« マッスルデー | トップページ | ひきこもりは病気か、病気じゃないのか »

2012年12月 7日 (金曜日)

もし、ひきこもり村というものを作るとしたら、それは和歌山県になるだろう〈その5〉

 もう、そろそろ和歌山の話もやめますぞ。家が月5000円で借りられる、田んぼもタダで借りられるとなると、もうひきこもりとかニートの問題のほとんどが解決したような気がした。山暮らしの大変さはあるだろうけれど、人が生きるのに必要な、キレイな空気も水も土もない都会よりは、ずっと生き延びる可能性がある。

 ひきこもりが生き延びるシステムを考える都会の賢者になるな、紀州の山の中で暮らす凡夫であれ。ガンジーがインドの村で、糸車を回していた意味がやっと分かった。お金に依存しない、お金で買うよりも、出来うる限り自分たちで作るか、人の情けにすがる。物を貰う、頂くって大切なことだよ。「分けていただく、分けてあげる」、これがひきこもり村の憲法です。

 共育学舎に生きのいい、ちびっ子がいました。3歳児の玄ちゃんです。子供の扱いは、甥っ子先生に鍛えられているので、自信があったのですが、玄ちゃんにちょっかいを出して様子をみるも、なついてはもらえませんでした。怖がって逃げまわるばかりなのです。大変ノリのいい、エネルギーあふれるちびっ子でしたぞ。

 小さな体に無限のエネルギー、ちょっと働くとすぐ疲れてしまう勝山おじさんとは正反対です。走りまわって、話しまくって、ちっとも疲れない。自分もかつてはこうだったのかと思うと、なぜこんなくたびれた大人になってしまったのかと、考えてしまいます。

 元気を抑えこんではいけない。公共の場で、子供は騒ぐべきです。電車やバスの中で、子供が静かにしているのは無理がある。歌ったり、話したり、泣いたり、自由にさせる。子供だけじゃなく、大人も自由に、せめて話くらいはするべきだ。静かにしろ、黙るか、寝てろ、そんなことを言う人間はおかしい。

 人が静かにしたところで、電車自体がうるさいでしょ。ガタゴトうるさいし、発車ベル、駅員の駆け込み乗車はやめろというあの声、京急なんか発車する度にシンセサイザーを弾く。電車って騒音の塊なんだ。あそこで行儀よくするのは無駄、友達と話す、子供は泣く、どんどんやろう。うるさいところで、静かにする理由が分からないし、そんな必要もない。乗り物を楽しいものにするためにも、どんどん会話をするべきだ。それが嫌な人は、ウォークマンで好きな音楽を聴いて存分に楽しめばいい。みんなが幸せになる。

|

« マッスルデー | トップページ | ひきこもりは病気か、病気じゃないのか »

コメント

でも・・・。
スカパー見たいよ~。

TOKYOUが良いよ~。
理由はないけど。

廃人&病人の私は
やっぱり、
いまいち吹っ切れないですよ~。
都会の賢者が最低限とか考えちゃいます。

投稿: お墓がない! | 2012年12月 7日 (金曜日) 00時50分

子どもに人見知りする私には、初めて訪れるとは思えない勝山さんの玄ちゃんへの接し方がまぶしかった。と同時に自分なりに肩肘張らずに子どもと相対したらいいのだとも思えてきました。

投稿: bonyoz | 2012年12月 8日 (土曜日) 06時43分

甥っ子を数えきれないくらい泣かしてきました。
子供から教えを学ぶ姿勢でせっしております。

投稿: 勝山実 | 2012年12月11日 (火曜日) 22時08分

和歌山は良いところですね。
行くところがなくなったら行こうかな…。

おとなしく静かにしてなきゃいけないことを押し付ける所が 学校というところですね。
奴隷力をやしなう奴隷小屋ですよね。
生徒は人間らしさを売って単位を買うってことでしょう。
そして社会の歯車=奴隷になる…と。
なぜ奴隷になることが正しいと教えなければならないのか。そんな教育は間違ってる。

投稿: たむら | 2012年12月13日 (木曜日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/56266373

この記事へのトラックバック一覧です: もし、ひきこもり村というものを作るとしたら、それは和歌山県になるだろう〈その5〉:

« マッスルデー | トップページ | ひきこもりは病気か、病気じゃないのか »