絞ってきており、面接授業の日数がどんどん少なくなってきています。ただサイバー学習国の校舎は、千葉県千葉市にありますから、実質千葉県と東京の東側に住んでいる人向けとなります。でも年に四日間くらいなら、スクーリングの時だけ千葉のビジネスホテルから通ってもいいですな。

 そしてお金ですが、まず受験料が7千円。試験はなく、入学願書、作文、調査書、面接で選考します。出身校で調査書を製作してもらわなければいけないのが辛い、それに面接もやだなー、ちっともサイバーじゃない。大検(高認)の何が辛いって、進学しようとするたびに、暗黒出身校に出向いて書類を用意しなきゃいけないことです。

 通信コースは、入学金4万円、施設料1万円、授業料18万円の計23万円。でも就学支援金というのが11万8800円もらえるので、実質「11万1200円」になります。ただし今年に限って、初年度入国キャンペーン中につき、授業料と施設料が実質無料になり、入学金の4万円だけで入学できます。

 あと何にお金がかかるのか、教科書費用1万4千円、明聖高等学校育英会費1万2千円、教育施設設備充実金(寄付金)一口5万円となっています。寄付金は絶対払わないという強い意志を持てば、2万6千円の追加金ですみます。

 面接授業の少ない通信制単位制高校は、サイバー学習国だけでなく、実は全国にたくさんあります。授業料の安さと、面接授業の場所を考慮にいれて選ぶのがいいでしょう。

  学校に行きたくない、でもみんなが行くから自分も行ったほうがいいのかなあ、なんて思っている人向けの、妥協学園です。ネットを使うにせよ、面接授業が少ないにせよ、受験以外で何の役にも立たないお勉強をしなければいけないという、根本的な悩みは残るのだけれども、何年も浪人してどこにも受からず、結局中卒のままのおじさんになるよりは、流す涙は少なくてすむはず。

サイバー学習国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金曜日)

落ちた地獄で咲きなさい

 『置かれた場所で咲きなさい』(渡辺和子著)というキリスト婆さんが書いた本が気になっていました。きな臭い。『くじけないで』の柴田トヨお婆ちゃんと同じ臭いがする。しかしお婆さん相手に憤慨して、ブログに悪口を書くような、そんな心のせまいことをしては俺もお終いだと思い、本屋で見かけても、手に取らず、自粛していました。

置かれた場所で咲きなさい

 でも発売から2年以上たった今も、本屋に平積みになっているのを見て、どういう本なんだろう、もしかしたらいい本なのかもしれないと、本屋で初めて手に取り、読んでみました。

 クソポエムでした。ただ純然たるポエムではない、ビジネス本・自己啓発本形式の、ありがた薄っぺらいお言葉が並んでいます。トヨ亡き後の格好の後継者と言えましょう。お婆さんのクソポエムもジャンルとして定着してきたが、俺はゆるさないぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木曜日)

謹賀新年2015

 甥っ子長男坊がおじさん、サッカーをしようというので、寒いから嫌だというと、どういうことだ、それはおかしいと問い詰めるのです。おじさんは暑い夏にサッカーが出来たじゃないか、それなら寒い冬にサッカーが出来るはずだ、どっちも同じじゃないかというのが甥っ子の理屈です。

 夏と冬、どちらも外で遊ぶには不快な季節、サッカーをするには適した気候ではないという点で、同じ。暑すぎる夏にやったんだから、寒すぎる冬だってサッカーをやるのが当然でしょ、と憤慨するのです。

 それは違う、おじさんは暑さには強いが、寒さには弱いのだと反論しようと思いましたが、サッカーをするには適していないという共通点に、なるほど確かに同じだな、一理ある、そう思ってサッカーを一時間半ほどやりましたよ。

 今日から寝正月開始、旧正月が始まる2/19日まで休みます。寒い、暗い、冬は冬眠するに限りますのう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »