« 大阪巡礼 | トップページ | 番外編 ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 和光大学 »

2011年10月20日 (木曜日)

大阪巡礼2

 10/16にフォロでおこなわれた、公開づら研の様子を、代表者である山下耕平さんがブログに書いています。見事なドキュメントタッチで、ひきこもり名人の自由な振る舞いを描写していますので、まず読んで→http://foro.blog.shinobi.jp/Entry/201/

 どうよ、面白いでしょ。完成されていて、付け足すことなどないのですが、せっかくですから大阪フォロでおこなわれた、公開づら研の感想をつらつらと書いていこうと思います。

 フリースクール・フォロは大いなる勇気と決断をくだして、十周年記念「公開づら研」のゲストに、無名の人間である、ひきこもり名人こと勝山実を呼んでくれたのです。交通費と謝礼を払ってまで、私を大阪に招いたのですぞ。助成金で金儲けをしいるわけではないフォロとしては、ひとつの賭けといえましょう。本来なら、その意気に答え、熱いトークをするのが当たり前ですが、私の取った行動は正反対。「ギャラ泥棒」というのがどういうことか知りたければ、こいつを見れば事足りる。そんな自由な振る舞いなのです。

 私も山下さんのブログを読んで、自分のひきこもりっぷりの良さを改めて思い知りました。自由。生きづらさの向こう側に行ってしまったかのような、徘徊行動をイベント中にしていたとは……。まだまだ自分を客観的に見ることが出来ていないんだねえ。

 で、公開づら研当日。予想以上にたくさん人が集まりました。行儀よくつめて座らないと部屋に入りきれないくらいです。ぎゅうぎゅう、でね。それを見て、自分ならこんなのは耐えられないなあ、たぶん聞いている人も耐えられないだろう、と思いました。

 しかしフォロに集まった80人、じっと耐えて私の話を聞いているのです。大阪夏の陣における真田の軍勢のように統率がとれていて、乱れがない。高知の不登校イベントの時も、聞いているダディ&ママンの行儀の良さには驚きましたが、フォロはそれ以上なのです。長くなったからとりあえずここまで。

|

« 大阪巡礼 | トップページ | 番外編 ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 和光大学 »

コメント

陳腐なサクセスストーリーへの徹底したアンチなスタンス。

「金では買えないものがあります。」
ふざけるな!
てめえにそう言える背景があったのか。
簡単に奇麗事を言う奴は大嫌いだ。
            by矢沢永吉

永ちゃんの、こんな言葉を思い出しました。

づら研代表の、レポートは面白く確かに
完成されていました。

行儀の良い80人の聴衆に、自由な振る舞いとは何かを身を持って示したのですね。

口だけではなく、身を持って示す。
名人たる所以です。

keep on ひきこもり!

投稿: ヒルティー | 2011年10月21日 (金曜日) 00時02分

はじめまして勝山先生、巡礼お疲れ様です。
私はある地域の引きこもりの集まりによく出てます、引きこもりの方をご飯やカラオケに誘うコツってありますか?
私は誘う前の布石としてオタトークをするためにアニメのDVDをたくさん見ようと思っています。
恥も外聞もすて昼間から借りに行きたいのですが働いてるふりをして土日に借りに行く私はまだ引きこもり初心者です。
私が誘う引きこもりとは無論全員男しかいません…。
しかも当然引きこもってるのでどこにも行きたがりません。
私にもっとカリスマ性があれば洗脳できると思うのですが…。

投稿: なもなき引きこもり | 2011年10月21日 (金曜日) 07時40分

しゃべった内容よりも、たち振る舞いの
自由さのほうが、インパクトがあったかもしれないですのう。

みんな、お金が無いですから、誘われても行きようがありません。
すでにある集まりに顔を出すだけで、精一杯なのです。

投稿: 勝山実 | 2011年10月22日 (土曜日) 00時16分

あらためて勝山名人を見直しました。誰だって人から認められたいものですから、成功体験を語りたいものです。しかし、本当の引きこもりなら、成功体験なんてないはずです。
今後、引きこもりの息子をもつ親御さんに是非伝えていただきたいことがあります。それは、
「みんなができることであっても、それができないひとは必ずいる。たまたま、自分の息子そうであったというだけのこと。」だということです。なにか途方もない異常な事態が起きたわけではないということです。

投稿: ホチキスマン | 2011年10月22日 (土曜日) 12時52分

レスありがとうございます。
ご指摘の通り金の問題はありますね、
親に社会復帰に向けて活動費が必要だと主張することは大事です。(当事者もヒキ業界も)
外に出て何か買うことが、外出に繋がりますから。

私も外に出始めは、まず人と話せませんでした。
そこに存在し続けることが難易度最高クラスのミッションでした。
自己の生活力や社会に対する信頼回復の段階を周囲が無理に、すっとばそうとすると、当事者に負担がかかりますよね。

まずは、今日を生き抜くということが
明日への力に繋がってゆくのだと思います。

投稿: なもなき引きこもり | 2011年10月22日 (土曜日) 13時42分

引きこもりなら成功体験など無いという言葉はかなりぐっときます。
もしくはあったとしても他人にはとても言えない。
漢字検定受かったとか、使わない免許取ってみたとかね。

投稿: コーラス | 2011年10月23日 (日曜日) 01時20分

勝師匠、右のオセロですが・・・弱すぎますぞ(笑)

投稿: カキタ | 2011年10月23日 (日曜日) 14時55分

‥なるほど、聴衆の皆様方は「夏の陣の方」の真田勢でしたか‥。
打倒・徳川の士気軒昂で真田丸(砦)に籠って奮戦した先の「冬の陣の方」では無く
もはや起死回生の策は家康と刺し違える事のみと自らの逝く末を定めて‥
その魂は明鏡止水の境地に到達した人々の集団であったという事なのでしょうか‥?

何にせよ、お疲れ様でした。

投稿: ねりから氏。 | 2011年10月23日 (日曜日) 16時18分

ナチュラルにできない人もいるんだよと、
身を持って表現していきますぞ。

お金がないから、急に誘われても無理だよね。
時間でどんどんお金がかかる、カラオケとかは怖いんじゃないかな。

オセロはレベル2でやれば歯ごたえがあるはず
だけど、どう。

真田丸で籠城戦という感じではなく、
野外で決戦を挑む、夏の真田でした。

投稿: 勝山実 | 2011年10月24日 (月曜日) 00時21分

コーラスさんと同じく
引きこもりに成功体験などないという言葉に胸を締め付けられます。
社会復帰、就労成功、親から逃げれて一人暮らしなんか、ひきこもりからすればもはや奇跡ですよね。

投稿: 29 | 2011年10月24日 (月曜日) 11時04分

どっかの誰かがまぐれでうまくいった、過去の成功体験に固執して
就労訓練ばかりやらせ続けるやつらが、気狂いなんですよ。

投稿: 勝山実 | 2011年10月24日 (月曜日) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/53042120

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪巡礼2:

« 大阪巡礼 | トップページ | 番外編 ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 和光大学 »