« 今回のバッドマンはひきこもり | トップページ | ぽろん祭り »

2012年8月14日 (火曜日)

いじめはダメだ

 大津のいじめ事件、加害者の無反省ぶりは、ネットのおかげで逐一知ることが出来る。さらに付け加えての、小山田問題ですよ。

 いじめ=小山田、という図式が私の心中では出来上がっている、知らない人はこのサイトを見てよ。 →小山田圭吾における人間の研究、読むと一週間くらい、やるせない気分になるから注意。

 いじめる側は反省していないどころか、いじめの自覚すらおぼろげで、軽い笑い話になっている。小山田が特にすごいところは、いじめた体験を活字にして、雑誌に載せているところです。自宅とか、居酒屋で友達相手に語っているのではなく、ノンフィクションとして何万部と刷られて、後まで残る雑誌に掲載しているのです。

 フィクション(虚構、つくり話)なら、誰でも出来ますよ。小説、映画でも、最後のテロップに「この作品はフィクションです。実際の人物、団体、事件とかは一切関係ありません」と逃げ口上を入れておけば、ゆるされるじゃないですか。

 ロッキング・オン、クイックジャパンと2回にわたって、いじめた経験を語って、活字に証拠として残す小山田。だからこそ、このインタビューは貴重で、教科書に載せたいくらいだ。これ読んだら、いじめやめるよ。自分がしていることがどんなひどいことかが分かるから。

 小山田がひとりが特別な悪い人間というなら救いがあるのですが、世の中こんな人ばっかり。さらに自分の心の中にもプチ小山田が住んでいるというのに気づき、3日間寝込みました。

 小山田が通っていたのは私立の中高一貫校だったから、卒業でリセットされるということがない。いじめが中高一貫で徐々にエスカレートしていき、純粋培養され猟奇的になっていく。小山田問題が解決しない限り、学校には行くべきでない。

 それでもやっぱり、学校に行くでしょ。ひきこもり経由でホームレスなると信じているから、いじめ殺される危険があっても学校に行ったほうがマシだと、本人も親も思うのです。将来の不安や世間体に負けて、いじめられに学校に通う。

 ひきこもっていれば、甘え、逃げ、怠け、税金払え、と意地の悪い世間を相手にしていかなくてはいけない。生きるのは苦であるという、ブッダの教えのとおりです。どちらも苦しい、どちらも不安です。でも私は徹頭徹尾ひきこもりライフのほうをお薦めしますぞ。

|

« 今回のバッドマンはひきこもり | トップページ | ぽろん祭り »

コメント

今回の小山田の件は本当に衝撃でした。
恥じるどころか、いじめを武勇伝のように語る小山田。
小山田は一度、この件について今現在どう考えてるのか、
声明ぐらいは出してもらいたいです。

投稿: じゆう | 2012年8月15日 (水曜日) 15時12分

彼は発達障害ですよ。
痛みとは人に教えられて、知るものではないです。
甥や姪をみていると、備わって生まれてくるものだとよくわかります。
後は親の育て方による影響も。
人道を反した事をやりました~と言っていますが
明らかに知識として、こういう事はいけない事なんだよね?としての外枠の理解。
心で感じ理解する事ができない、情緒面の欠如です。ゾッとします。
彼の作る音楽にもよく表れています。
音の構築にはセンスがあるけど、心は揺さぶられない。
逆に情緒が欠如しているから、構築が突出しているのか。ライターの態度もどうなんだ?
いじめられる子の孤独を思うと胸が潰れます。

投稿: フタツキ | 2012年8月15日 (水曜日) 22時50分

難しい話題ですね。
いじめる側は全く想像力が足りないし、このインタビューは教科書に載せた方が良いですね。そしていろいろと子供に考えさせると良いです。あと適当に話合わせるライターもひどいですが、ほとんどの人間はこんな感じの傍観者ですよね。

投稿: コーラス | 2012年8月16日 (木曜日) 09時37分

「自分の心の中にもプチ小山田が住んでいる」
私も過去の凶悪犯罪者に自分にも似たようなところがあると感じ憂鬱になることがあります。名人に同意です。
 逆に被害者に自分も似たような目にあったと感じることもあります。名人は被害者側の気持ちがわかるということはありますか?安心ひきこもりライフの普及が急務と思われます。

投稿: 84 | 2012年8月16日 (木曜日) 23時24分

今度、名人の会合で真剣に話し合ってみたいな(-゛-メ)

投稿: 飯田橋の主 | 2012年8月17日 (金曜日) 16時27分

小山田圭吾の話は、この世がいかにクソであるかを思い知らせてくれますね。

投稿: ホチキスマン | 2012年8月17日 (金曜日) 17時36分

小山田って人は、いじめをする人間の代表みたいで、参考にはなると思う。
こんな人は友達に持ちたくないですが。
いじめられてた人は、復讐位はしても良いと思う(ただし、当事者だけ)

私が小学生の時は、重度の知的障害者がいました。小学1年から4年まで一緒でした。
当時の心境は覚えていません。担任から世話係とかきめられていたので、「仕方ない」と思っていました。
もちろん、いじめはしてませんよ。そういうものだと受け入れていましたから。
障がい者にいじめってのは、最悪の部類に入ると思いますね。

投稿: 大阪の非国民 | 2012年8月18日 (土曜日) 23時57分

小山田こわいっすねえ、でもこのいじめを、
同級生のオザケンも見てたんだろうなー。

いじめられた人がこれを読んだらどう思うのか、
それが小山田には分からんのですよ。

誰の心にも小山田はいると思うのですが、
それを活字に残して何とも思わないのが他の人と違うところ。

小山田問題語りましょう。

依然として、何事もなかったかのように
小山田が活躍しているのがクソですのう。

障害者をいじめるという発想は
なかなかないですよね。ひどすぎるんだ。

投稿: 勝山実 | 2012年8月20日 (月曜日) 01時10分

和光の学校は制服ないし障害者も割りと受け入れて素晴らしい方針を掲げてるなと思いきや、実際はいじめ横行してたってorz
理想と現実のズレを感じます。
小沢クンは相棒といじめ大国日本に嫌気さしてアメリカに移住したの?と考えこみました。

投稿: 29 | 2012年8月20日 (月曜日) 14時48分

小山田にいじめられていた方は知的な障害のある方だそうですが、それ以前にこいつ自身の障害を疑います。
定義が非常に曖昧な発達障害が存在するのですから、「いじめ障害」というのがあってもよいはずだし、加害者に適用したいくらいです。
もちろん強制治療が必要になってくるでしょう。

投稿: 実務経験なし子 | 2012年8月20日 (月曜日) 21時22分

ほんっと大津のイジメ自殺といい、小山田といい世の中イジメやってた奴等全員同じ目に合わすべきですな。大津では青木悠君という障害者が何年か前にリンチで亡くなっています。少年法が改正される前の事件なので、加害者は二年程度少年院に送られただけで今もどこかでヌクヌク暮らしてると思うと虫酸が走ります。子供がイジメにあってると疑うなら迷わず学校なんか行かせるべきで無い!
ひきこもりでも生命が脅かされるよりマシでしょ?
世間体より我が子の命が大事。イジメられてるかもしれない子供を持つ親よ、学校なんて行かなくても死ぬよりマシ!断固不登校→ひきこもりで子供の命を守ろうじゃ無いか!

投稿: ひきこもりママン | 2012年8月20日 (月曜日) 21時43分

悪を単純とみることと、複雑とみること。
結局、両方ないと、悪循環する。

投稿: M | 2012年8月20日 (月曜日) 23時38分

小山田という人のリンク先の記事、読みました。

いじめっこなんて、どんなひどいことをしてもこんなもんなんでしょうか。良心の呵責というものを全く感じていない。
それとも、自分の行為を正当化する何かが自分の中にあるのか…

いじめられていた子がいじめるてもいいほどの存在だったのか。
いじめられていた子のことを人間と思っていなかったのか…。
小山田という人にそのへんのところを聞いてみたいものです…。

投稿: たむら | 2012年11月17日 (土曜日) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/55417849

この記事へのトラックバック一覧です: いじめはダメだ:

« 今回のバッドマンはひきこもり | トップページ | ぽろん祭り »