« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月27日 (水曜日)

ゴリゴリ反原発デモ

 4/24(日) 芝公園大規模デモ!に行ってきました。高円寺のデモとは一味違う、クラシックな反原発デモです。福島原発事故が起こる25年前から、立ち上がったゴリゴリの反原発派の人たちのためのデモ。芝公園こそ、脱原発の聖地です。

 年齢層は高く、音楽を流すこともないので、静かです。ぼっち参加にはこちらのほうが適しているかもしれない。もっと政治色の強いデモかと思っていましたが、にわか反原発派がほとんどでしょう。チェルノブイリからひたすら反対してきた人は全体の一割もいないとみた。

 デモは東電本社に、嫌がらせの抗議をするという主旨です。それならばと、「副社長の声が小さい」「副社長の目が生意気だ」「副社長にはコミュニケーションスキルがなさすぎる」「副社長はどうやって就職の面接を通過できたんだ」「副社長とはわかり合える」とシュプレヒコールを浴びせてやりましたよ。せいせいした。途中でデモには飽きたので、缶チューハイを飲み、柿の種を食べながらの抗議です。東電の副社長があんなのですから、こちらがまともに抗議する必要もない。花見気分でデモ行進しました。なんか、二回目にしてデモのコツをつかんだような気がする。ひきこもりの社会見学でした。

画像

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日曜日)

基礎英語1

 Hi! I'm Hikikomiri MEIZIN. I'm from Japan. こんな具合にNHKラジオの基礎英語1を始めました。中一レベルです。忘れた英語をすべて思い出そうと一からやり直しです。

 オランダに行きたい。自由な国オランダ。移民をうけいれ、安楽死も大麻も売春もあり。何ごとにも寛容なのですよ。これでは、犯罪だらけで国がだめになってしまうと考えがちだが、実際はこれでうまくいっている。素晴らしい、ぜひ一度オランダを体験してみたい。オランダに行こう、オランダ語を勉強しよう、そう思ったのです。

 風車、チューリップ、ゴッホ、大麻とオランダはヨーロッパ有数の観光地。さらに移民を多く受け入れているというお国柄なので、オランダ語を話せない外国人になれているというか、外国人がオランダ語を話すことをまったく期待していない。ゆえに親切なオランダ人ほど、英語で話しかけてくるそうです。

 オランダ人とコミュニケーションをとるには、オランダ語より英語。そういう結論になり、基礎英語からやり直しているのです。私個人としては、外国に避難するならオランダが一押しです。See you tomorrow!!

画像

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水曜日)

精神論

 ひとつになろう日本とか、何もしないジジイが押しつけてくる精神論なんていらない。東北人の助け合いの精神を、いつまでも頼みにしていてはキビしい。がんばるとか、精一杯の努力とか、そんなのいらない。福島県民にベーシック・インカムを。

 まずは、生活の保障。生活が保障されれば、避難も できるし、仕事も探せる。パニックになる理由がなくなる。住んでいる土地を離れることができる。節電で、放射能はなくならない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日曜日)

本を紹介 俺書評

 超ウルトラ原発子ども

画像

 ばーん。ゴリゴリの反原発読本が20年の時を経て、重版されます。著者の伊藤書佳さんは、私の本の編集者です。不安を煽るな! そんな言葉は通用しません。チェルノブイリ、内部被爆、石棺、鉛、コンクリート、槌田敦、と不安を煽る言葉しか載っていません。日本一わかりやすい原発の本としてロングセラー、すでに1万部ほど売っているそうです。

 大丈夫、落ち着けと言っている大学教授など敵うわけもありません。16歳の時から反原発運動を開始したゴリゴリの反原発派です。「何をちょこざいな、片腹痛いわい」。原発事故はおさまる気配もなく、一ヶ月以上が経ちます。「いよいよ、わしの出番じゃな」、そう言わんばかりに大増刷です。

 高円寺の反原発デモに1万5千人集まりましたが、その程度では太刀打ちできません。「何をちょこざいな、片腹痛いわい」、16歳の時から反原発運動を開始したゴリゴリの反原発派です。「チェルノブイリの時は日比谷公園に2万人集まったわい、、署名は三五〇万人分集まったわい、がっはっはっ」。チェルノブイリ経由、東海村育ちの反原発派にとって、我々のような現代人の行動など、赤子のようなもの。「いよいよ、わしの出番じゃな。よし、わしが原発について教えてやろう」、そう言わんばかりに、大増刷です。みなさんも観念して読んでくださいね。

 かわいい手紙

画像

 ばーん。有隣堂やブックファーストで平積みになっているのを目撃したから、流行っているに違いありません。著者のLUCYさんは、私の本のデザイナーだった人です。出版社が変わったため、幻のデザイナーとなってしまいました。エース松坂大輔に、交代を告げる監督のような心境です。エースと心中できないくてどうするんだ、エースのプライドを傷つけるなんて監督の資格がない。さながらダメ監督です。

 ボールペン字講座でも矯正できない汚い字で、憎たらしい手紙ばかり書いていませんか。治りません、その汚い字は。でも、ワードで書いて、インクジェットで印刷した手紙の寒々しさには、目をそむけたくなります。そんな悲惨な手紙業界を見て、「いよいよ、わしの出番じゃな」とシャイなLUCYが立ち上がったのです。

 しゃらくさい店で買ったレターセットが泣いている。「ええい、わしの言う通りにせい」と紙にこだわり、コピー機を使ってかわいい手紙を作る「わしのやり方」を丁寧に伝授してくれます。純日本人なのに、ヨーロッパ風な乙女の感じを出していくのです。「わしの手紙よ、もっとポップになれい! もっと乙女感出せい!!」、そんなLUCYの新刊です。みなさん、読んでくださいね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金曜日)

本が出るぞー

 ひきこもり経典であるところの、安心ひきこもりライフの出版が、再び決まりました。今度こそ出るはずです。もっと前に決定していたのですが、何かあるかもしれないと、しばらく自重し、心に秘めていたら、地震やら、津波やら、原発事故と起こってしまい、こんな時にひきこもりの本なんか出せるのか、いやいや、ひきこもりの本を出すのに好ましい時期なんてありはしないのだから関係ない。そんな自問自答をして過ごしていました。

 いろいろな人にお世話になりました。いろいろな人にご迷惑をおかけしました。ひきこもりブッダ巡礼ツアーも復活します。みなさん、名人が巡礼しますよ。北海道から沖縄まで、営業三昧で練り歩くつもりです。まだ、いつ発売になるかは決まっていませんが、決まりしだいお知らせいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火曜日)

ぼっち軍団

 4月10日、高円寺でおこなわれた「原発やめろデモ!!!!!!」に行ってきました。ひきこもりには敷居の高い、デモに参加です。以前、メーデーのデモに馳せ参じたときには、今ひとつ勇気が出ず、配っているチラシ一枚もらうだけで精一杯。しかも、雨宮処凛だと信じていた人が、ゴシック・アンド・ロリータの服を着ているただの人、と家に帰ってから気付き、ショックを受けました。ほろ苦いメモリーです。

 私は今回、友人と待ち合わせをして行きましたが、基本的にひきこもりは単独行動です。ゆえにデモというのは難しい。デモの醍醐味っていうのはさ、現地に行って偶然知り合いにあうこと。顔のひろい人が楽しめるようにできています。集合場所で知り合いを見つけ、楽しそうに話をしている、……なのにひきこもりの自分だけワンマン参加、ぽつねんとダンマリを決め込む。ゴリゴリの反原発で来たのに、心がこじれて反反原発になってしまう人も多いと聞きます。

 ひきこもりとデモ。この二つの間を裂いてしまう、ぼっち問題です。ちくしょー、自分はただ黙って歩いているだけなのに、周りの連中はおしゃべりして、音楽にあわせて踊ったりして、楽しそうじゃねえか。学校やバイト先だけじゃなく、デモでも一人ぼっちかよと、すねてしまうのです。

 ひきこもりにとって、いやほろ苦い人生を送っているすべての男子にとって、デモは苦行なのです。我々は苦行僧なのです。「原発やめろ!」というのはシュプレヒコールではありません、あれは御念仏なのです。極楽浄土へといざなう、ひきこもり念仏です。原発やめろ!  と一回言うたびに、レンタルお姉さんが一人死ぬのです。

 デモが楽しいなんて嘘です。サッカーに興味がないのに、浦和レッズサポーター席のど真ん中に陣取ってしまったようなものです。業ですよ、ひきこもりの。我々の人生はそう出来ているのです、高円寺で悟りました。あの尊いお方からの試練なのだなと。そう思うと四時間歩いていても、心の安らぎをキープできます。徳をつんでいるという手応えがあります。

 ゴールの駅前の広場にいくと、いろいろな有名人がいました。私の尊敬する鶴見済さんもいました、如来に相当しますね。あと本物の、ゴスロリの服を着たただの人ではない、雨宮処凛さんもいました。素人の乱の松本哉さんとか、だめ連の神長さんとかペペさんもいました。普段見ることのできない、有名な文化人を生で見れるのもデモの楽しみです。一人で参加したときなどは特に、自分の好きな有名人の近くでうろうろすることをお薦めします。同じことを考えている、「ぼっち軍団」が必ずいます。心、響き合う。工夫をして、デモに参加しよう。でないと、ひきこもりの場合、心がイジケてだめになってしまいますから。

写真

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金曜日)

雨天中止

 完全自宅待機を実行中です。放射線物質から身を守るぞと、はりきって家にこもっていましたが、ずっと家にいると、どんよりとした気分になる。だから時々おもいきって、よしっ、いっちょ被爆するぞと、ぶらりと家の周りを徘徊する。

 放射物質は雨と一緒に空から落ちてくる、そして土に浸み込み、それを野菜が吸収して濃縮して、それを食べた人間が吸収して濃縮してって、なんてことを考えるとお百姓する気にならない。農薬を使わない日本の野菜より、農薬使った外国の輸入野菜のほうが安全じゃないか。

 放射能について考えていると、ストレスがたまってくる。どちらも健康に悪い。ほどほどに考えて、ほどほどに対処する。とにかく、「雨」。雨に濡れないようにするというのが、原発放射線物質ダダ漏れ状態の日本で、必ずやるべきことでしょう。雨に濡れない、これだけでいい。仕事も学校も何もかも雨天中止です。

 雨天中止を子供に理解させるのが難しい。放射能って臭いも色も形も、熱いとか冷たいとか、風が吹くとか、甘い辛いとか、なんら人間にヒントをくれないじゃないですか。5年後10年後、癌で死ぬ確立が上がる、特に子供がっていう。子供を怖がらせてもいけないが、子供を危険にさらしたくもない、でも子供がじっと家の中でおとなしくしているなんてありえない。

 甥っ子には、遊戯王のカードをばんばん買って、部屋の中で遊ばせようという計画を立てています。小学校では、ポケモンカードより遊戯王なんだって。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月曜日)

大丈夫くん

 ひきこもって20周年、私の心のなかにはいつだって希望と夢に満ちた「大丈夫くん」が住んでいます。将来どうするんだ、親が死んだらどうするんだと脅されても、大丈夫くんにはかないません。キープ・オン・ひきこもりです。

 でも心のなかに「現実くん」もいるわけです。わしは現実逃避せんぞ、孤軍奮闘している現実くんがいる。彼がいろいろ精神薬について調べたり、福祉制度、年金、生活保護について徹底的に調べ上げ、研究しているわけです。原発事故であるところの最悪の事態というのを考えて、日々過ごしているのです。

 大丈夫くんは、いつだって願望だけで生きています。だったらいいな、これ一本です。外に出ないで稼げたらいいな、営業みたな仕事はしたくない、そんな願望を握りしめて、アフィリエイトやネット古書店を始めるのです。起業家です。時が経ち、大丈夫くんは挫折し、絶望する。もうお終いだと嘆く。

 「やはり、わしの睨んだ通りだったわい」、現実くんの登場です。ほうれ見たことか。お前の言う、夢や希望ってさ、たんなる不安と怖れの裏返しじゃねえか、と厳しく問い詰めます。松本清張ミステリーに出てくる刑事の取調べと同じ。大丈夫くんを自白させ、反省させるのです。

 しかし大丈夫くんはネバー・ギブアップです。へこたれへん。だから何度でもチャレンジをしては、つまづいて倒れます。大丈夫くんは、これから起こってほしい最高の状態を空想して生きますから、いつもがっかりと無念で過ごします。現実くんは悔しそうにそれを眺めているのですが、どうすることもできません。大丈夫くんと現実くんとのバランスが、ひきこもり具合とひきこもり期間をきめるのです。

画像

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金曜日)

安心プルトニウム物語


 原発推進派の底力。これは、キてるぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »