« 釘を抜かないとブログが書けません | トップページ | ひきこもり村にモデルルーム小屋を作るよ »

2013年4月29日 (月曜日)

名人から病人へ〜ひきこもり廃人ライフ〜 和歌山一週間の旅(5)

 和歌山での楽しい思い出ばかりをブログに書いてきましたが、実はね、そうでない時もあったんですよ。ここでそっと告白しておきましょう。

 テレビの密着取材を受けていてね、ひきこもり名人の生活がどういうものなのかという、ひきこもり密着企画ですよ。でも、ひきこもりですから何もしない、どうしたものか、これじゃ番組にならねえよ、というタイミングでの和歌山旅行に行くことになりました。田舎暮らしにチャレンジするひきこもり、ほうほう、これは絵になるぞと、取材陣3名も私に付いて、和歌山にまでやって来たのです。

 しかし、これがきつかった。一人になる時間がたくさんあるのが本来のひきこもり生活、でも和歌山ではそれが叶わない。朝起きたところから、寝るまで、ずっとカメラに撮られているのです。しかも寝るところもまで一緒、雑魚寝です。貧乏臭い、ひきこもり版情熱大陸がずっと続いたのです。

 するとどうでしょう。ひきこもり名人と称している男が、どんどんと生気を失っていくじゃないですか。自分の殻に閉じこもれず、常に他人の目に晒されていることによる、取材ノイローゼです。目は光を失い、顔は土色、常にぽんぽんが痛く、食事は梅干しのみという、生活になってしまいました。

 暗黒高校を中退したあの頃と、まったく同じ症状でございます。テレビの取材をやめたい、ギブアップして横浜に帰りたい、でも急にそんなこと出来るはずがない、どうしたらいいんだ。そんな葛藤がますます私をゾンビ化させていくのです。名人から病人、そして廃人へ。かつちゃんはどうなるのか? また倒れたままになってしまうのか?

 この模様は、5月に、夕方フジテレビのニュース番組の特集コーナーで流れる予定なので、ぜひ見てくださいね。ドキュメント「生き恥」、そんな内容になりそうです。番組を見た感想はひとつ、武士の情けをお願いしますね。ニュース番組

|

« 釘を抜かないとブログが書けません | トップページ | ひきこもり村にモデルルーム小屋を作るよ »

コメント

大変お疲れさまです

ぜひ観たいので、もし放送日とか詳しく分かりましたら、またツイートお願いしますtv

投稿: 鬱男 | 2013年4月29日 (月曜日) 07時41分

音楽は、葉加瀬太郎ですよね。まさかの暗黒時代突入!!
無事、ご帰還ください。フォースと共にあれ!

投稿: しお | 2013年4月30日 (火曜日) 23時07分

久々にコメントできるようになりました(感涙)
ドキュメントが放送されない地域とかもありますか?

投稿: 縄梨 | 2013年5月 1日 (水曜日) 11時23分

病んでいるからひきこもるのか、ひきこもったから病んだのか、今ある状態としては同じでもその経緯がどうであったことにするのかはひきこもりが存在していけるかどうかにとって重要な問題だと思います。病んでいる人をひきこもりと称した時期が日本にかつてあった。と日本の成熟のための苦悩を象徴する事例として、あるいは青春の思い出として、懐かしく語られる日が来るかもしれません。全共闘のように・・・。

投稿: 23 | 2013年5月 1日 (水曜日) 12時08分

5月の第2週か3週の放送になりそうです。
分かったらツイッターでお知らせします。

まいうー。日本を代表する弱者、
心が弱いのです。

特集の時間帯に、地方ニュースを流すんじゃないかと。
だとすると、放送されない地域もありそう。

ひきこもりによるストレスから、
ひきこもりノイローゼに至るのですよ。

投稿: 勝山実 | 2013年5月 3日 (金曜日) 00時10分

5/2から5/5まで共育学舎に滞在していました。
勝山さんを取材していたという記者の方が話をして、「勝山さん自身がカメラで撮れず、本社で問題になってた」とか…
その記者は、三枝さんを取材していましたよ。

滞在中、草刈と田植えをしました!!
ただ宿泊者が約30人と人がいっぱいで、やりにくくかったぁ。

ちなみに、5/1の熊野新聞に五人の対談記事が掲載!?

投稿: 迷人 | 2013年5月 8日 (水曜日) 14時17分

田植えご苦労様です。
取材ノイローゼで私の取材はギブアップして、
三枝さんにバトンタッチしてもらったんですよ。

投稿: 勝山実 | 2013年5月10日 (金曜日) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/57268263

この記事へのトラックバック一覧です: 名人から病人へ〜ひきこもり廃人ライフ〜 和歌山一週間の旅(5):

« 釘を抜かないとブログが書けません | トップページ | ひきこもり村にモデルルーム小屋を作るよ »