« チビタケナガシンクイムシ | トップページ | 第9回フリ・フリ・フリマ »

2013年8月31日 (土曜日)

ゲーム三昧

 夏休みということで甥っ子が3日連続でやって来ました。野球、花火、卓球ともりだくさんです、たいへん疲れました。働いている暇なんてない、ブックオフにも行けず、ゲームも満足に出来ません。

 眠い、だるい、といった症状もゲームをすると治ります。夏バテでだるい、どうせ今日は何もしないだろうと思う日は、ゲームをすることにしています。そうすると体と心はだるくても、頭がカーッと熱くなってきます。

 Wiiと初代DSとプレステ2の3台が私の所有する現役マシンです。どうよ。すべて型遅れ。もうすぐプレステ4が出るらしいので、そうなると2世代前のゲームマシンということになりますのう。しかしこれでいいのです。中古でちまちまとやるのが安上がりだしね。対戦なんて必要ない、ひとりで心のシャッターを閉ざして、ちまちまレベル上げに没頭したいのです。

 今はベルウィックサーガというゲームをやっています。

ベルウィックサーガ

 中古で500円くらいだったかな、人気の任天堂のゲーム「ファィアーエムブレム」の自称・育ての親と言われている人が作ったゲーム。ちなみにこのゲームの前にティアリングサーガというファィアーエムブレムそっくりのゲームを出して、任天堂に訴えられて、裁判で負けております。

 プレステでもファィアーエムブレムができる、それが皆の望みなのですが、やはり裁判に負けたこともあり、オリジナリティをだそうと、続編のベルウィックサーガでは独自の要素を盛り込んでいます。良い点は、同時ターン制というやつで、これは攻撃ターンと守備ターンが、将棋のように、一駒づつというか1ユニットづつ交互に動かすところが、新しくて面白い。リアルタイムシュミレーションでせわしなく動くのではなく、じっくりと順番も考えながらやることになります。

 改良点はこれくらいで、あとは地味で難しく、詰将棋のようなシュミレーションRPGとなっている。ファィアーエムブレムと同様、仲間が死ぬと復活できない仕様。それはいいのですが、この手のゲームのお約束、次々と強い仲間が加入するという、それがないのです。仲間が死ぬと、軍団の人数は減る一方。ではどうするかというと、傭兵を雇うのです、兵隊のアルバイトを雇うのです。

 だからお金が足りなくなる、強い傭兵が雇えない、勝てない、進めない、ゲームが進まないという、どん詰りを初めて体験しました。どうやってもクリアできない。仕方なく、もう1回最初からやり直しです。1からコツコツやり直し、仕事じゃなくてゲームだと勝山おじさんはこんなに勤勉なのさ。

 ファィアーエムブレムのトラキア776の10倍難しいといえば、ファンの人なら難易度がどの程度か理解できると同時に、震え上がるんじゃないでしょうか。敵の攻撃を受け続けると、騎兵が乗っている馬までがダメージを受けて死ぬという仕様も恐ろしい。戦闘中に馬が死んで、騎兵が歩兵になる。ド肝抜かれた。

 馬は生き返らず、章の合間に、厩舎で馬を購入することで、また歩兵から騎兵に復活できるシステムです。難しい、歯ごたえありすぎる。ファミコンの忍者ハットリくんと同じくらい、クリアは遙か遠くにある。

|

« チビタケナガシンクイムシ | トップページ | 第9回フリ・フリ・フリマ »

コメント

残暑お見舞い申し上げます。
ファミコン世代にはハットリ君のような深みの全くない色使いが逆にほっとする気が勝手にしています。

投稿: bonyoz | 2013年8月31日 (土曜日) 22時07分

僕は、7,8年前位に、サカつくやりたくてPS2買った。
資金が足りなくて、中田と複数年契約できなくて、年々上がっていく中田の年俸。
序盤の資金を使う方向が全然ダメだったのに15、6年目で気付いた時には中田に50億以上の年俸を要求されてた(それでもシーズン中に報われてないと文句を言われる)。
なんとかもう一年で最高峰のカップ戦に出れるようになるトコまでやったんだけど、結局中田が70億でも契約してくれなくて、さすがに投げ出した。
僕の中では中田なしで世界一になっても意味がなかったから(中田信者です)
勝山さんの様な勤勉さがあれば、また一年目からやり直したのかもしれないっす。

投稿: テツ | 2013年9月 2日 (月曜日) 23時22分

最近また厚生労働省の若者チャレンジやら
公務員採用やら活気付いてますなぁ。
我々団塊ジュニア世代はもう40前後、
ましてやこの少子化、就職難のご時世
就職支援業支援以外に
どこにそんなものの合理性があるんですかねぇ。
いい会社に就職しなくても生きていけることこそ
本当に求められていることなのに。
残念ながら名人の領域に達する以前の段階
でつまずいている人がほとんどだと思います。
解脱していないんです。
苦しみの輪廻の中で日本のお札の輪転機のように
ぐるぐる回っているように見えます。
 そうすればみんなが幸せになるのだと。

投稿: 198 | 2013年9月 3日 (火曜日) 10時01分

ゲームソフトそのものに触れたのは当ブログでは最初でしょうか。
名人がプレイしている、あるいはプレイしたゲームにとても興味があるので、これからも機会がありましたらよろしくお願いします。

投稿: サンナン | 2013年9月 4日 (水曜日) 11時31分

ファミコンの画面を見ていると
癒されますよね。面クリアボーナスが
ちくわというのも、とてもいい。

中田はゲームの中では、金クレ君なんですよね。
留学させたり、ベンチで干して
年棒さげないといけませんのう。

ひきこもり黄金世代はもう若者じゃない。
年齢的には、働いていないのに
働き盛りの年齢になってしまいましたよ。ほほほ。

またお薦め中古ゲームレビューを
書いてみたいと思います。どんなにゲームやっても
大丈夫。廃人になるくらいで丁度いい。

投稿: 勝山実 | 2013年9月 6日 (金曜日) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/58102202

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム三昧:

« チビタケナガシンクイムシ | トップページ | 第9回フリ・フリ・フリマ »