« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月24日 (水曜日)

暗黒ポエム

 エアコンを取り付けるにあたって、業者の人が自分の部屋に入ってくる。このままじゃまずいと、部屋を掃除して、きれいにしました。それにしても紙が多い。チラシ、新聞の切り抜き、コピー用紙とか、とにかく紙だらけなのです。

 その紙の山から、暗黒時代に書いたポエムを発掘しました。ポエム、小説、ラジオと一人部屋にこもって、俺作家俺読者方式で、表現活動をしていた頃の作品です。タイトルは、「ゴーイン・傷だらけライフ」。すべての大学に落ちた浪人生の威嚇でしょうか、「オレはオレのままでいい!」となぐり書きしてあります。やぶって捨てようと思いましたが、自分への戒めとして、保存しておくことにしましたよ。

 「ゴーイン・傷だらけライフ」から「安心ひきこもりライフ」に熟成するまでには、この後20年の月日が必要だったのです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木曜日)

投票はもう始まっている、期限前投票に行ってきた

 投票日は1日では足りない、フジロックみたいに3日間はやるべき。金土日の三日間。参議院選挙フェスティバルと、学校も休みにして、三日間オールナイトで投票できるようにするべきです。

 選挙に行こう、とCMで呼びかけても効果がないのは、はっきりしたでしょ。でももし、投票日が3日あったなら、「俺今日投票行ったよ」「そうなんだじゃあ俺は明日いこー」という会話も成り立つ。

 これが1日だけだと、「俺、投票行ったよ」「ああ、今日投票日だったんだ」でお終いでしょ。これではいかんのです。

 現在の制度では、期日前投票&不在者投票も快適なので、どこにいれるか決まっている人はもう投票日なんて無視して、今日にでも投票するべきです。郵便で送られてきた用紙を持って、期日前投票所に行けば、簡単に投票できます。

 さらに不在者投票は、地元にいない、例えば旅行先の滞在しているというような場合でも投票できるシステム。選挙人名簿に登録されている区(ようは自分の住んでいるところ)の選挙管理委員会に、投票用紙を請求すれば、投票に必要な用紙が送られてきます。 横浜市の場合→http://www.city.yokohama.lg.jp/senkyo/huzai/igai.html  

 ちょっと面倒だけど手続きすれば、日本全国どこにいても、投票できます。話しのネタになるし、いま本来の住所と違うところに住んでいる人は、申し込みをして、投票しよう。こういうのは、せっかくだから体験しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火曜日)

エアコン負け犬生活

 41歳にしてエアコンを部屋に取り付けてしまいました。2日ほどエアコンのきいた、部屋で寝たのですが、肌寒いくらいで、気持ちが落ち着きません。働いていない上に、エコでもないと考えると、もう俺もお終いだなあと、あまり使いたくない気持ちになります。

 8月の猛暑の日だけ使おうと考えてましたが、まだ7月なのにむんむんと亜熱帯のような暑さじゃないですか。困ったな、どうしようかなと身悶えしつつも、ここ2日間は使ってません。部屋にいる時はパンツいっちょです。ひきこもり裸族です。本当はパンツすら、はくのもやめたいですが、家族が心配しますから、パンツは履きます。

 7月になって一気に暑くなったから、体が慣れずぐったりです、まあ暑くなくても特に何もしないのですが。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水曜日)

調子にのる次男坊

 甥っ子次男坊(6歳)がすぐ、人をぶったり蹴ったりするのです。「とうっ! とうっ!」と調子にのって繰り出すキック。勝山おじさんも蹴られております。やめろと言ってもやめてくれません。しかし怒らないのが勝山おじさんですし、蹴っちゃだめだなんて、何のひねりもなくて面白くもない説教などしたくもありません。

 身をよじって、蹴りをかわしつつ、6歳小学生相手に格闘します。そして何度か蹴られたあと、「うわぁ、痛てえよー」と言ってうずくまってしまいました。私がではなく、次男坊がです。ガリガリおじさんの骨が硬かったのでしょう、甥っ子次男坊の足が痛くなったのです。

 恨めしそうな顔で私を見るのですが、「お前さんがかってに蹴ったんじゃないか」と言うと、はっと気づいたようで、自分の蒔いた種と諦めたようです。随分と痛がっていました。調子に乗った次男坊が蹴りを連発しているのを見て、心配した長男坊10歳が、「母さんに言ってあげようか」とおじさんに言うのです。

 すると、それだけはやめてくれと次男坊が兄ちゃんに涙目で訴えるのです。母さんにだけは言わないでくれと。どうやら、人をぶったり蹴ったりすると、母さんにすごく怒られるようです。気の毒なほどの怖がりようでした。

 ちなみに次男坊がパンチやキックをする相手は決まっていて、それは兄ちゃんとおじさんの二人だけ。だから別にいいんじゃないの、と私は思っておるのですが、どうなんですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 新潟 2013/07/07 (日)

■【講演会】安心ひきこもりライフ 7/7 終了

会 場 直江津学びの交流館 1階イベントホール (上越市中央1-3-18)
時 間 13:30~
参 上 勝山実(名人)、伊藤書佳
参加費 1000円(一般) ※払えない方は、申し出ください
定 員 70(?)名
主 催 居場所じゃがいも じゃがいも親の会
連絡先 チラシを参照してください。
 

 ばーん、七夕、新潟、春日山城、上杉謙信。告知が遅くなってしまいましたが、16県目、新潟に行きます。謙信の難攻不落の城、山のてっぺんにある、広大な城、春日山城。でも本当に難攻不落だったかは分からんのです、なぜなら謙信は防衛戦というのをしたことがないから。

 新潟は遠い、ましてや電車も車ない戦国時代なら、なおさら遠いのですが、謙信は軍を引き連れて何度も関東にやってきています。そして勝って、帰る、というのを繰り返しています。神奈川県の小田原城にまで攻めてきていますから、国境なき武士団として、戦国時代全国を徘徊しておったわけです。

 小田原城にひきこもる北条氏相手に、押せ押せ脱ひきこもりを迫ったのですが、気が乗らなくなったのか途中で帰ってしまいました。謙信は弱い人に頼まれると、軍をひきつれて助けに行く。あと朝廷が大好物で、朝廷に頼まれるとどこにでも行く、貢物もするといった具合です。あと信玄と川中島で戦うのも、謙信にとってご馳走でした。

 春日山にひきこもる。そんな気持ちで講演会やりますので、新潟の近くにお住まいの方、ぜひお越しください。上杉謙信の話を6時間話したあと、30分くらいひきこもりの話をしたいと思います。 

かわいいチラシ

これからの、ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー
07/07 春日山_新潟
10/27 品川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »