« 久しぶりにパソコン博士をしてきた【前編】 | トップページ | ベーシックインカムの支給額を1円から始めよう »

2012年4月14日 (土曜日)

久しぶりにパソコン博士をしてきた【後編】

 親が、パソコンとプリンターをつないでくれと言ったら、「うるせー、自分でやれ」と阿修羅ボイスで一蹴。しかし、温和なパソコン博士と信じて疑わない子羊に対しては、阿修羅になることができません。困っていると言われると、「自分に出来るかどうか分からないけど、ちょっと見てみましょう」と答えてしまうのです。

 毎年年末は、IT弱者を家庭訪問して、新品の年賀状ソフトを攻略するというのが、パソコン博士の義務でした。でも自分はたいしてパソコンに 詳しくないし、それにパソコンとプリントゴッコを同じようにしか使えない人の相手をするのはツライのです。去年の12月は家にひきこもって、作業所には行きませんでした。子羊たちがどうなったのか、それは聞かない約束です。

 そんな罪悪感もあって、罪ほろばしのためにも奉仕したい気分でした。パソコンとプリンターをつなぐなんて1分で完了するなと思って友人宅に行ってみると、なるほどこれは初心者泣かせだと察知しました。パソコンとプリンターを、ワイヤレスLANでつなぐという挑戦なのです。新品のまま動かない、ワイヤレスのルーターとワイヤレスプリンターが部屋に鎮座していました。「簡単に接続できます」という店員のススメに従い、喜び勇んで購入したと言う。それから二週間、友人は三回ほどトライアンドエラーを繰り返し、そして砕け散った。無線が相手ではしかたがない、さもありなん。

 USBケーブルかLANケーブルでつないじゃいないよ、それが言えたらどんなに楽でしょう。私を博士と信じて疑わない子羊に、そんなことは言えません。新品のワイヤレスルーターが泣いています。

 初心者が泣くポイントは、パソコンとルーターとプリンターが、バラバラのメーカーだからでしょう。子機でつなぐというのではなく、プリンター自体がワイヤレス通信に対応しているという、これはもう初心者殺しでしょ。じゃあお前さんは接続方法を知っいるのかと聞かれたら、そりゃあ知らないですよ。パソコンのすぐ近くにあるプリンターを、無線で接続しようっていう発想がないもん。パソコンの子羊たちは本当にいい周辺機器をもっている、そして彷徨っているのです。

 私もメーカーの人間でもなければ、電器店で働いているわけでもありません。パソコンもブログメインで使っているだけの人間です。ただ説明書をじっくり読み、 書かれている順番通りにやってみて、いろいろ試す、それしか出来ません。やってみると、有線の設定手順でやると、うまくいくということが判明しまし た。他社の製品と無線LANで接続する方法が、はっきり明記されてないのが、うまくいかなった原因です。二時間くらいかけて、ようやく完了。無事プリントアウト出来るようになりました。かつちゃんはやっぱりパソコン博士、その考えがまた強化されたような気がします。

ルーター

|

« 久しぶりにパソコン博士をしてきた【前編】 | トップページ | ベーシックインカムの支給額を1円から始めよう »

コメント

パソコンとプリンタの間に線がないのはスッキリするとは思いますがそれが本当に必要なのは会社の事務所みたいな所ですからね。
記事を読んだ限りでは自分には到底接続できそうにないです。おとなしくUSBケーブルを使います。結局店員さんに勧められるまま購入すると非常に悔いが残るという事ですね。

投稿: コーラス | 2012年4月15日 (日曜日) 12時54分

初めてのコメントです。
ずっと、調子が悪くてブログにやってこれませんでした。
やっぱり、面白いです。

すごく、癒しになります。

今日は見事に丸一日ふてくされていたので、笑いでしめくくれてなによりです。
名人はすばらしいです。
甥っ子君たちの活躍をもっと、もっと読みたいです。
あまりこれないけど、更新を楽しみにしてます。

投稿: 匿名希望 | 2012年4月15日 (日曜日) 21時55分

パソコンとプリンタを無線で繋ぐなんて名人スゴいですね。そういう名人のような活躍の場を友達以外にも広げられる仕組みを地域通貨などで作れないものでしょうかね。くだらない就労支援にどれだけ無駄なお金が費やされてきたことでしょうか。名人が国からお金を一切もらわずやっている行動のほうがはるかに有意義なことだと思います。

投稿: 53 | 2012年4月15日 (日曜日) 22時37分

無線プリンターの名称で売り出していて、
けっこう値段が安いんですよ。
ただ接続は手間がかかりました。

パソコン博士の奉仕でございます。
『イワン・イリイチの死』という作品が一番好きです。

甥っ子は4月から上は小学三年生、下は保育園の
年長組。まだまだおじさんと遊んでくれそうですよ。

パソコン博士なら何でも出来るはずと信じる
子羊の心が、何よりの宝物なのです。
あれにはかなわない。

投稿: 勝山実 | 2012年4月16日 (月曜日) 01時06分

私が読んだのは光文社古典文庫版です。
読みやすくなっていますよ。

投稿: 勝山実 | 2012年4月23日 (月曜日) 18時19分

お久しぶりです。
うちも去年無線LANルータとそれに対応したネットワークプリンタを購入し、無線で設定して使っていました。
たしかに両方共違う会社の製品でしたが、設定は楽でした。
しかし、何回かプリントアウトしていくうちに通信の問題が発生。なかなかプリンタが動き出さなくて、印刷も超遅くなりました。
そこで、有線LAN接続に切り替えました。機器を置く場所を変え、また設定をやり直しました。それ自体はそこまでめんどくさくなかったです。
無線というのは目に見えないものなので、どうしても使用にあたって不安が残ります。

投稿: 田村 | 2012年5月 5日 (土曜日) 12時39分

以前違う名前でコメントを投稿させて頂いた者です。あれから「イワン・イリイチの死」を数ページ読んだきり残念ながら積ん読状態です。本に書いてあったロシアの世界って今の世界に似通っていることはドストエフスキーを読んでおぼろげながら分かっているつもりです。

投稿: ブログカン | 2012年12月27日 (木曜日) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/54455298

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにパソコン博士をしてきた【後編】:

« 久しぶりにパソコン博士をしてきた【前編】 | トップページ | ベーシックインカムの支給額を1円から始めよう »