« 本を紹介 俺書評 | トップページ | 基礎英語1 »

2011年4月20日 (水曜日)

精神論

 ひとつになろう日本とか、何もしないジジイが押しつけてくる精神論なんていらない。東北人の助け合いの精神を、いつまでも頼みにしていてはキビしい。がんばるとか、精一杯の努力とか、そんなのいらない。福島県民にベーシック・インカムを。

 まずは、生活の保障。生活が保障されれば、避難も できるし、仕事も探せる。パニックになる理由がなくなる。住んでいる土地を離れることができる。節電で、放射能はなくならない。

|

« 本を紹介 俺書評 | トップページ | 基礎英語1 »

コメント

被災地に入って支援活動をしている芸能人や運動屋には頭が下がりますが、ただ、そのほとんどが被災者に対して「頑張れ!」と声を掛けているのが気になります。
こういう輩に限って大抵は保守派・右派だったりするんですよね(個人的見解)。
特に石原軍団(笑)。
保守的論調の『週刊ポスト』でさえ、「“がんばって”と言うな!」と釘を刺しているというのに…。

投稿: 実務経験なし子 | 2011年4月21日 (木曜日) 17時56分

原発事故なんて、気合じゃ乗り越えられないから、
継続的な生活保障が必要ですよ。

投稿: 勝山実 | 2011年4月22日 (金曜日) 20時44分

ベーシッック・インカム…言葉だけが独り歩きしてしまってまったく実態がないのが実情ですね。どうにかしてほしいところです…。むしろ反対の方向に動き出しているような気さえします。

というわけで、私も被災地の人に比べればましだと言わざる負えませんが将来に対する不安が尽きません。

「がんばれ」これは、私の一番嫌いな言葉です。この言葉をかけられたとき、場合によっては殺意さえ湧くことがあります。

投稿: 田村 | 2011年4月23日 (土曜日) 03時17分

「がんばろう日本」、「つながろう日本」、果たして被災者の人達にこの言葉は響いているのでしょうか?抽象的で何一つ解決しそうもない言葉、虚しい響きです。勝山さんの言う通り、金ですよね。金が無ければ何もできない。政府は手渡しで月10万でも渡すべきです。

投稿: 次郎 | 2011年4月23日 (土曜日) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/51444938

この記事へのトラックバック一覧です: 精神論:

« 本を紹介 俺書評 | トップページ | 基礎英語1 »