« なんだか、とても、何をするのも、めんどくせえ病 | トップページ | ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 千葉_人権啓発指導者養成講座 2013/10/22(火) »

2013年10月14日 (月曜日)

ひきこもりスラムに仮設トイレ登場!! 和歌山に小屋づくりに行って来ました

仮設涅槃トイレ

 \( ‘ jjj ’ )/じぇじぇじぇ。この涅槃ボーズをキメている物体は、工事現場でおなじみのアレ、仮設トイレ、その後ろ姿です。

 ひきこもりスラムに小屋を建てるのはいいが、トイレはどうするんだ、穴を掘って用をたすしかないのかと、半ば諦め、覚悟を決めていたところに、工事現場でおなじみのヤツがやって来ました。神様ありがとう。

 なんで横になっているのかというと、風で倒れてしまわないように、寝かして置いてあるのです。これをバイオトイレにしようという壮大な計画。ちなみに前から見るとこんな感じです。

仮設トイレ前面

 けっこうデカい、本格的な仮設トイレです。これさえあれば、快適度はキャンプ場並にはなります。

 このあと11月上旬にまた和歌山に行き、小屋の壁をつくって一区切り。そのあと12月、いよいよ完成、スラムで建前(上棟式)をやり、餅をまきますから、そのさいは是非みなさんも見学にいらしてくださいね。

|

« なんだか、とても、何をするのも、めんどくせえ病 | トップページ | ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 千葉_人権啓発指導者養成講座 2013/10/22(火) »

コメント

わたしも、田舎暮らしはいいがトイレはどうするのだろうと常々考えてました。堆肥化して家庭菜園に撒く案、公園のトイレを使わせてもらう案などありますが、(そのバイオトイレが浄化槽のことを指しているのかどうかはわかりませんが)浄化槽というのは一つの有力な案だと思います。ただその場合機能を維持するための使い方に気をつけれることや関係法令を守れるかどうかは問題になると思います。

投稿: 378 | 2013年10月15日 (火曜日) 13時53分

 あちらこちらで放射線の除染作業をやってる福島では、仮設トイレはよく見かけます。作業員だけじゃなく、家に帰るまで我慢できない小学生なんかも勝手に使っています。

投稿: 福島のひとりダメ連 | 2013年10月15日 (火曜日) 13時54分

じぇじぇじぇじぇじぇじぇジェットストリーム〜


12月が待ちどおしいですね!

投稿: F | 2013年10月15日 (火曜日) 22時04分

トイレ凄いインパクトですね。遅れましたが台風大丈夫でしたか?

投稿: bonyoz | 2013年10月17日 (木曜日) 23時03分

山小屋にあるような、バイオトイレを
自作するんじゃないかな。
尿と糞をわけて、発酵させて堆肥にします。

見慣れた仮設トイレですが、あれは
結構値段が高いんですよ、20万円くらい。

12月に建前、餅まきです。
冬に小屋で過ごすことになります。

仮設トイレのなかでも、立派なマッチョなタイプでしょう。
横浜は台風の影響はそれほどありませんでした。

投稿: 勝山実 | 2013年10月18日 (金曜日) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/58386790

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもりスラムに仮設トイレ登場!! 和歌山に小屋づくりに行って来ました:

« なんだか、とても、何をするのも、めんどくせえ病 | トップページ | ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 千葉_人権啓発指導者養成講座 2013/10/22(火) »