« 第一次ひきこもり内閣 | トップページ | 社会科見学 »

2012年3月13日 (火曜日)

せつないかもしれない

 俺DJの俺ラジオとして、スタジオ(自分の部屋+カセットレコーダー)でオールナイトニッポンを放送していたのは、もう20年も前のことです。俺がDJで、リスナーも俺という、精神が病んだひきこもりでないと、できないスタイルで放送していました。

 でも正気に返ったので、このようなことは今はしていません。自作自演なんて恥ずかしい、自分の声とか、自分の姿を見るのが嫌なんだよな。写真や映像も、恥ずかしくて見れない。俺DJの亡霊なのか、あーーーって叫びたくなるような含羞が沸き起こるのです。 

https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=joh3ptxcb-57#_57

 ばーん、ここをご覧ください。「切通理作のせつないかもしれない」に出てます、動画放送です。知っている人に見られたら恥ずかしいなあ、なんて気持ちもあったのですが、切通さんは和光大学でお世話になって知らない人ではないし、本の宣伝にもなるし、社会復帰のリハビリになるかもと、動画に参加しました。30分×2本、撮影です。

 動画には映っていないですが、カメラの後ろには、よしりんこと、小林よしのり氏がどーんと座っています。ひきこもりに関心があるといって、食い入るように見ているので、私はガチガチ&プルップルッに緊張。冗談も言わず、勝山節もなく、まじめーに話をしていますよ。ひきこもりにしては、面白いというのが俺の売りなのに、こんな真面目に話してちゃダメだーっと気づいたのは、撮影が終わったずっと後のことでした。何を話したかも忘れた。

 こっ恥ずかしくて、自分では見ていないのですが、よかったらひとつご覧になってください。続きは来週にアップするそうです。

|

« 第一次ひきこもり内閣 | トップページ | 社会科見学 »

コメント

引きこもりに対して理解のない人にしたら、面白い(≒おちゃらけた)ひきこもりよりも、真面目なひきこもりの方が反感を持たずに話を聞けるのではないか、と私は思いました。

勝山さんのブログや著書を読めば、勝山さんがとても楽しい方だというのは後からでもわかることですし。

というわけで、あの真面目な感じでとてもよかったと思います。お疲れ様でした。続きを楽しみにしています。

投稿: 112 | 2012年3月14日 (水曜日) 00時24分

ゴー宣SPA掲載時からの小林よしのりfanなので、よしりんに会えた名人がメチャクチャ羨ましい!!!
どんな人なんだろう??教えて欲しいな~(^_-)-☆

投稿: 飯田橋の主 | 2012年3月14日 (水曜日) 22時08分

そうかあ、真面目でもよかったのか、
もしやずっと真面目な方がいいのかな、ひよっとすると。

よしりんのアツがすごいですよ。有名人の
アツに負けた。何回もトイレに行った。

投稿: 勝山実 | 2012年3月14日 (水曜日) 22時45分

いや~、動いてるかっちゃんを初めて見た!
よかった。

マイペースで、独特の語り口調が勝山ワールドで、うつや家族喧嘩の話も、
ひょうひょうとするあたりがいいですね。

かっちゃんの良さは、まじめだけどもユーモラスなところにあるのでは?


今では、何者でもないことありません。
立派な作家です。
そしてひきこもり評論家(?)

次回を楽しみに待っています!

投稿: ヒルティー | 2012年3月15日 (木曜日) 20時19分

内に秘めたユーモアがにじみ出ているといいのですが。
尻つぼみの次回にご期待ください。

投稿: 勝山実 | 2012年3月15日 (木曜日) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/54215263

この記事へのトラックバック一覧です: せつないかもしれない:

« 第一次ひきこもり内閣 | トップページ | 社会科見学 »