« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月29日 (土曜日)

love 寂聴 第8号完成、と思いきや、ああローマ字が間違っている

Sbsh0123

 ばーん、一年ぶりの発行となる「love 寂聴 第8号」は安倍晋三特集として、一枚のチラシにしました。これを明日の「それでも自民に入れちゃうの?デモ!!」撒いてやろうと思います。

 しかしです、だてに中卒じゃないなという、小卒級のうっかりミスで、ShinzouとすべきところをSinzoにしてしまいました。ローマ字ミスです。ローマ字が間違っていては、チラシの面白さも半減する。でももう200枚(!!)も刷っちゃった、どうしようかと考えたすえ、パソコン&プリンターで自作した「ノーモアシンゾー」とシールを貼ってごまかすことにしました。どうよ。

 たった一人の孤独な安倍晋三落選運動。ぜひ一家に一枚、チラシをお持ち帰りください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金曜日)

ブログは何分で書く?

 ブログなんて15分くらいでちゃっちゃっと書いて、すっとアップするべきですよ。ひきこもりの中に住んでいる文豪君が、何度も推敲して、少しでも面白いものを書きなさいと私に命じてくるのですが、そのせいで結局、なんか今は忙しいし、なんか眠いし、面倒だなーという感じで、結局更新が遅れるという悪循環になる。

 ブログなんて10分くらいでちゃっちゃっと書いて、ぽーんとアップするべきですよ。誤字脱字があったっていいじゃない。何日も更新されず、ブログの最初のところに、変な広告が表示されるくらいなら、少々書き散らしたものでも、ぽーんとアップすればいいのです。

 まあ、これで10分くらいたったかな。今日はこれくらいにしておきます。毎日これくらいにします。ブログって、そんな気合をいれて書くものじゃないんじゃない、と今日ひらめいたのです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2013年6月21日 (金曜日)

何もしないでいると心ばかりが焦って

何もしないでいると、心ばかりが焦って、なんかこんなもの↓を作って、自分を鼓舞したい気分になります。

 脱ひきこもりへのカウントダウン、自分に喝!! に見せかけた、実はひきこもり一年延長計画の発表なのです。やばいですよ、こんな必然性のない締め切りを作って、自分を奮い立たせてているようになっては。手の込んだ現実逃避をして、自分をごまかすようになったら黄色信号。高校をやめたあと、浪人時代、毎日目標をつくったり、生活スケジュール表とか、いろいろ「計画」ばっかり作っていました。

 明日は久しぶりに晴れるようなので、たまった洗濯物を片付けようと思ひます。脱ひきこもりなんてしなくていいのです、洗濯して、干して、たたんで、それで充分ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木曜日)

再告知 6/15(土)に千葉県松戸市五香市民センターに行くよう

 梅雨休みだとのんびりしていたら、松戸市五香市民センターでやる座談会がもう今週になっていました。詳細は前に書いたここを参考にしてください。→http://goo.gl/kMXaU  しゃるうぃー。和室でまったり講演&座談会です。遅刻、早退、ばっくれ自由。出たり入ったりも、多動オッケイですよ。天気予報は曇り。地図も貼り付けておきますので、よかったらぜひお越しください。

 

大きな地図で見る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水曜日)

ノーモア・シンゾー

安倍晋三の真の姿

 ノーモア・シンゾー。安倍晋三、お腹が痛いという、正露丸糖衣Aを飲めば解決するようなささいなことを理由に、日本のトップを辞めた男です。辞職の時のニュースの顔を見れば分かるとおり、完全なノイローゼで、私はたいそう親近感を持ちました。その後、自宅療養という名のひきこもり生活に入り、我々の仲間入り。ニートライフを満喫し、心身ともに完全なニートになったと聞いております。

 俺たちのシンゾー、残りの人生を作業所かフリースペースで過ごすはずのシンゾーが、どういうわけか、また総理大臣をしているじゃないですか。子供を甘やかすのはよくないとか言っておきながら、なぜこの男ばかり甘やかすのですか。

 生まれてから一度も受験をしたことのない男、競争したことのない男、シンゾー。成蹊小→成蹊中→成蹊高→成蹊大学とお金の力で進学した。学校をエレベーター式に進学していくのがシンゾー。自分の力で何かしようという意志を一切もたない生き物なのです。

 成蹊スクール卒業後は、留学に失敗(南カリフォルニア大学中退)、そののち親のコネで神戸製鋼に入社するも3年で辞職。でも、祖父が岸信介、大叔父が佐藤栄作、父が安倍晋太郎という政治一家、金も権力もあるりますから、「パパぼく働かないよ、秘書になる」の一言で解決。以後秘書として生きていきます。

 しかし父親が急死したため、金と権力と地盤を引き継ぎ、流されるまま政治家になります。小泉内閣の時に幹事長に抜擢されたことから、流されるままに出世していき、ポスト小泉としてひょっこり誕生したのが、安倍晋三内閣なのです。そんな安倍内閣も、腹痛という信じられない理由で総辞職してしまいました。政治家生命の終わり……とだれもが思ったのに、

晋三と戦車

 ばーん、戦車に乗って再登場。意気揚々と、第二回総理大臣ライフを満喫中です。シビリアン・コントロールする側の人間が、戦車に乗るのはまずいだろう、調子に乗ったシンゾーをなぜ止められないのか。あげくの果て国会で、
 
「自分の力で可能性つかんで」 首相、ニートに呼びかけ
「『頑張って自分の足で立っていこう』と思ってほしい。若い皆さんは、思っている以上の可能性が満ちあふれている。どうか自分の力でその可能性をつかみ取ってほしい」

 と呼びかける始末です。祖父や大叔父にぶら下がり、父に寄りかかって生きてきた男シンゾー、よくぞ言ったぞ。偉いぞ、掛け軸にしたいくらいの名セリフです。このセリフを、あの辞職ニュースの写真の、お腹が痛くて、総理大臣を辞めた、あいつにそっくりそのまま投げかけたい。

 なぜこんなに調子にのったシンゾーをゆるすのか、どうしてシンゾーだけゆるされるのか。ノーモア・シンゾーの声をあげましょうぞ。晋三とヤンマー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土曜日)

毎年恒例の梅雨休み

 和歌山から帰って来くると新品のキャッチャーミットを持った甥っ子長男坊が待ち構えていました。へいへーい、と掛け声に導かれるまま公園に、そこでピッチング練習です。甥っ子としてはキャッチャー阿部慎之助の役がやりたいわけです。だからおじさんは、キャッチャーが構えたところにきちんと投げなければいけない。でも、ひきこもりおじさん、疲れもあってコントロールが悪い。

 和歌山から帰って来てからは、おじさんとも、おじとも、呼ばれなくなりました。なぜかずっと「レタス」です。甥っ子が構えたところを狙って、レタスが投げる、次男坊主審の「ボール!」の判定。ストライク3球でワンナウト、これを三回繰り返して1回が終了、これを9回までやります。

 和歌山で小屋作り、そのあと早期介入の問題を考える会のパネリストとして参加、その次の日はあかねのイベントを見に行ったりと、ぎっちりスケジュールが詰まっていました。今日からゆっくり出来ると考えいたところに、やる気満々の新人キャッチャーが連日遊びに来るという、スパルタ特訓です。

 投げ込みが終わると、セカンド送球の練習。甥っ子長男坊にもパイナップルのあだ名がつき、さらに甥っ子次男坊も自分にキャベツというあだ名をつけ、以後一切名前で相手を呼ぶことを禁止されます。

 キャベツが投げ、パイナップルがセカンドに送球、レタスが捕ってランナーにタッチ合うとといった空想盗塁阻止の練習をします。エラーすれば、「へーい、レタス! ちゃんと捕れ」とキビシイやじも飛んできます。こんなことをみっちり2時間もやっていると、ふらふらです。

 もう休もう。一日中寝ていたい、だるいだるい病になった勝山おじさんは家で寝てばかりという生活を5日ほど送っていました。例年より早めの梅雨休み入りです。ようやく今日になって、体の底にたまっていた疲れが抜けたような気がしてきました。疲れたら寝る、一日中パジャマで寝る、これでだるさも解決ですよ。梅雨ですから皆さんも、ブログの更新もほどほどにして、家でゆっくり休もうじゃないですか。むんむん。阿部慎之助

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »