« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金曜日)

ひきこもりに関する実態調査

 ひきこもりが、どういうものか知っている人なら、ひきこもりに関する実態調査などしない。そもそも無理だとすぐにわかる、ひきこもっているんだもの。なんにも分かってないやつが、たくさんのお金と、時間と人を使って実態とはかけ離れた、データを作り上げる。それをもとに国が支援をしようとする。誰も得をしないね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 哲学カフェ@ラバンデリア 2011/10/07(金)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in  哲学カフェ@ラバンデリア
2011/10/07(金)

■哲学カフェ

会 場 Cafe★Lavanderia(ラバンデリア)
時 間 19:00〜
参 上 勝山実(名人)
参加費 カフェなのでワンドリンク注文してね。400円あればビールが飲める。
定 員 20人くらいかな
主 催 哲学カフェ
連絡先 Café★Lavandería ←プリントアウト推奨。

 ばーん。働かない哲学カフェに参上します。詳しく何をするかは自分にもよく分からないのですが、がんばります。9/9の哲学カフェに行った時は「ビート」についての話をしてました。ビートもしくは、ビートニク、なんだか分かりますか。ひと通り話を聞いて自分なりに解釈すると、活動量の多いひきこもりということになるのですが、どうでしょう。『路上』という小説を書いた、ジャック・ケルアックが一番の有名人。しかし、路上は翻訳したものではなく、原文、つまり英語で書かれたものを読まないと、なにがいったいビートなのか、その面白さが、よくよくは分からないそうです。それは困りますのう。

 普段は、『働かない』トム・ルッツの本をテキストに、哲学カフェをやっていると聞いております。3200円+税という大変高価な本です。みなさんは持っていないでしょう、私は持っています。何もしない、のプロが読む書籍といえましょう。ジャーナリストが書いた本ですが、その著者の息子が、何もせずリビングに寝っ転がってテレビを見ているという、我々側の人間なので、ダディーである著者の働かない人に対する眼差しが温かいです。分厚い本なので、図書館で借りて読み通すのも辛いので、安い古本をゲットして読みたい一冊です。

 9/19、さよなら原発デモに参加しました。その時、鶴見済さんにあって『安心ひきこもりライフ』を献本しました。そして、鶴見さんはこうおっしゃいました「哲学カフェいきますよ」と。だから、今度の哲学カフェは楽しみだ、私が楽しみだ。いつもはおしゃれで、ひきこもりには敷居の高いお店ですが、この日は私がいますので、ユニクロをベースとした、首のところがびろーんとなったTシャツでの入場も楽々ですぞ。社会見学にぴったり。場所が、わかりにくいので、地図をプリントアウトしてもってくれば万全。では、哲学カフェでお逢いしましょう。

チラシ


これからの、ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー

10/07 東京新宿 哲学カフェ@Cafe★Lavanderia
10/16  大阪@フォロ
10/29 静岡 Liveral(リベラル)
11/26 千葉 休もう会

終了した巡礼ツアー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火曜日)

週刊朝日にインタビュー

 今日発売の、週刊朝日 2011年10月7日増大号に私の本の紹介と、インタビューが載っています。75ページの「書いたひと」というコーナーを見てね。

 暇であることは自由であること、と言っておきながら最近はちょっと忙しいのです、お恥ずかしい。しかしこれも安心ひきこもりライフを布教させるためです。来年にもなれば、暇で自由な日々が帰ってくるはず。「何してるの?」と聞かれて、どこで働いているだとか、どこの学校に行っているだとか、そういう具合に自分の社会的地位を言わなくてはいけない、言えない人間は価値がないと言わんばかりの世の中の思考回路が気に入らんのです。暇であることは自由であること。この土台があってはじめて、働いたり、学校に行けるのです。まず自分がある、働くなんていうのは付属品なのですよ。Gazou


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 静岡 2011/10/30 (日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 静岡 2011/10/30 (日)

■勝山実さん講演会『安心ひきこもりライフ』
会 場 静岡市市民文化会館 第一会議室
時 間 10:00〜12:00
参 上 勝山実(名人)
参加費 1,000円(ただし、ひきこもり御本人様は無料)
定 員 60人
主 催 Liveral(リベラル)
連絡先 
更に詳しいことはこっちを見て→http://bit.ly/n4JuXR

 ばーん。大阪に続いて、静岡県です。静岡は神奈川県の隣なので、移動も楽々。張り切ってまいりますぞ。

 しかし、なんと朝の10時からという、ひきこもりにとって早朝というか、夜中に近い時間帯から始まるのです。普通のひきこもりが起きる時間が講演会の終了時間となります。私自身前日入りして、会場の前で野宿でもしないかぎり、遅刻してしまいそうで怖い。とはいえ、一般の参加者がお布施1000円かかるところ、ひきこもり御本に様なら入場無料。入り口で「ひきこもりです」と白状してくれれば、万事オッケイです。

 こういう慈悲のシステムなしに、ひきこもりの社会復帰など、ありえません。とりあえず申し込んでおいて、当日心身ともに調子が良ければ、そして朝起きることができたのなら、会場でお逢いしましょう。たいして代わり映えのしない、よもやま話をご披露する予定です。

 この日はW開催で午後からは不登校シンポジウムというのがおこなわれます。なんだかすごいね。なによりチラシのセンスのなさがすごい。追加情報などあったら、また書き足していきますね。

より大きな地図で ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー を表示

これからの、ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー
10/07 東京新宿 哲学カフェ@Cafe★Lavanderia
10/16 大阪@フォロ
10/29 静岡 Liveral(リベラル)
11/26 千葉 休もう会

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水曜日)

ブタ祭り

 普段はほとんどテレビを見ないのです、だってつまらないじゃないですか。しかし、テレビもたまには見るべきだと、改心してしまうくらいくらい面白い番組をやっていました。ブタ祭りです。世界の果てまで行ってQという番組内で、カナダでおこなわれている、ブタ祭りが紹介されていた。泥の中を逃げまわる、ブタを捕まえて、中央にある柵の中に入れるまでのタイムを競うお祭りです。

 泥だらけのブタはつるつるすべって捕まえにくい、そのうえ体重が75キロもあるものですから、これはもうほとんど不可能なのです。ブタを追い回して、泥だらけになる。出演していた、宮川大輔の泥の中を奮闘する芸人魂が素晴らしく、おおいに笑った、名作です。DVD化希望。

 その番組は、遊びに来ていた甥っ子家族を含め、みんなで見ていました。カナダだけじゃなくて、日本でもやればいいのに、絶対盛り上がるのになーと思っていたところに……、おじさんの目の前をすたたたと走り抜ける童子一人。

 「ブタ祭りだー」といって甥っ子次男坊にむしゃぶりつきました。やめろー、やめろジジイと行って逃げる甥っ子次男坊。やっとの思いでおじさんからのがれました。しかし、ほっとしたのも束の間。

 「ブタ祭りだーーー」といって、今度は甥っ子長男坊が、弟にむしゃぶりつきました。大喜びで逃げる甥っ子次男坊。素敵なテレビ番組のおかげで、兄弟仲良しですよ。そんなお兄ちゃんからようやく逃げのびて、ほっとしたのも束の間。

 「ブタ祭だーーーーー」といって、老爺が愛孫次男坊にむしゃぶりつきました。大喜びで逃げる甥っ子次男坊。人気爆発です。母さん、父さん、家族みんなで、甥っ子次男坊を追い回す祭りがおこなわれたました。たぶん小学校の教室でも、ふとっちょ男子を追い回す、ブタ祭りが開催されていねはずです。ケガをしないよう、よく注意してくださいね。

画像

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日曜日)

小学校の時から

 「おじさんは小学校の時からハゲツルだったの?」と甥っ子がおじさんに聞くのです。おじさんは聞こえないふりをしました。「おじさんは小学校の時からハゲツルだったの?」と前よりずっと大きな声で甥っ子か聞きました。おじさんは聞こえないふりをしました。

 甥っ子はおじさんのことをハゲツルとは呼ばなくなりました。分かり合えたのですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金曜日)

フリフリフリマ

 フリ・フリ・フリマに行ってきました。まずフリフリフリマの説明をしましょう。9月10日(土)に桜木町の青少年サポートプラザでおこなわたイベントです。神奈川県内のひきこもり・不登校関連団体が一同に集結。実は、このお祭りの片隅で、「安心ひきこもりライフ」が売られていたのですよ。

 丸山さんの一人NPO、ヒューマンスタジオが、ヒュースタ庵を出店。そこに私の本を五冊ほど置いてもらいました。土着営業、いや布教です。私がフリフリフリマに行ったのは、本の売れ行きを見ること。そして、万が一売れ残ったら、ないとは思うけど、その時は売れ残りを回収するという任務の遂行です。

 会場に着くと、建物の外の一等地に、屋外テントをたてて、威勢のいいお店があります。コロンブスアカデミーです。神さま、あの団体が潰れますようにと、私が毎日祈り続けるのにもかかわらず、潰れないどころか、いよいよ繁盛している、コロンブスアカデミーがどーんと出店していました。たこ焼きやら、お好み焼きを売っていた。テントといってもキャンプでたてるようなやつじゃくて、運動会で来賓のかたがたがすわる席を日陰にするためのような、大きなテント。そこに男が15人くらい(女子は一人もいない)の訓練生たちが、無給でたこ焼きをつくっている。全員お揃いの赤いTシャツです。

 どこからか見ても立派なテキ屋さんじゃないか、君たちは。しのぎの王者、テキ屋。それって社会復帰、それって職業訓練なのか。そうなふうに、コロンブスアカデミーの連中を見下してつつ、マイブックの売れ行きを確認に、建物の二階に行きました。

 一冊も売れてませんでした。ヒュースタ庵は、私の本をはじめ、いろいろなひきこもり不登校関連の本が並んでいるのですが、会場全体に溢れる、お祭りムードにちっと溶けこまず、ぽっかりと真空地帯のようになっていた。

 何かの間違いなのでは、目の錯覚ではと思い、会場で丸山さんに確認しましだが、やはり売れてないとのこと。「ヒューマンスタジオ、10周年記念のイベントでも売るから大丈夫」と慰めてもらいました。心がくじけ、いじけたまま、外に出ました。

 テキ屋集団コロンブスアカデミーが我が物顔で、ばんばん、たこ焼きを売っています。私は自らの敗北と、神奈川県内におけるひきこもり支援の状況を肌で感じました。横浜は私にとって、ホームでもなんでもない、アウェーなんだと。横浜が自分の地元という、意識を捨てないといけないなと、心がぎゅうっと引き締まりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火曜日)

それから、人生ゲーム

 〈前回からの続き〉職業が決まると次にやってくるイベントは結婚です。人生ゲームに独身という概念はなく、強制的にストップマスで結婚、助手席に女子を乗せます。甥っ子はおじさんに気をつかって、「結婚なんか、したくねー」とか言いますが、ゲームのルールですから、結婚はしなくてはいけません。職業アルバイトで結婚とは、なんともスリリングな人生ですのう。その後、子供誕生のマスがたくさんあるのですが、そのマスに一回も止まらないと、ユニセフに$100000払うという、恐ろしい罰が待っているのは、人生ゲームのお約束です。

 四代目人生ゲームには家を買うというイベントがあります。バブル景気の頃発売されたから、こんな仕掛けがあるのです。なので、おじさんも甥っ子も職業はアルバイトでありながら、キャッシュで家を購入。そんなテレビドラマもあったよね……『フリーター、家を買う』だ。本当にやっちゃだめだぞ。とにかく、お金をもらったり、払ったりを繰り返しながら、ゴールを目指します。

 基本は単調なすごろく。だから、マス目の文章がゲームを盛り上げの鍵になります。今回のハイライトは、二人して、ピカソの絵を買ったこと。アルバイト人生でこつこつ貯めたお金も、ピカソの絵のために全部はき出しても足りず、約束手形の山になります。甥っ子長男坊、大喜び。バイトの分際でピカソの絵なんか買うな、それがこのゲームから得た教訓です。

 それにしても四代目人生ゲームは、弱い。マス目の言葉が弱い。ゲームってさ、子供が買うんじゃなくて、親が子供に買い与えるものでしょ。だから、上品ではない、パンチの効いた言葉が改訂されるたびに、なくなってしまう。当たり障りのない言葉が増えていく。そのせいで、人生ゲームが本来もっている魅力が半減するのですから残念です。自慢できない親戚のせいで、どんどん財産が削られていく、それが人生。それを肯定し、受け入れてこそゲームも面白くなる。やってみて改めて思った。もし私にひとマス作らせてくれるのなら、「息子がひきこもって$5000はらう」というのがいいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月曜日)

増刷決定!

 安心ひきこもりライフの増刷が決定しました。これで私も安心。やはり、朝日新聞に載った斎藤環氏の書評が効いたのではないでしょうか。 短い書評ながらちょっと読んでみようか、と思えるような良い書評です。これは可。

 更に、9/11に安心ひきこもりライフの広告が朝日、読売、毎日新聞に載っているはず。私は朝日新聞しか見てませんが、『ガンディー魂の言葉』の大きな新聞広告の横に、ちょこーんと謙虚な感じで載っていました。ガンディー先生の慈悲に、おんぶに抱っこ戦略ですよ。

新聞広告

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金曜日)

人生ゲーム

 現代人の、甥っ子に中古の人生ゲームは渋すぎるかなーと心配しましたが、ぱっと見た瞬間に、「これが欲しかったんだ」と納得してもらえました。

 四代目人生ゲーム(中古ジャンク品)です。ちなみに現在新品で売られている、最新版は六代目です。はじめは素直に新品を買う予定でしたが、職業にパティシエなんていう、尻の穴がむずむずするようなものが混じっているという情報を入手し、購入をやめました。そんな仕事をしているやつを見たことがない。

 リサイクル店をはしごして、わざわざ古い型のを買ったのですが、中古の悲しさで備品が全て揃っていません。しかたなく職業カードのいくつかを手作りしました。甥っ子に見せたところ、

手作り職業カード

 「なんのつもりなんだ」という厳しい評価で、おじさん人気だだ下がりです。おじさんも何でも買って済ませてきた現代っ子ですから、こういう手作りで遊びを豊かにするっていう、手先の器用さがないのです。

 さらに、ルーレットの回りが悪い。ルーレットの中の棒のようなものが、削れてしまって、がりがり、ごろごろして、すぐに止まってしまう。人生ゲームの肝の部分である、ルーレットがこのザマです。300円のジャンク品の底力を魅せつけられました。

 甥っ子次男坊(五歳になりました)は、このへっぽこ中古ぶりに嫌気がさしたのか、人生ゲームをボイコット、おじさんに背を向け、出来もしないのにDS版ファイアーエムブレムをプレイする反抗的な態度をとります。

 でも、どういう形にせよ、新品ではないけれど、欲しかった初代人生ゲームではないけれど、300円だけど、人生ゲームには代わりはないじゃないか。おじさんはやりたい。れっつ、人生ゲームです。

 甥っ子長男坊(八歳になりました)とたった2人で人生ゲーム。スタートしてすぐにぶつかるのは、職業コースの選択。ひとつは専門家コース、もうひとつはビジネスコースです。ビジネスコースを選ぶと、自動的に職業がサラリーマンになります。億万長者を目指す人のたどるコースではないですから、甥っ子にも専門コースを薦めました。職業を選ぶマスに止まると、職業につくことができるのです。医者、弁護士、建築家、タレント、先生、デザイナー、プログラマー、サラリーマンがある。どちらのコースにもサラリーマンがあるのは、専門家を夢見て、がんばったけど、なれなかった、タカラの社員の怨念じゃないでしょうか。

 そんなわけで、二人とも専門家コースを選択する。でもどういう訳か、二人して、どこの職業マスにも止まらず、「アルバイトとして社会に出る」ことになりました。おやおや、ゲームまでもそうなのですか。ちなみに、アルバイトの給料は「ルーレットを回し出た数の1000倍。ただし、8、9、10の時は給料なし」というものです。給料なしがあるのが、アルバイトという職業の厳しさです。ちなみに職業カードはありません。〈続く〉

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水曜日)

予約

 甥っ子から予約が入るようになりました。遊びに来る日に前もって電話をしてくるのです。「5時10分に行くから、ちゃんと家にいるように」と。ひきこもり名人クラスになると、外に出ろとは言われません、家にいるようにと、電話予約が入るのです。

 最近おじさんも巡礼などで、家にいないことがあります。甥っ子としたら「約束が違う」ということでしょう、家にいないおじさんは、おじさんとは言えない。生まれた時から、何するでもなく、お散歩する時以外は、ずっと家にいたのですから、急にそんなかってに外出されては困るのです。

