« 寝正月 | トップページ | ひきこもりブッダ全国巡礼ツアーin川崎 2011/01/20/木 »

2011年1月 5日 (水曜日)

「ひきこもりケア 民間の資格講座」という記事について

 新年一発目に、嫌なニュース記事の話題を。いや、これは記事なのだろうか、四角で囲まれているところをみると、記事風の広告なのかなとも思う。1/4の朝日新聞の二面の小さなもの。

 「家庭訪問支援士」という民間資格を作ったという。前にKHJ親の会が不登校訪問専門員という民間資格を作ったが、それと値段もやり方もほとんど同じ、試験なし、投げっぱなしの通信教育です。

 やっている団体が、育て上げネット。タメ塾の息子のやっているNPOです。若いくせに、いばってる野郎の団体が、家庭訪問支援士の養成講座を始めた。タメ塾といえば、力づくで施設につれていき収容するところですよ。何をか言わんや。

 値段は3万1500円。テキストとDVDをみてレポートを書いて一定水準以上なら合格という、金で資格を買うシステムです。

 この資格を取ったところで、就職に有利になることは何もない。民間資格というよりは、タメ塾認定資格です。タメ塾の息子に認められて、得るものなんてないですよ。むしろ就職先がせばまるだけさ。悪徳ひきこもりビジネスに認定します。

画像

|

« 寝正月 | トップページ | ひきこもりブッダ全国巡礼ツアーin川崎 2011/01/20/木 »

コメント

阿漕な商売ですね。資格の剥奪も恣意的にできてしまいそうだし。
子分を増やしてのし上がるつもりなんでしょうか。ああ、嫌だ嫌だ…

投稿: KANZO | 2011年1月 6日 (木曜日) 07時37分

まるで貧困ビジネスですね。日本の社会システムを根本的に変えないと(革命とか)ひきこもり問題は無くならないと思います。

投稿: ほし | 2011年1月 6日 (木曜日) 09時47分

合格不合格をあいつが決めるのかと思うと
それだけで不愉快な資格ですよ。

貧乏人同士で、お金の奪い合いをしているのですから
悲惨ですなあ。

投稿: 勝山実 | 2011年1月 6日 (木曜日) 21時56分

弱いもの達が夕暮れ さらに弱い者を叩く
その音が響きわたれば ブルースが加速していく
見えない自由がほしくて
見えない銃を撃ちまくる
本当の声を聞かせておくれよ

THE BLUE HEARTSの、「TRAIN-TRAIN」の一節を
なぜか思い出しましたよ兄さん…。

悪辣な猿どもはむしろ放置プレイにしちゃって、
兄さんは今年は、日本全国津々浦々を、見えない列車で
走り狂っちゃってくだいな!

投稿: ヨハネ13 | 2011年1月 7日 (金曜日) 04時03分

こういう資格っていっぱいあるんだろうなぁ・・・。

大学で「何か資格をとらなきゃ」とか
思って血迷ってこういう資格を取ってしまう
んだろうか?

それとも、社会人が「ひきこもりをたすけたい」とか思ってこういう資格を取るんだろうか。。。

投稿: 田村 | 2011年1月11日 (火曜日) 22時25分

この資格をとるのは、ひきこもりですよ。
この資格をとったら就職できるんじゃないかと騙されているのです。

投稿: 勝山実 | 2011年1月12日 (水曜日) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/50495687

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひきこもりケア 民間の資格講座」という記事について:

« 寝正月 | トップページ | ひきこもりブッダ全国巡礼ツアーin川崎 2011/01/20/木 »