« もし、ひきこもり村というものを作るとしたら、それは和歌山県になるだろう〈その1〉 | トップページ | ララ・ロカレ 見せてもらおうか和山県の就労支援の実力とやらを もし、ひきこり村…〈その3〉 »

2012年11月30日 (金曜日)

もし、ひきこもり村というものを作るとしたら、それは和歌山県になるだろう〈その2〉

 和歌山県というのは、ひきこもり支援を最初に始めた県なんだって。だからひきこもり支援の最先端なのかというと、そうではない気がする。土地がいい。土地の形に面白さがあって、海と山しかない。関東人がイメージする海と山の間にあるはずの、平野というものがほとんど存在しない。海の次は、すぐ山。自然が多く、きれいな空気と水と土という、人間が生きていくのに必要なものが揃っている。さらに山の中の中の中に行くと、一軒家の家賃が月5000円になる。

 家賃が5000円ですよ、奥さん。高い家賃、住宅ローンを払っている人はそのことを恥じるべきだ。山の中だが、移動のために軽自動車かバイクを持っていれば生活できる、けして人を寄せ付けない秘境というわけではない。自然と生きる選択肢が会社に就職だけではなくなる。安い家で、3年寝太郎生活もできないわけじゃない。

 さて、phaさんでお馴染みの共育学舎の話の続き。共育学舎の廊下ガラスにはphaさんのサインが書いてあります。そして、その左隣には、ちきりんさんのサインがしてある。ちきりんさんは、有名なブロガーで、著書もどーんと本屋平積みになっている人です。共育学舎に取材でやってきたそうです。素顔を見せないちきりんさんは、どんな人だったのか、ゴシップ大好き、ひきこもり写写丸として、共育学舎の人たちに聞いたところ、こうだったと↓

ちきりん
 
 生ちきりんは、プロフィール画像のイメージ通りの人と、皆の意見が一致していました。イラストと本人に、ブレがないというのはすごいよね。

 じゃあ、phaさんはどうなの、「だるい」って言ってた? と俗世間の垢にまみれた質問をしてみました。phaさんは、「だるい」とは言ってなかった。ヒゲは生えていた。穏やかな感じの人だった、とのことです。やさしくて、穏やかで、だるくないpha。みんながイメージするphaさんらしい唯一の行動は、ユーストリームで動画配信をしていたことだけだった。

 ほうほうほう、南紀州の山の中で、有名ブロガーに関するワイドショーを堪能しました。いや、堪能してたのは私だけだな。写写丸根性丸出しで、お恥ずかしい。廊下のガラスに書いてあった、ちきりんさん、phaさんに続いて、私もサインを書きました。私だけ知名度が低く、釣り合わないのですが、恥をしのんでサインしてきました。違う部品が混じっている方が、ネタになると思ってね。ニートとひきこもりが、廃校になった木造校舎の廊下で、バーチャルな邂逅、その証です。『ニートの歩き方』と『安心ひきこもりライフ』の二冊が、共育学舎には置いてある。

 あとは、共育学舎に住んでいた人が、市議会議員になったそうです。その時うぐいす嬢をやったという、女の子もいました。ネットで調べたけど、たぶんこの人→並河哲次 。すごいでしょ。こうなってくると、ちょっとした梁山泊ですよ。

 それに比べて国のやっている、ひきこもりの若者サポートステーションだとか、ひきこもりサポーター、レイブルだの若者自立塾だの、あれは何なんだろうか。いい場所に、いい建物は借りて、高いカネを取る、宣伝ばかりするくせに人は集まらない。関心を持ってもらえない、関係する価値もない支援施設が、人間関係(コミュニケーションスキル)を教えて就職させようというのだから、無理がある、冗談みたいなことを真顔でやっている。長くなりすぎたので続く。

|

« もし、ひきこもり村というものを作るとしたら、それは和歌山県になるだろう〈その1〉 | トップページ | ララ・ロカレ 見せてもらおうか和山県の就労支援の実力とやらを もし、ひきこり村…〈その3〉 »

コメント

ギークハウス提唱者は、だるいのを必死になってこらえている模様、
だるさをネットショップサーヴィスで50円で売っていましたから
(今はどうなってるか知らない)

投稿: てきとう@ | 2012年11月30日 (金曜日) 22時11分

 名人が和歌山から得たインスピレーションは、このブログを読む多くのひきこもりに希望を与えたと思います。行政が行う支援事業でもNPOが行う思想ビジネスモデルでもなく、肉体的に精神的に奴隷にならなくても本当に我々が生きることのできる世界が存在する可能性があると。その暖かく美しいメロディーがわたしの頬をなでて通り過ぎていきました。

投稿: 345 | 2012年11月30日 (金曜日) 23時44分

和歌山県のNPOのご紹介ありがとうございます!

「ひきこもり」を通してこれからの日本社会において益々重要性を増すと思われる「貧困」問題にも真摯に言及する勝山さんの講演は、幅広い層に聞いて貰う価値のあるものだと今回ツアーに同行して改めて思いました。大丈夫、これからの伸びしろは無限大ですよ~

投稿: bonyoz | 2012年12月 1日 (土曜日) 09時44分

だるさを売っている? 何を売っていたのだろう。

可能性はありありですよ。すでにやっている人がいる。
飛行機で70分のところで、もうやっているのですから、心強いです。

全てのひきこもりは貧困ですから、つながりまくりですよ。
またお逢いしましょう。

投稿: 勝山実 | 2012年12月 2日 (日曜日) 12時39分

50円払うと念力でだるさを送るとか書いてたのです、もうそのサイトを閉じたようですが

投稿: てきとう@ | 2012年12月 2日 (日曜日) 22時34分

すみません、検索したらみつかりましたね
thebase pha で検索したらわかりますよ

投稿: てきとう@ | 2012年12月 4日 (火曜日) 05時38分

TVで見ました!。
興味があります。
ただ、和歌山県は遠いです。

投稿: SUPER☆STAR | 2013年5月21日 (火曜日) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/56223576

この記事へのトラックバック一覧です: もし、ひきこもり村というものを作るとしたら、それは和歌山県になるだろう〈その2〉:

« もし、ひきこもり村というものを作るとしたら、それは和歌山県になるだろう〈その1〉 | トップページ | ララ・ロカレ 見せてもらおうか和山県の就労支援の実力とやらを もし、ひきこり村…〈その3〉 »