« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火曜日)

楽しんでいただけたでしょうか in 姫路&大阪

 姫路・大阪弾丸巡礼徘徊ツアー、楽しんでいただけたでしょうか。お忙しいなか参加してくれた十大弟子の皆さんありがとう、そしてお疲れ様でした。

 関西は、ナニワ金融道のようなところ想像していましたが、そんなことはなく、なんとも雰囲気のいい街でした。食べ物も安くておいしい。本発売したら改めて上洛したい。

 台風のせいで、姫路城の瓦が落ちて、姫路城天守閣がお休みなのが残念でした。日本一美しいと言われる姫路城は工事中で、外見はこんなのです。

画像

 書くことはもっとあるのですが、深夜高速バスに9時間も乗って疲れたうえ、足がつってしまったので、とりあえずこれで勘弁してください。続きはまたあとで書くよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木曜日)

変化は木のスピード

 この期に及んでなお御用学者はキープ・オン・大学教授でいたいのです。東電の会長も保安委員も安全委員も、原発を擁護したいというよりは、社会的地位を維持したいのです。ザ・保身術ですよ。守るもののない私から見ると、奇特な意見で原発を擁護する姿は理解しがたいものがあります。

 でもようやく変化してきました。ちょろちょろと反原発派の人がインターネット以外の場所に出てきてるじゃないですか。小出裕章と後藤政志は、そのなかでも特に私の大好物です。人の心とか、考え方は、木の成長と同じくらいのスピードで変わるもの。いきなり違う考えの人間になることはなく、じわじわと変わっていくものです。

 私はもともと反原発よりの考えの持ち主ですから、今は得意の屋内退避で後方支援。ひきこもり御用達、節電タップの出番でござる。

画像

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日曜日)

姫路城・大阪城 ひきこもり徘徊ツアー

 5/29(日)には姫路城を、5/30(月)には大阪城を、徘徊するつもりです。どうです、一緒に徘徊しませんか。学校にも行かず、働きもせず、ひたすら古いお城をうろつくのです。

 姫路城はワークショップか終わったあとの夕方4時半くらいに、大阪城は翌日の昼の1時半くらいに行く予定です。オフ会というほどしっかりしたものではなく、ブックオフ店内をうろつく感じで、お城を徘徊します。疲れたらマクドナルドにでも入りましょう。遅刻早退ばっくれありの、ひきこもりお城巡りツアー、参加したいという人がいたら、メールをくださいな。あとあと待ち合わ場所と時間決めて、メールで送ります。もちろん何の連絡もなしに当日来てもらってもかまいません。

画像

 ※注1 お城徘徊ツアーのメールでの申し込みは土曜日5/28日のお昼ごろでいったん締め切ります。その後で、参加したいと思った人は、直接現地でいかにも、ひきこもっていそうな中年男子を探してください。ヒントとしてツイッターでつぶやく予定です。

 ※注2 無事に終了しました。さんきゅう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金曜日)

なぜ戸塚ヨットスクールは、ヨットレースの選手を育てないのか?

 なぜ戸塚ヨットスクールは、ヨットレースの選手を育てないのか。なぜヨットと関係のない、登校拒否児を相手にスパルタ教育をしているのか。ヨットスクールなのだから、本来ならオリンピックで優勝できるようなヨットレースの選手を育成する場所なのに、やっていることは登校拒否を治すための拷問です。

 キチガイ校長の戸塚宏は太平洋横断レースで優勝した経験者。学校にはヨットレース選手が集まってもよさそうだ。でもそうならないのは、戸塚宏のヨットレースの勝因が「我慢」にあるからだ。ただ、ひたすら我慢でレースを制止てきたのだ。

 船体を軽くするために食料を減らす、時間のロスを減らすために睡眠時間を減らす、食料は乾燥したものをそのままカジって調理時間を減らす。こういった、ヨットの技術以外の部分の部分で勝っていたのです。うわあ、かっこわりい。

 太平洋横断、我慢のヨットレース。ヨットの洗練されたイメージも台なしにする、土着野郎なのです。ヨットにロマンはいらんとばかりに、ひたすら人間の生理現象を削ることによってタイムを縮めていった。だから、世界一周レースで、戸塚宏の出番はない。あと戸塚は一回遭難して死にかけたこともある。技術や判断力は劣っているが、生理現象を我慢するというド根性で、世界の名だたるヨットマンたちを負かしてきたのです。

 こんなやつに教わることは何もない。まともなヨットマンならそう思うはずです。案の定、選手は集まらず、気づけば親が子どもをお金と引き換えに捨てる所となっていたのです。こんなひどいところを支援しているのが、東京都知事の石原チン太郎です。がっかりだねえ。

写真

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアーin姫路  2011/05/29/日

2011年05月29日(日) 公演終了
第10回特定非営利活動法人日本フェミニストカウンセリング学会 全国大会in 姫路
ワークショップ 「ひきこもりをどうとらえるか? 当事者から学ぶ」

会 場 イーグレ姫路
時 間 13:30〜16:00
発題者 勝山実(名人)/斎藤/佐伯/伊藤
参加費 3000円 *当日申し込みもOK!
定 員 ?人
主 催 日本フェミニストカウンセリング学会
連絡先 http://bit.ly/isYKvr
    *詳細PDF

より大きな地図で ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー を表示

 おやおや、本も出ないのに巡礼ツアーは再開です。さすがに5月になる頃には、新しい出版社から本が出ているだろうという読みで、キャンセルせずに残しておいた関西ツアー。丸腰でいくことになりました。ワークショップ、発題者四人の中の一人として登場です。お前フェミニストと何の関係もないじゃないか、そういうツッコミはなしにしてくださいね。


終了した巡礼ツアー
2010/12/11 東京都 調布市 西部公民館
2011/01/16 東京都北区 岸町ふれあい館 
01/20 神奈川県川崎市 黒川青少年野外活動センター
01/23 神奈川県 横浜市保土ヶ谷区 星川地域ケアプラザ
01/29.30 千葉県 南房総市富浦 民宿「ぜんべい」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木曜日)

一箱古本市とコミティア

 今更ですが、ゴールデンウィークの話。5/3(火・祭)は一箱古本市に出店しました。昨年はお客として来て、文化的で活気があるイベントに感銘を受けた。zine同様、作る側、売る側になれば、もっと楽しめるはず、それにひきこもりブッダ巡礼ツアーの一環として自分の本も売れば、一石二鳥じゃないですか。

 そんな目論見でしたが、まず5月の時点で本が出るかめどがたたない。だから純粋な古本屋さんになった。本は出ないが書き直す作業があるから、古本なんかにかまっている暇なんてない。出店前はあーしよー、こーしよー、といろいろ考えていましたが結局最低限の準備での参加です。

 100冊持っていって、売れたのは26冊。10750円の売上。途中で雨も降ってきたし、店主として積極的な接客はしなかったので、ほろ苦い売り上げでした。でも、そんななか慈悲の心で買いに来てくれた十大弟子のみなさん、ありがとう。

 *

 続いて、5/5(木・祭)、コミティアに行ってきました。東京ビッグサイトでおこなわれたマンガ同人誌の発売会です。コミティアはパロディ作品&コスプレ禁止なので、クリエイティブなはずです。しかし勝山おじさんから見えるのは、ヤング向けアニメ絵のマンガばかりでした。戦場に女性パイロットがいることに違和感を覚えるガンダム世代です。髭をはやしたベテランの中年パイロットがいないと落ち着きません。女の子ばかりで、ちっともランバラルがいないのです。

 私にとってコミティアは、「夕タン詣」です。夕タン先生の描く、よっちシリーズが私が唯一新刊で購入するマンガです。購入といいましたが、新刊は無料という、夕タンズシステムなので、もらうのです。新作・よっちの基盤整備と、2011年というポエム&イラストを手に入れました。ポエムが泣かせます。新作よっちには、まっちゃんが久しぶりに登場しますよ。こんなに面白いのに、静かなブームキープしている、夕タン先生にはじーんとくる。

画像

 下の写真はコミティア「とり部」で見つけた、ハシビロコウの人形。グレイト、ただし非売品です。

画像

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日曜日)

ベーシックインカムの院内集会

 4月27日(水)に参議院会館でおこなわれたベーシックインカムの院内集会に行ってきました。でも、寝坊した私が到着したのは終了10分前くらい、ほとんど終りの時間でした。まさに天下の怠け者。「なんでこんな働かない奴にまで、お金をあげなきゃいけないんだ」、というベーシックインカム批判の王道のど真ん中に自分が位置していることを、恥じております。

 ほとんどの人が、働かない奴は生きる価値がない、そういう世の中しか知らない。学校に行っていない、会社に行っていないだけで人間扱いされない、そういう社会の中でずっと生きてきた。

 だから本来なら、ベーシックインカムを必要としている、ひきこもりや貧しい人の中にも、「反ベーシッククインカム派」がいるのです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木曜日)

嘘つき

 おじさんが嘘をつくと、甥っ子も嘘つきになっていまうので、嘘をつかないように心がけています。教育とは、お手本のこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日曜日)

一箱古本市 5月3日(祝・火) 勝山商事出店

一箱古本市
《不忍ブックストリート 第12回 一箱古本市》
2011年5月3日(祝・火)
午前11時~午後4時【雨天決行】

 ダンボールに古本を百冊つめて、勝山商事出店です。ひきこもりブッダツアーの一環としてこのイベントに参加する予定でしたが、まだ本は出来てないので、純粋な古本屋さんとして参上します。一人で百冊も出すのは無理なので、編集者の伊藤さんに手伝ってもらい、私が70冊、伊藤さんが30冊出品します。

 私の小さな本棚ともいうべき、愛着ある本ばかりです。でも、結局売るのだから、愛着がなくなった本ばかりとも言えます。そのな微妙な乙女を守りたい男子の心理がつまった一箱です。値段のつけかたも気を配りました。あんまり安くすると転売目的にせどりされてしまう、かといって売れないのは寂しい。アマゾンのマーケットプレイスを参考に値付けしました。 

 おっくうでなければ、ぜひいらしてください。ひきこもりならではの品揃えといいたいところですが、いたって平凡なノンジャンル本ばかりです。お恥ずかしい。初出店ですので、これが精一杯です。文京区立特別養護老人ホーム千駄木の郷という老人ホームの軒下に出店します。売れ残った、love寂聴もどさくさまぎれに売りますよ。
http://bit.ly/lgBpxP

 

大きな地図で見る

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »