« お金にならない仕事 | トップページ | 明日やろうと思って、今日やらなかったことが、怖ろしいほど溜まってきた »

2012年10月22日 (月曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 茨城県土浦 2012/11/06(火)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 茨城県土浦 2012/11/06(火)

■ひきこもり家族教室「ひきこもり名人の安心ひきこもりライフ!」

会 場 茨城県土浦保健所 2階 大会議室
    (土浦市下高津2-7-46)
時 間 14:00~16:30(受付13:30~)
参 上 勝山実(名人)、伊藤書佳さん
参加費 無料
定 員 70人
主 催 茨城県土浦保健所&ひきこもり親の会「スマイルアップ元気会」
連絡先 茨城県土浦保健所 保健指導課 029-821-5516

「ひきこもり家族教室」のご案内(PDF形式 441KB)
↑11月2日(金)までに,電話又はFAXにて,下記までお申込みください。

 ばーん。13県目、初登場茨城県です。今回はひきこもり御本に様には敷居の高い、自前申し込み制になっています。PDFを参考に勇気を出して申し込んでみてください。FAXを送る時はどっちを表にしていいのか、いまだわからない私ですが、がんばってください。取り敢えず申し込んでおいて、行くか行かないかは、当日の体調で決めるというのが、ひきこもり流ですぞ。

 番外編をいれれば40回目の、巡礼です。安心ひきこもりライフ説法も、古典落語の域に達してきました。寂聴先生の法話のクオリティを目指して、日々精進しています、よろしくお願いします。

 と、告知だけではなんとも寂しいので、最近思うこと。精神科と肛門科とどっちがイメージがいいか。この前、精神科早期介入を考える会の会議にちょっと参加しました。子供の精神科受診が多い、学校に行かないから精神科、発達障害ほい精神科、子供が眠らないからほうれ睡眠薬といった軽いノリで精神科に行く人が多くなっている、いかがなものでしょうか、よくないんじゃないかという会議です。

 私が精神科に初めて行ったのは26歳の時、人格改造マニュアルに勇気づけられて、死ぬか、精神科に行くかくらいまで、追い詰められて行ったものです。それくらい精神病に対して偏見があったし、自分の頭は正常だと思いたかった。でも最近は、ちょっとおかしいと、それ行け、カウンセリング、メンタルクリニックというノリになっちょるという。本当にそうなのだろうか。

 どうよ。精神科から出てきたところでばったり知り合いに会うのと、肛門科から出てきたところでばったり知り合いに会うの、どっちがキツイ? どっちも嫌だけど、精神科は重たいでしょ、肛門科にはユーモアがあるじゃん。ちょっと肛門科で、ボラギノールしてきたって言えばすみそうじゃん。

 精神科は私が思っている以上に、イメージが良くなってきているらしい。どうすかね。

これからの、ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー

11/06 茨城県土浦
11/25 和歌山県
12/15 桜木町 ご10会
12/16 横浜 リロードフォーラム
12/17 早稲田大学
01/20 

終了した巡礼ツアー

|

« お金にならない仕事 | トップページ | 明日やろうと思って、今日やらなかったことが、怖ろしいほど溜まってきた »

コメント

精神科は、うつ病のおかげで、行きやすくなったんじゃないでしょうか。それに、うつ病コミックエッセイの影響で、病院はおかしくないと、広まったかもしれません。

私が行ったのは、「精神科」→「心療内科」です。
区別がわかりませんが。

最近は、新型うつみたいに、気軽に受けて診断書貰うという人が増えてますから、その影響かも。
病気認定されて安心したがっているんじゃないですかね。
「うちの子供は、キチ○イじゃないんだ。良かった」みたいに。

投稿: 大阪の非国民 | 2012年10月22日 (月曜日) 22時49分

>子供の精神科受診が多い
障害年金のことを考えると早い時期(二十歳前)に精神科に行くのがベターではないでしょうか?二十歳以上だと国民年金払いながらはキツイです。

ちなみに私は精神障害者手帳有りで、二十歳前発症で二度目の障害年金申請してます(一度目の申請は落ちました。国民年金払うのキツイです)。二か月で12万円じゃ親が死んだ後生きていけませんよー。

生活保護くらいのお金くれませんかね~。

働くのが良いのだろうが雇ってくれるところが無いです。只今、就職活動してて10社以上落ちてます。

障害者に鞭打って働けとは日本はヒドイ国です。

投稿: タカナカ | 2012年10月23日 (火曜日) 21時46分

私は肛門科にもお世話になったことがあります。複雑痔ろうです。泌尿器科にもお世話になりました。真性包茎です。切ってもらいました。鼻中隔湾曲症の手術もしました。どれも精神科と同じでもっとはやく行っておけばよかったと思いました。同時に私のDNAの質の悪さを思いこの世に残すべきでないと固く決意したものです。薬目当てや、なんでもないのに気軽に精神科を受診する人達のために、実際日常生活に支障が出ている私達がそれをいくら訴えても袖にされているのだとしたら、いかがなものかという啓蒙はおおいに必要だと思います。安心ひきこもりライフと共にひきこもり暗黒時代というものも理解していただきたいものです。

投稿: 79 | 2012年10月24日 (水曜日) 21時01分

ツレがうつになりましての功績ですかね。
精神科と心療内科はだいたいおなじじゃないでしょうか。
神経内科はちょっと違うはず。

20歳前に、精神科にいっておけば、
障害年金で有利です。でも小学生とかが
行く必要があるのかなというところでしょうか。

精神科と肛門科の両方を制覇したなら
もう怖いものなしですな。

投稿: 勝山実 | 2012年10月24日 (水曜日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/55949916

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 茨城県土浦 2012/11/06(火):

« お金にならない仕事 | トップページ | 明日やろうと思って、今日やらなかったことが、怖ろしいほど溜まってきた »