« 千葉巡礼、行って来ました | トップページ | ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 横浜 2011/03/25 (日) »

2012年2月24日 (金曜日)

神経質自由人

 旧交を温めた。ぼっち体質のひきこもりにとって、これに勝るご馳走はありません。10年ぶりにじゆうさん(jiyuuさん)と再会したのです。鶴見済ファン業界では、知らない人はいない、神経質自由人というホームページを作っていた、皆さんご存知のじゆうさんです。

 その前に、ちょっと別の話をさせてほしい。私は高校の時の友人と、年賀状だけという交流を続けています。直接あってもいいのですが、ずっと私は無職、友はずっと会社員という有様で、会いづらい。ちゃんと働けるようになったら再会しようと決めていて、もう20年。ほろ苦い心のまま、直接交流がありません。

 その友人が、フェイスブックというのを始めたらしく、私を招待してくれました。フェイスブックは実名制のmixiのようなもの。どきどきしながら、私も登録しました。ネット上で恐る恐る、友の現在の様子を知るのです。友は経営コンサルタントとして活躍し、結婚もしていて、現在はグワムでゴルフのレッスンを受けながら、スイング改造にとりくんでいるという、全然私とは接点のない男になっていて、腰を抜かしました。テレビゲーム以外のゴルフが実在するとは……。旧交を温めるどころが、これ以上は寒くならないというところまで、冷え切ってしまい、フェイスブックに封印をした、まあこの話はここでいったん打ち切って。

 じゆうさんと10年ぶりに再会しました。パソコンはいいものだ、インターネットはいいものだ、その原点が神経質自由人というホームページにあるのです。また少し話がずれるのですが、私が初めてホームページを作ったのは今から10年以上前に、鼻息荒く全国3000万人のネットユーザーの前にデビューしたのです。でもどういうわけか、日々の訪問者は13人くらいしかいません。現実を受け止めることが出来ず、呆然としているときに、私のサイトココロ、コロ、コロを絶賛し、相互リンクを申し込んで来てくれたのが、じゆうさんでした。だから、神経質自由人とココロ、コロ、コロは姉妹都市のような関係なのです。

 10年ぶりに会う。メールによるとじゆうさんも髪の毛が薄くなってきたという、心の悩みが毛根にきたのですのう。俺たちは分かり合える、待ち合わ場所の関内駅に行きました。10年ぶりの再会、じゆうさんは大してハゲていなくて、私だけが一方的にハゲちらかっていたのでした。しかし、私だけを一方的に落胆させるような、お方ではありません。涙なしには聞けない、就労支援の話をしてくださいました。

 10年間お互いに何をしていたのか。おおまかに共通しているのは、空白の10年間だったということ。何かしていたはず、でも何にもなれなかった、そんな10年だったのです。じゆうさんはヘルパーとして10年間働き、一人暮らしもしていたという。立派、脱ひきこもり、脱ニート、でもどういうわけか、二人そろって着地した場所は、社会復帰ではなく、障害者手帳アンド障害者年金です。おやおやどういうことでしょう。生きづらい世の中を、生きてきた男の10年の答えがどこにあるのか。それはぜひ、じゆうさんのブログを読んで欲しい。ブログを読んで泣いた。→http://ameblo.jp/tue090/entry-11174184103.html

 長くなりすぎました。続きは、また後で書きましょう。今度の日曜日には、神経質自由人復活オフ会をやります。是非、旧交温めたいというかたは参加してね。

|

« 千葉巡礼、行って来ました | トップページ | ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 横浜 2011/03/25 (日) »

コメント

読んだ。4回読んだ。

涙なしでは読めない。

そんな自由人と名人の交流は心が温まります

自由人もなかなか文才がありそうなので、
本が書けそうですね

私見ですが、
ひきこもり資産を金に換えることは、
そう難しいことではないような気がします

過去、大槻ケンヂが、音楽や本等で
おたく資産を、露悪的に表現しまくって
印税が凄かったことが一例として

自由人に会ったら、
印税をうらやんでた自由人に
出版方法を伝授してあげてね

いや、安心ひきこもりライフの著者との
対談本がいいかな?

全国100万人のひきこもりの
潜在的マーケットが
手つかずの肥沃な土壌として、
眼前に広がっております

投稿: ヒルティー | 2012年2月27日 (月曜日) 06時02分

じゆうさんのブログを読みました。
泣ける!さっそく気に入りに登録しました。
悲しいまでの就労支援と就労の障害者枠。
新卒での就職を逃したら、ほぼ絶望的な就職なのに、障害者でも雇われないとは。

私は、自立支援だけ受けれたので、今後の生活が厳しいです。
手帳と年金へのハードルが高すぎます。

そういえば、ある女性作家が、週刊新潮だかで、生活保護受給者は、皇居の草むしりをすべきだとか言ってました。

投稿: 大阪の非国民 | 2012年2月27日 (月曜日) 23時49分

じゆうさんの文章はなかせますよね。
じっくりとねかせた、芳醇なワインです。

清掃、工場、警備員はひきこもりが就く仕事
ベストスリー。こんなのするのに、訓練なんていらねーじゃんって思います。

投稿: 勝山実 | 2012年2月29日 (水曜日) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/54064272

この記事へのトラックバック一覧です: 神経質自由人:

« 千葉巡礼、行って来ました | トップページ | ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 横浜 2011/03/25 (日) »