 朝起きてから、眠るまで、どれだけ楽しく遊ぶか、という計画を立てて、子どもは生活をしているのです。「忙しい」「疲れた」は子どもに対して言ってはいけないNGワード。子どもは暇で、元気ですから、こんな言い訳は、意味そのものが通じないのです。遊びたくないと拒否するのと同じことですから、言ってはいけない。

 甥っ子のためにリサイクル店で中古の人生ゲーム(ジャンク品)を買いました。いくつかの備品が欠けているので、甥っ子が来るまでに、おじさんが手作りしておこうと思います。職業カードを作らないと。ちなみに私が買ったのは四代目の人生ゲーム、90年代のバブル景気を反映したやつです。しかし、これでは困るのです。自分が子供の頃に遊んでいいた初代と、手に入れた四代目とでは、何が違うか。

 初代では、決算で全財産を賭けて負けた人間が行く場所は「貧乏農場」です、それが四代目では「開拓地」と名称が変わっています、まあこれくらいは許せる。しかし「叔父がブタ箱に入れられて保釈金$5000はらう」と「叔父が借金をのこして死んだ$9,000はらう」のマスがなくなっている、これは困ります。どういうことですか! 人生の何たるかを教えるために、必須のマスをなくすとは……、これがないと人生ゲームの意味がない。初代復活希望、改悪反対、タカラに強く抗議します。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 大阪@フォロ 2011/10/16 (日)

2011年10月16日(日)
■ひきこもり名人を迎えて公開づら研

会 場 フォロ
時 間 14時〜
参 上 勝山実(名人)
参加費 1200円(NPO・支援会員1000円、保護者会員800円)
    ただし、ひきこもり御本人様はスペシャルプライス500円
    交流会:300円(一品持寄)
定 員 50人
主 催 NPO法人フォロ
連絡先 Tel 06-6946-1507
    infoあっとまーくforo.jp
※ 詳細チラシPDF

 ようやくにして実現する関西ツアーです。づら研という名称が、薄毛の人の生きづらさに対する配慮に欠けたものだと、タイトルの変更を申し出たのですが、主催者がこの名前に愛着があるとのことなので、私が折れました。日本第2の都市、大阪巡礼は是非とも実現たかったのです。ヅラに対する思いは胸にそっとしまっておこう。1時からバザー、終わった後も交流会ですから、丸一日フォロで過ごすことになりますね。

これからの、ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー
09/11 読書会@考える会
10/16  大阪@フォロ
10/29 静岡
11/26 千葉

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金曜日)

勝山さんは、1週間のうちにどの程度農作業をされているのでしょうか?

 勝山さんは、1週間のうちにどの程度農作業をされているのでしょうか? お答えしましょう。2時間です。1日ではなく、1週間で2時間です。あまりの少なさに驚かれたかたもいるかもしれませんから、説明をしておきましょう。

 私は作業所で、農作業をしています。だから、私以外にも作業をするメンバーはいくらでもいますから、私が何もしなくても、農作物が枯れることはなく、耕作から、種まき、収穫まで、かつちゃんが家でごろごろしていても、順調に進んでゆきます。

 みなさんは1週間にどれくらい映画をみますか? それと同じ感覚です。どちらかと言うと農作業そのものより、レビューに力を入れている。だから、ブログで頻繁に畑仕事について語っているわりには、ちっとも「仕事」はしていません。

 大好物は雑草を抜くこと。とても心癒されます。たまに畑に行って、伸びた雑草を嬉々として抜いているのです。あと害虫駆除ですね、テントウムシダマシを手作業でやっつけています。人間農薬なのです。

 私以外の農作業に熱心なメンバーは1日に4時間くらい、週に4〜5日ほど作業をしています。みんな働き者だねえ。私は完全な怠け者で、たまにしか畑にあらわれない幽霊部員のような存在です。そのくせブログに書き込むことに関しては、おそらく作業所で一番というか、たぶん私だけ。

 農作業をしながら、ブログに何を書こうかなあ、考えているのです。映画やテレビを見るかわりに、畑に行って、考えるヒントのようなものをもらってくるのですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木曜日)

夏休み延長線

 9/1いよいよ、ひきこもりプレイボールですね。夏休むふりを出来た季節も、もう終わりです。でも、台風も来てますし、原発事故も収束してません。堂々と胸をはって、屋内退避しようじゃありませんか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »