« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月26日 (金曜日)

1日ネットカフェ難民

 横浜市に住んでいるけれど、横浜駅に出るのに1時間かかる、そんな不便なところに住んでおります。東京に出るには、さらに1時間。ひとたび東京へ出かけると往復で4時間が移動時間として消える。

 どこに行くにも、ひと仕事ですよ。帰る時だって、常に終電に乗り遅れないよう、気を配らなくてはいけません。どんな集りも最後までいたら帰れなくなる。

 この前、乗っていた山手線が人身事故で止まっていました。丸い緑の山手線ですから、事故が起きると上り下り丸々一周止まります、どうにもなりません。復旧を待っている間に、下りの終電が次々となくなっていく。それでも家まではつかないとも、横浜方面へ少しでも近づこうと移動した結果、元住吉までいって、そこで終点。ネットカフェで一泊することになりました。

 ネットカフェ難民御用達のフラットシートで仮眠です、8時間で1300円。でも個室のサイズが小さくて、斜めに寝ても体が伸ばせない、部屋の角に頭をぴたっとつけ、足を対角線上の角にぴたっとつけても、178センチの体を伸ばせない。ちょっと膝をまげないと収まらないスモールサイズだったのです。

 筋交いだったら、寸法が間違っているとして、少し切るところですが、人間の体ゆえにきざむことが出来ません。

筋交い
 しかたなく、体を丸めて寝ることにしましたが、やはり窮屈だ、フラットシートの意味がないじゃないか、眠れねえと憤慨していたのですが、気づいたら寝てました。

 朝方の5時半くらいに寝心地の悪さで目が覚めてました。こんなところで寝てたら血液の流れが悪くなりそうだと、ネットカフェを出て、まだ日も登らない寒くて暗い中を、電車に乗って帰りました。自分と同様、人身事故で帰れなかった人が多かったと見えて、電車の中は居酒屋経由、オールナイト朝帰りの乗客でいっぱいでした。

 帰る途中に、生まれて初めて、松屋の朝定食に出会うことが出来ました。メニューでは見ていたが、私が寝ている間に販売され、起きた頃には消えている幻の一品です。朝帰りの早起きを利用して、せっかくだからと食べる、いただきまーす。ご飯に、とろろ(納豆などに変更することも可)、海苔、生卵、お新香、味噌汁というセット。ご飯にかけるものが多すぎて、おかずとのバランスがおかしいと思いつつも、おいしく食べました。朝は食欲がないので、おかずらしいおかずがなくても満足できる、まいうーまいうー、お薦めですよ。

朝定食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水曜日)

今年の風邪と時間銀行券

 今年の風邪はしつこい、咳が長引く。ごほごほ咳をして、かー、ぷえっと痰をはく。熱もないし、山場は過ぎたんだけど、陰気な咳が時々でる、そして痰がからむ。もう2週間もごほごほしいている。つらくはないが、気持ちが沈むな。

時間銀行券

 さてと、ばーーん、覚えていますか。約半年前の6/22日、NPO法人になろうとして全然なれてない団体、湘南ユースファクトリーの1周年記念イベントで配ったのが、時間銀行発行の「ひきこもり名人 1時間券」。欲しい、という人が少なくて、ほぼ身内に3枚配りました。でも今まで使用されたのは1枚のみ、9/24日のブログでも書きましたが、不登校新聞のインタビューにノーギャラで出演したくらいです。http://futoko.publishers.fm/article/5593/ ←このサイトからリンクで飛べば、当日の様子が見れますぞ。

 気付けば今年も終わり。いいアイディアだと思った時間銀行券は、いまいちの結果になりました。よし、諦めよう、なかったことにしよう! 今日をもって、ひきこもり名人の時間銀行券は廃止にします。あれはもう、紙くずだ。いえーい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火曜日)

カーッ、ぷえっ

 カッーッ、ぷえっ、と痰をはく。そんな病人生活を10日以上続けています。ウイルスというやつは、がんばり屋さんで、この虚弱体質の男からなかなか離れようとしません。しかし一日中寝て過ごす安静生活を続けてきたおかげで、クロレッツのような緑色の痰が、黄色になり、そして透明になりました。やつらは死んだ。

 それから2日、もう治ったと思ったのですが、ごほごほと咳がまだ止まりません。風邪は治りかけが大事とも聞きましたので、まだしばらく安静にしていようと思います。なんで風邪が治らないのか、風邪なんて3日、長くても一週間で治るのが普通だろうと、情けない自分を責めていましたが、いまふと、これは自分のせいではなく、環境が悪すぎるせいじゃないかと思い直したのです。

 朝9時から夜まで続く、老婆と老爺さんのいがみ合い、それを聞きながらの闘病生活。老婆がどなり、老爺が嘆く、そんないがみ合いが朝食と同時に始まり、夕飯が終わりどちらかが寝るまで続くのです。地獄ステレオ、右からは老婆の金切り声、左からは老爺の溜息が、たえずBGMとして流れてくるのです、日当たりの悪い団地の1階の、こんなミュージックホールの中にいて、病気が治るでしょうか。

 ごほごほ咳をしながら、ぺったんこの布団に横たわり、天井を見る。きっと死んだあとに行く地獄って、この家みたいなところなんだろうな、早く風邪が治ったらいいなあ、図書館のような静かなところに行って、人間同士の醜い憎しみあいから解放されたい、それだけを願うのです。ああ、ブログを書いている今も、老婆が怒鳴り上げ、老父が嘆く声が聞こえます。ああ、咳が、咳がでるのでございます。

 家族のいがみ合いがないのなら、そこはきっと天国です。しかし私は生きながらして、このような地獄で暮らしている有り様ですから、きっと一生はおろか、死んだあとも、家族同士が微笑んで暮らしているような楽園には行けそうもありません。病気で咳をしながら、いがみ合いCDベストをリピートで聴き続けるのです。

 そんなわけで、風邪をひいてから12日たったいまでも、まだ風邪ひき続行中。卵酒でも作ろうかと日本酒を買ったのですが、台所から聞こえるいがみ合いの声に耐え切れず、常温でそのまま日本酒をぐいと飲んでしまいました。私は何をしているのでしょうか。これでは治るものも治りません。温めた日本酒を、とじた卵の中に注ぎ、砂糖で味付けする、と作り方を諳んじていながら、ひきこもり部屋でひとり手酌酒。

 体は弱く風邪は治りませんが、精神力は鋼のように強くなってきました。どんな地獄でも大丈夫、体は虚弱、精神は鋼鉄、どんないがみ合いの中でも生きていけますぞ。

地獄

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木曜日)

マッスルデー 43回目

 本日、43回目のマッスルでーです。ちゃんとした大人になるぞー。

 イベント当日に風邪をひき、二日連続風邪をひきながらの出演でした、本番に弱い虚弱体質なのです。ご存知のかたも多いと思いますが、風邪薬を飲んでも、風邪は治りません。風邪の症状を抑えるだけです。だから私は、風邪薬は飲まずに、自然治癒力、免疫力で対抗することにしています。ごほごほ咳をしながら寝て治す。何もしない、誰とも話さない、なんて気持ちがいい治療法なんだ。

 ただひとつの例外として、甥っ子がやって来たときは、布団から叩き起こされてしまいます。「そんなの、のど飴なめればいい」、早く遊ぶぞ、ポケモンカードくらい出来るだろうと、私を引っ張り出すのです。それがつらい。そのたびに治りかけた風邪が少しぶり返しているような気がする。みなさんも風邪をひかないように、家の中でぬくぬくしていてくださいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »