« ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 広島廿日市 2014/10/11(土) | トップページ | ひきこもりと油汗と床屋 »

2014年9月24日 (水曜日)

ひきこもり時間銀行券、その後

 週に二回はブログを書くと、心の中で誓っておきながら、全然出来てなくて、俺はなんてダメ人間なんだと、部屋で悶々としておりましが、そんな暇があるなら、一文字、一行でもいいから書けばいい、とはたと気づき、書き散らします。自分作家、自分編集者を経て、自分読者に届く、自分ブログですから、もっと気楽にばんばん書いていきます。書き散らしていきます。

 ひきこもり時間銀行券というのを、半分シャレ、半分本気で、6/22(日)におこなわれた、NPO法人になろうとしてなれない、ひきこもり連盟・湘南ユースファクトリーの1周年記念イベントで(助成金の審査に落ちるということ以外。1年間なにもしていなかったのですが)、当事者が望む直接支援する、俺たちが、というコンセプトで「要相談だけど、出来そうなことなら何でもするよチケット」をそれぞれのメンバーが発行しました。あれから3ヵ月が経ちますがかつちゃんは何をしたのか。

 ちなみに湘南ユースファクトリーの理事自ら出向いて、やってほしいことをやるというスタイルは、一般人連合がやっている「代表デリバリーサービス」の丸パクリです。ちなみに代表の宮原さんとは北海道の漂流教室のイベントで初めて会いました。代表デリバリーに加え、外国でおこなわれている時間銀行のアイディアもぱくって、まあ勝山銀行発行の「1時間券」を発行したのです。3枚ほど配りました。どうなったか。

 一枚は、不登校新聞の石井編集長が使用しました。不登校新聞×月乃光司×いけふくろうの会のイベントの中の、トークコーナーでインタビューを受けるという依頼です。これならお安い御用です。ちょうど1時間、私と月乃さんと田子さんの三人で話すというイベントをこなしました。これも分かりやすい「1時間券」の使い方でしょう。私のトークのキレがどうだったかは、ちょっと自信がないのですが、まあ1時間がんばりました。最初は一時間分の原稿を不登校新聞に書いて欲しいという依頼だったのですが、文章を書いて、それをしばらく寝かして、推敲するという作業があるから、1時間では下書きしかできないと断って、トークインベントで1時間チケットを活用してもらいました。

 あと二枚発行済みなのですが、なかなか頼みづらいということで、実現していません。1時間という時間と、相手を思いやる心優しい人がチケットを持つと、気をつかって気軽に頼みにくいようです。改良点ですね。

 1時間くらいで、ひきこもりご本人が望むことをやったらいいじゃないか。それ以外は支援ではない。そんな気持ちで、やったのが、「ひきこもり床屋さん」です。もともと床屋と歯医者はひきこもりにとって鬼門なのです。歯医者は無理だからと、床屋さんをやってみました。とはいえ私ができる髪型はバリカンで坊主だけなので、切ってくれる人に頼み、私は後見人として、トークをするだけです。オフ会と、床屋が一緒になったような雰囲気でやりました。髪を切れる人でなおかつ、ひきこもりは床屋が苦手だというのが理解できる人、そういう人材が、探せば見つかるという訳でもないのが、開催が難しいところですが、なんとか今回はやってみました。

 それと同時に、ノートパソコンの中のファンにつまったホコリを掃除して欲しいというリクエストもあったので、勝山パソコン博士、おそるおそるノートパソコンを分解して、中のホコリをエアーで飛ばし掃除、ヒヤヒヤしながら元に戻しました。分解するのは簡単だけれど、それを元に戻すのは大変なことです。綱渡りの分解作業でしたが、無事終了。でもノートパソコンの中にホコリがたまっている、はずが、それほどたまっていなかった。ノートが熱いのはファンにホコリがつまっているからと推測しての、分解清掃でしたが、やや不発でした。しかしノートパソコンの熱はホコリが原因ではないということが分かっただけでもよしとします。

 このような、かっちゃん(&フレンズ)が、のこのこ出かけていき、ひきこもり当事者がやってほしいことをやる、そういうことをやっていくぞと思っちょります。みんな、自分銀行券を配ってみたらどうでしょうか。

 書き散らしたが、このまま下書き状態でアップする。暇な時にでも推敲します。あと今週の土曜日、布団の中のアーティストVol.1 にトークゲストとして主催の哲生さんと話をします。こちらもよろしければいらしてください。しゃるうぃー。

|

« ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 広島廿日市 2014/10/11(土) | トップページ | ひきこもりと油汗と床屋 »

コメント

通常、地域通貨に関して時間券というと
時間経過にともなって価値が減っていく
ルールのことを言いますね。
そのような通貨は貯金しておいても得が
ないので、流通しやすく通常のマネーの
持つ問題が解決できる利点があるという
ことですね。
 神奈川にも既存の地域通貨がいくつかあ
るのでそういったものに乗った方がいいの
ではないでしょうか

投稿: 923 | 2014年9月29日 (月曜日) 06時18分

下書きでもよいので、どんどんアップしてください。

不登校新聞のイベントの動画もとてもおもしろかったです。

投稿: @@ | 2014年9月30日 (火曜日) 04時36分

腐るお金、いいですよね。
地域通貨を今でもやってるかなー
調べてみます。

どんどん書いて、どんどんアップしていきます。
自分の顔と声は、見れない聞けないのなので、
動画は見ていないんですよ。

投稿: 勝山実 | 2014年10月 2日 (木曜日) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/60370300

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもり時間銀行券、その後:

« ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 広島廿日市 2014/10/11(土) | トップページ | ひきこもりと油汗と床屋 »