« 週刊朝日にインタビュー | トップページ | ひきこもりに関する実態調査 »

2011年9月29日 (木曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 哲学カフェ@ラバンデリア 2011/10/07(金)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in  哲学カフェ@ラバンデリア
2011/10/07(金)

■哲学カフェ

会 場 Cafe★Lavanderia(ラバンデリア)
時 間 19:00〜
参 上 勝山実(名人)
参加費 カフェなのでワンドリンク注文してね。400円あればビールが飲める。
定 員 20人くらいかな
主 催 哲学カフェ
連絡先 Café★Lavandería ←プリントアウト推奨。

 ばーん。働かない哲学カフェに参上します。詳しく何をするかは自分にもよく分からないのですが、がんばります。9/9の哲学カフェに行った時は「ビート」についての話をしてました。ビートもしくは、ビートニク、なんだか分かりますか。ひと通り話を聞いて自分なりに解釈すると、活動量の多いひきこもりということになるのですが、どうでしょう。『路上』という小説を書いた、ジャック・ケルアックが一番の有名人。しかし、路上は翻訳したものではなく、原文、つまり英語で書かれたものを読まないと、なにがいったいビートなのか、その面白さが、よくよくは分からないそうです。それは困りますのう。

 普段は、『働かない』トム・ルッツの本をテキストに、哲学カフェをやっていると聞いております。3200円+税という大変高価な本です。みなさんは持っていないでしょう、私は持っています。何もしない、のプロが読む書籍といえましょう。ジャーナリストが書いた本ですが、その著者の息子が、何もせずリビングに寝っ転がってテレビを見ているという、我々側の人間なので、ダディーである著者の働かない人に対する眼差しが温かいです。分厚い本なので、図書館で借りて読み通すのも辛いので、安い古本をゲットして読みたい一冊です。

 9/19、さよなら原発デモに参加しました。その時、鶴見済さんにあって『安心ひきこもりライフ』を献本しました。そして、鶴見さんはこうおっしゃいました「哲学カフェいきますよ」と。だから、今度の哲学カフェは楽しみだ、私が楽しみだ。いつもはおしゃれで、ひきこもりには敷居の高いお店ですが、この日は私がいますので、ユニクロをベースとした、首のところがびろーんとなったTシャツでの入場も楽々ですぞ。社会見学にぴったり。場所が、わかりにくいので、地図をプリントアウトしてもってくれば万全。では、哲学カフェでお逢いしましょう。

チラシ


これからの、ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー

10/07 東京新宿 哲学カフェ@Cafe★Lavanderia
10/16  大阪@フォロ
10/29 静岡 Liveral(リベラル)
11/26 千葉 休もう会

終了した巡礼ツアー

|

« 週刊朝日にインタビュー | トップページ | ひきこもりに関する実態調査 »

コメント

明日の哲学カフェ行きたかったな。今事情があって新宿まで行けないんです。巡礼ツアー、多摩市での開催予定はないのですか?ぜひお会いして似た人間がここでも生き延びていたこと伝えたいです!

投稿: とも | 2011年10月 6日 (木曜日) 23時03分

哲学カフェは大入りでした。そのぶん一人ひとりに充分なおもてなしが
できなかったのが心残りです。多摩市でもお呼びがかかれはやりたいと思っていますぞ。

投稿: 勝山実 | 2011年10月 8日 (土曜日) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/52856707

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー in 哲学カフェ@ラバンデリア 2011/10/07(金):

« 週刊朝日にインタビュー | トップページ | ひきこもりに関する実態調査 »