« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月曜日)

田中慎弥さん

 田中慎弥さんこそ、ひきこもりの王者と呼ぶのにふさわしい。20年に及ぶ無職ライフを経て、芥川賞作家になったのです。ひきこもりが空想することはできても、実現できなかった、逆転ホームランをかっとばした、我々のプリンス。まだ会見を見てない人がいたなら、動画でご覧ください。

 ばーん、どうよ。20年間、太陽の日差しをあびなかった者だけが手に入れられる、もやし色の肌。バニラ色。瞳孔ひらきっぱなしで、キョロキョロする姿は、ある意味、鏡にうつった自分の姿。周りの人から見れば自分も、こんな感じなのかなと心配する男子がたくさんいたと聞いております。これを見て笑ったり、態度が悪いと怒る人は、ひきこもり当事者とは言えない。

 我々のような凡夫がこのような態度ではけしからんですが、小説家なのです。泥酔で会見に挑むくらいが、無頼でかっこいい。ワイン二杯しか飲まず、がちがちに緊張し、キョロキョロしている慎弥は、ジェントルマンすぎるのさ。石原チン太郎の悪口をまぜながらの会見は、新芥川賞作家として百点、お行儀のいい、感謝の言葉しか言えないような小説家にみんな飽き飽きしているのです。

 この会見が話題になりテレビでも大きく取り上げられました。本も発売と同時に増刷10万部、過去の作品もばんばん売れている。慎弥くんも想像以上の反応に、喜ぶと同時にちょっとびびって、部屋でワインをちびちび飲みまくっているに違いない。出版社も含めて誰もがうまくいったと思っているところに、「意義あり」と高らかに声をあげるものが現れました、ひきこもり息子を女手ひとつで、苦労して育て続けたお母さんこと、慎弥ママン(田中真理子)です。

週刊文春

 週刊文春2/2号に、真理子さんこと慎弥ママンのインタビューが載っています。タイトルは「息子は上がり性ですから……」。テレビで息子の会見を見て、驚いた慎弥ママンは、息子は本当はやさしい子だと訴えるのです。「緊張していたんですよ」「もともと上がり性」「照れ隠し」「お酒を飲まずにいられなかった」「普通の子でした」「忘れ物が多かったです」「兄弟が欲しかった…でもグレたりはしなかった」「大学に失敗した…」「勉強してないんだから、受からないんですよ」。

 異才の新芥川賞作家として世に出た慎弥くんを、緊張していただけの普通の子と、ばっさりと切って捨てるあたりがママンの恐ろしさです。頭が悪くて、気の弱い息子と信じて揺るがない。慎弥くんが、阿修羅フェイスで、部屋の壁を蹴っとばす音が聞こえてきそうです。

 真理子の息子自慢はエスカレートしていきます。「お金を入れてくれるようになって助かっている」「私も年金ありますから」「今回の『共喰い』は結構面白かった」「一時は忙しいでしょう…」「朝一緒にご飯を食べ」「テレビでお笑い番組なんかを見ながら飲んでます」「もう四十になるので、飲み過ぎは困るんです」。

 慎弥くんが、少ない原稿料からせっせと家にお金を入れているという、垢染みた貧乏美談が、ママンの口から語られます。息子の受賞作は、結構面白い、と評論家気取りです。慎弥くんが築き上げた、傲慢不遜、無頼な新進作家のイメージも、親孝行なひきこもり息子というしみったれたものにまで、縮小したような気がします。こんなママンはいかがなものでしょうか。ひきこもりの親が、息子にやってはいけないこととはどういうことなのか、それを知るための第一級の資料として、2/2号の週刊文春を私は推薦します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木曜日)

非暴力直接行動

 1/15日の脱原発世界会議に行ってきて、山本太郎に折伏された。これからはガンジーがインドでやっていたあれを、日本でもやるべきだと、しみじみ思いました。

 政治や企業がだめなんだというのにプラスして、テレビもラジオも本当のことを伝えないんだなとなると、もう非暴力直接行動しかない。ひ弱な人間ほど、非暴力かつ直接行動でなければいけない。

 勝ち負けを問わず、直接悪い人のところに行って、小粒な座り込みをする。そして警察に排除されるというのを繰り返す。おもしろい、流行るよ、これは。

 よし、俺もやるぞと思ってから、もう二週間以上経ちましたが、寒い寒いと言って家にこもりっきりです。非暴力のみですのう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月曜日)

『怒れ!憤れ!』に怒る

 フランスの元レジンスタンスのお爺さんの書いた本が欧米で200万部以上の大ベストセラーになっているという話を聞いた。それがウォール街を占拠せよ、We are the 99%の火種になったという話も聞いた。読みたい、フランス語は読めないので、誰か日本語訳してくれないか、と待ち望んでいたものがついに発売された。

 『怒れ!憤れ!』ステファン・エセル、日経BP社から800円+税。さっそく本屋で手にとりました、そして怒り、憤ったのです。なんだ、本文の文字がデカすぎる。もともと14ページほどの冊子だったものを、無理やり本にするために、活字をでかくするという暴挙に出たのです。小さい字が読みにくい、でもそれと同じくらい大きい字も読みにくい。全文、本の表紙につかうくらいの文字の大きさで印刷されている。

怒れ!憤れ!

 岩波ブックレットのような形で売ってくれればいいのに、本のデザインが気に入らない。恥を知れ、誰が買うかこんなものと、大いに憤慨し、こうなったら自分で翻訳してやろうと決心したのです。でも、さっぱりフランス語がわかりませんので。英語に翻訳されたものを参考にしましたが、私の語学力ではぴんとこず、まるで訳せないのです。

 しかたなく、グーグル翻訳に原文をぶち込んだものを、じいっと眺め、たぶんこんなことが書いてあるんだろうなーという空想してみました。勝山実完全空想版をご覧ください。

********************
タイトル:ヤングよ憤慨するのじゃ
著 者:ステファン・ヘッセル

 わしは93歳。つまりはお迎えがくる最後の段階じゃ。もう長くはあるまい。わしがなんでゴリゴリの社会運動家になったをネチネチ語るよい頃合いじゃろう。

 わしはのう、66年前に、あのちょび髭ひきいるナチスの占領に対抗するために「抵抗組合」を作ったんじゃ! この抵抗組合の活動が、我が国の近代的な民主主義のみなもとなのじゃよ。エッヘン。しかし最近はたるどるのう。移民追放の動きがあったり、社会年金は削られようとしておる。そのことを報道機関は、なーんも批判せん。

 最悪の第二次世界大戦を乗り越え、手塩をかけて作り上げた、市民のための社会保障が受け継がれず、まさに消えようとしている。わしらの抵抗運動によって手にしたものが、奪われようとしているのじゃ。それを見ていると、わしは死んでも死にきれんのじゃよ。
********************

 最初の書き出しの部分を訳して見ました。どうでしょう。翻訳としては間違っていますが、ゴリゴリの左翼お爺さんのいい雰囲気は出ている気がする。まあ結局、訳せないことがはっきりしたので、いろいろと文句はあるのですが、おとなしく800円払おうと諦めかけています。抵抗運動というのは難しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 千葉 2012/02/18(土)

■第91回 月例会ご案内

会 場 千葉市民会館特別会議室3階(JR千葉駅7分)
時 間 13:00〜17:00
参 上 勝山実(名人)
参加費 1000円
定 員 60人くらい
主 催 KHJ千葉県「なの花会」
連絡先 なの花会事務局

 2012年しょっぱな、千葉県から巡礼ツアースタートです。今年こそ47都道府県制覇目指して、ひきこもりお遍路を始めますぞ。参加費が1000円とひきこもりご本人様には厳しいですが、ぜひお近くにお住まいのかたは、お越しください。久しぶりなので張り切っておりますぞ。

より大きな地図で ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー を表示

これからの、ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー
2012年
02/18 千葉 なのはな会@千葉市民会館
03/033/17 早稲田 @あかね
03/24 埼玉県x所沢
03/25 横浜@かながわ県民センター←※訂正
04/21 池袋 楽の会@ECOとしまホール8F
07/25 北海道 登校拒否・不登校を考える全国大会in北海道
09/22 愛知県x豊田市
終了した巡礼ツアー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水曜日)

なんとかBARに行ってきた

 学校や会社には行かなくてもいい。でも、なんとかBAR(素人の乱16号店)には行かなくてはいけない。生きづらい人が、生き延びるために、社会見学を兼ねて行くべきところとだと聞いております。

 素人の乱については、本やテレビを通じてよく知っている。でも、若くて活動的な姿勢にすっかりびびってしまい、デモでただ遠くから眺めるのが精一杯でした。引っ込み思案な人間がどうしたら、素人の乱を体験できるのかと考えていたのです。

 先週の13日、「なんとBAR」の店長を、だめ連の神長さんとイカさんがやるという情報を知りました。だめ連なら大丈夫なんじゃないか、来ているお客もだめな人に違いない。この日に行かないと永遠に、行く機会がなくるなと思い、勇気を振り絞って行って来ました。敷居をさげ、勇気を与えてくれた、だめ連に感謝です。

 なんとかBARは、外から見ただけでは、本当にこれがそうなのか、営業しているのか、民家じゃないかのか、と腰が引けてしまうくらい勇気のいる外装です。ここに一人で行ける人は、相当の武将だよ。なかは半分はカウンター、半分は座敷となっていて、ビールが350円と安い。

 オルタナティブというものがどういうことか知りたければ、こういうお店に行くしかない。自分たちで作る、新しい場というのは、こういうものなんだと分かる。この手の場所はほかにも、気流舎あかねラバンデリアがあります。新しいことをやっている人たちが、どんなふうなのか見るものいい経験です。こういうお店があるのは、やはり東京だけですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日曜日)

Fonteに書評が載ったぞ

 ちょっと報告が遅れましたが、Fonte(不登校新聞)2011年11月15日号に『安心ひきこもりライフ』の書評が載っています。書いてくれたのは精神科医の関口宏さん、東京フレンドパークなどでおなじみのタレントの関口宏と同姓同名ですが、まったくの別人ですよ、注意、注意。

 アリとキリギリスの話をまぜながらの、絶妙な書評、ぜひ読んで欲しい。ただ、Fonteがどこで手に入るのか……それは各個人の大いなる努力しだい。国会図書館にはある。私も最近になって、3部ほど手に入れました。

 関○


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水曜日)

脱原発世界大行進に行くぞう

 今週の土曜日、1/14日に、脱原発世界大行進 in 横浜が開催されます。久しぶり9月以来になりますが、どーんとデモに参加しようと思います。屋内退避ばかりじゃないのです。

 横浜市民でないと分かりにくいかもしれませんが、デモコース相当の距離が長い。ポートサイド公園という、聞いたことのない場所から、山下公園まで歩くと、およそ駅2つぶん。日頃歩いている人はいいですが、ひ弱なひきこもり中年には長すぎる。

 そういうわけで、私お薦めのショートカットコースは、ちょうど真ん中辺りの桜木町駅からのデモ参加です。駅から近いし、距離的のもいい感じになります。デモが進むほど、人数が増えて盛り上がっていく、そんな演出にも一役買うことになりましょう。デモスタートが15:45ですから、桜木町駅前に16:15くらいに行って、合流しようと考えています。体力弱者の叡智ですよ。

 山下公園と関内駅の中間辺り、横浜地方裁判所前・開港記念会館隣に、東電があるので、デモの帰り道に通って、ゴリッとした圧力をかけるのがお薦めですぞ。


より大きな地図で 東京電力 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火曜日)

ひきこもりプレゼンテーション

 ひきこもりブッダ巡礼ツアーに、プレゼンテーションソフトを導入しようと思っています。マイクロソフトの製品でいうところのパワーポイントです。

パワーポイント

 ようは電子紙芝居で、図や表をスクリーンに映し出す。これをやると、実に講演会っぽい感じがするでしょ。よもやま話スタイルから、プレゼンソフトを使ったやり方に変更すれば、豪華な感じがして、いろいろなところからお呼びがかかるんじゃないか、全国周れるんじゃないか、そんな邪念に満ちてのプレゼンソフト導入です。

 使っているパソコンのOSがubuntuというやつなので、ソフトはオープンオフィスというのを使っている。ただ、これで作ったものがちゃんとウインドウズで表示されるのかが、まだハッキリとわからない。

 2月の巡礼からさっそく使ってみます。きっと楽しいひきこもりスライドショーになるはずだ、楽しみにしていてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金曜日)

続・元旦から野球

 次男坊の掛け声とともに、毎年恒例のお年玉交渉がスタートしました。お年玉の額は話し合いで決めるのです。

長男坊 「3500円!!」
おじさん「よし」
次男坊 「俺は1000円!!」
おじさん「よし」

 二人とも即決です。おじさんの懐具合を知り抜いた甥っ子ならではの一発交渉でした。ポチ袋にお金をいれて、すぐに渡してあげましたよ。

 しばらくすると居間で甥っ子長男坊の「一生のお願いだ、Wiiが買いたーい」というシュプレヒコールが始まりました。8歳にして、もう一生のお願いを使ってしまうのか、いやどうせ人生で何回も何回も一生のお願いをするに違いない、そういう男だ、この男は。甥っ子長男坊の性格を冷たく分析しているだけで、おじさんは動きません。

 シュプレヒコールは続きますが、家族の誰も買ってあげるとは言わない。「誕生日プレゼントいらないから、お年玉と合わせてWiiが買いたーい」と条件を変えて、ごねたところで、老爺が立ち上がり、財布から二万円を出しました。甥っ子長男坊の交渉勝ちです。

 そのあと「一生のお願いだ、おじさん一緒に買い物に付き合ってくれ」と言われたので、近所の電器店まで散歩。おじさんは忘れないぞ、お前さんの一生の願いを叶えたからな。Wiiパーティーがセットになったやつが、D端子ケーブル付きで安売りされてました。なんだよ、D端子ケーブルっておまけでついてくるのか……、中古のケーブルをWii本体も持っていないのに、安いからという理由で買い置きした自分のバカさかげんが骨身にしみます。

 すぐに帰宅、Wiiをテレビにつないで、さっそくプレイ。正月から、おじさんフル回転で、甥っ子ゲーム接待が続きます。テレビゲームに関しては、やはり自分で言うのもなんですが、おじさんに敵う人間などそうそういないのです。勝ったり負けたりの、絶妙な「接待プレイ」で、甥っ子兄弟を歓喜させます。しょせんは子供、おじさんの年季の入ったプレイに、踊らされ続けます。気がつけば夜になっていました。

 締めは、お兄ちゃんばっかり遊んでずるいぞという次男坊の抗議に答えて、二人で相撲。相撲。相撲。疲れたので、帰ってもらいました。明日も来るとか、来ないとか。全然のんびりできないのでございます。

wii

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火曜日)

元旦から野球

 正月は、昼間から酒を飲みながらのアル中プレイを堪能しているのですが、今年はそれができませんでした。元旦早々、甥っ子兄弟が家にやってきたのです。

長男坊「おおっ、いつもより寝てるな」

 朝の10時半のことです。甥っ子二人に布団をはぎ取られ、「寒い、寒い」と泣き言をいっておりましたが、ゆるされるはずもなく、しぶしぶ起床。一家団らんでお正月です。

 正月くらいゆっくりしたい、でも正月でなくても、いつでもどこでもゆっくりしている勝山おじさんにそれを言う資格はありません。元旦から、甥っ子長男坊のリクエストに答え、野球をすることになりました。まずはノックでみっちり甥っ子の守備を鍛え上げます。次にピッチング練習、ブルベンキャッチャーとして数えきれないくらいの球を受ける。仕上げは甥っ子が巨人の坂本になりきって、ダブルプレーの練習で締めくくり。一時間半のミニキャンプを終えて帰宅です。家では、甥っ子次男坊が待ち構えていました。

次男坊「おい! お兄ちゃんにお年玉あげろっ」

〈続く〉

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »