« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月曜日)

楽しんでいただけたでしょうかin富浦

 一泊二日ネモネット合宿、千葉県は南房総市富浦と、遙か遠くに来たもんです。講演会と言っても今回は前座なので、スタイルを変えおとなしくやってみました。うけようとして過激なトークに走りがちでしたが、今まで反応がよくないという反省から、語り口をやわらかくしてみました。どうでしょう、いかがなものでしょうか、楽しんでいただけたでしょうか。

 民宿では私だけ、一人ひきこもり部屋を用意してもらうという、VIP待遇に、ひどく感激しました。スバラシイ。公演、よもやまトーク、夜中のサッカー観戦に、ゲームと盛りだくさんの合同合宿でした。よくできた、学校にいかず、修学旅行も林間学校も知らない人のためにふさわしい、交流合宿会だなあと思いました。

 翌日は昼にカレーを食べた後、神保町のミニコミフリマに行く。1時からなのに、ついたのは4時半。love寂聴もあまり売れませんでした。結構、あまっちゃったなーということで、2/5の考える会に持っていこうと思います。通販は今のところは考えていません。なぜなら面倒くさいからさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木曜日)

第二回神保町ミニコミフリマ

 1月30日(日)の13時から18時まで第二回神保町ミニコミフリマが開催されます。勝山商事もlove寂聴4号をこの日の為に製作し、参加する予定です。ただ当日はひきこもりブッダ巡礼ツアーで千葉県の富浦にお昼頃までいますから、神保町に着くのは15時くらいになりそうです。遅刻しますが、必ず行きますのでよろしくお願いします。

 love寂聴は、煩悩の数だけ(つまり108冊)発行する、売り切れたら成仏という仕様になっています。ミニコミフリマがいい供養の場になることを願いつつ、神保町でお逢いましょう。

画像







第二回神保町ミニコミフリマ ●日時:1月30日(日) 13時から18時まで
●入場料:来場者:500円/出店料:1500円 /※ともにドリンクサービス 
●会場:漫画喫茶『漫楽園』 千代田区神田神保町1-19 すずらん通り ポニービル2F
           http://manrakuen.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火曜日)

楽しんでいただけたでしょうかin横浜

 ひきこもり当事者の参加が多かった、ご当地横浜講演会、楽しんでいただけたでしょうか。そこそこの出来であったと思っています。そこそこ、これこそが私のテーマです。今週は三回も講演会をした、ひきこもりじゃなくて「出たがり」なんじゃないかと、自分でも思うところがあるのですが……それはそれ。今週の土曜日にもさらに千葉県は富浦に行きひきこもり合宿講演をおこないます。これでひきこもりブッダ巡礼ツアー、ファーストシーズンは終了。

 そもそも出版記念、販売促進の巡礼ツアーなのに本が出てない、出せないという、ぼっさりとした状況を変えるべく、努力しています。畑をたがやし、種を蒔く。お百姓さんに出来るのはそれだけ。収穫を決めるのは、お天道さまなのです。ニンニン。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金曜日)

楽しんでいただけたでしょうかin川崎

 調布、北区王子と調子よくこなして来た講演会ですが、ホームであるはずの川崎でひとつ躓いたかなという感じです。会場の黒川青少年野外活動センターに、20人くらい! と結構な人数が集まってくれました。まったりと雑談と愚痴をこぼすだけのつもりだったのですが、予想外の人数にすっかり気をよくした名人は、講演会みたいな感じでやろうと、急遽ネタもないのに、大勢相手に話を始めました。

 しんしんとして、空調の音が聞こえます。準備が大切、そのことが身に染みました。ほろ苦いメモリーとともに、ぐんと成長しました。

 講演スタイルは途中でやめて、後は来たいただいた皆さんに自己紹介してもらって、私が話を聞くという、おんぶにだっこ、心の交流・慈悲の会として3時間ほどやらしていただきました。

 本が出版されたあかつきには、もう一度行きたい。黒川青少年野外活動センターというところは穴場で、ひきこもりアルカイダ活動センターとして活用できるんじゃないかと思いました。宿泊もできるし、焚き火も出来る、スバラシイ。

画像

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水曜日)

ベストのカミソリ

 カミソリは何枚刃がベストか。永遠のテーマでしょ。枚数が増えるほど、値段が高くなるから、五枚刃がいいということにはならない。安くてよく剃れる、そのバランスが大切なのです。貝印の三枚刃を使っていたのですが、新製品が出たことにより、替刃が店頭で手に入らなくなった。これを機会に別の会社の、ヒゲ剃りにするつもりだが、どれがよいのか。

 五枚刃だとひとつ交換するたびに250円くらいかかる。高い。でも三枚場にしても、たいして安くならないんだ。二枚刃にすればぐんと安くなるが、剃り味がよくない、なめらかさがなく、ごりっとする。電気カミソリでいいのだが、刃が直接肌に当たっていないのだから、どうしたってそれなりの深剃りしか出来ない。

 男子のベストのカミソリは何か、というテーマには正解がない。どれを使っていても、もっと剃り味のいいのがあるんじゃないか、つるつるに剃れるのがあるんじゃないかという気持ちから逃れなれない。深剃り、つるつる、なめらか、これぞ男子のあこがれ。それを手頃なお値段で、そんな理想を求めて薬局で吟味するのです。ちなみに今回はこれにしましたよ。

画像

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火曜日)

楽しんでいただけたでしょうかin東京都北区

 1/16土、当事者が語る”ひきこもる”ということ、と題しての巡礼ツアー第二弾、いかがだっでしょうか。本が出ないのに出版記念&先行発売イベントをする勇者は世界で私くらいじゃないでしょうかね。

 入場料が千円(ひきこもり当事者は五百円)と高かったわりには結構人が集まってくれました。80人くらいはいたはず、皆様の慈悲に感謝します。反省点としては、話す方も、聞く方も集中力の限界は2時間だなあということ、映画もそれくらいでしょ。特に私はコメディアンですから、1時間くらいがちょうどいい。休憩も含めつつも、3時間は長かった、皆さんお疲れさまでした。

写真

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土曜日)

冬のお百姓

 冬の畑は農閑期といって、あまりやることがありません。力仕事は、堆肥作りとくらいです。雑草もあまり生えず、害虫も少ない、たまに焚き火をしては日向ぼっこです。最近は畑の石やゴミをひろって、ぼっさりしています。やっぱ、お百姓に限りますのう。

画像

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木曜日)

今年のお年玉交渉

 今年も甥っ子と正月会議です。ケチくさいしみったれた親戚と思われたくない、でもお金はそんなにもっていないひきこもりおじさんと、甥っ子とのお年玉調停会議です。

 いくら欲しいんだとずばり聞いてやると、「一万円」と答えました。さすが算数を習った小学生、去年とはまるで違います。

 おじさんは何度も聞こえないふりをしましたが、要求額は変わりません。たまらず値下げ交渉です。まず甥っ子に、お前さんは正気なのか尋ねました。さらに小学生で一万円はもらいすぎだろうとたしなめました。北海道のほかの親戚はいくらか尋ねると、最高額は五千円だと言います。

 甥っ子が「一万円か五千円か。おじさん、どっちかだ」と二択を切り出しました。勝負です。すかさずおじさんが、我家の老爺はいくらだと聞き返します。素直に二千円と白状しました。そうれみたことか。ならおじさんが五千円というのもおかしいだろうと問い詰めると、四千円に要求額を減らしました。

 ここから甥っ子が急にかたくなになる、断固四千円を主張するのです。大長考のすえケチおじさんにはなりたくないから、いいか四千円!! ということにしました。次男坊のお年玉を安くしようと気持ちを切り替えました。

 そのあと、どういうわけか甥っ子が、母さん(私の妹)におじさんからもらいすぎだから返してきなさいと怒られてしまい、お年玉の一部の千円がおじさんにキャッシュバックされました。複雑な幸せですのう、でもこれで次男坊のお年玉が確保できたと、4歳次男坊にあげると、「俺はいやだ」と駄々をこねるのです。

 おじさんの財布の中から小銭215円をとって、これがいいと言いました。おじさん即決、次男坊のお年玉215円で確定です。するといつも兄弟喧嘩ばかりで、仲の悪い長男坊が、弟がかわいそうだ、千円あげなよと優しい兄貴らしいことを言うのですよ。心打たれてもらい泣きです。迷うことなく、次男坊に千円追加であげました。でも「俺」はちっとも喜ばず、その千円札に何の感心もしめしません。

 これにて、今年のお年玉は終了。しめて4215円也。予算オーバーだ。

イラスト

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアーin東京都 北区 2011/01/16/日

2010年01月16日(日) 公演終了
■講演会 当事者が語る”ひきこもる”ということ

会 場 北区岸町ふれあい館
時 間 13:30〜16:30
講 師 勝山実(名人)
参加費 1000円 *注 ひきこもり不登校当事者は半額の500円に
        なります。受付で本人だぞ、と言ってください。
        本人割引が適用されます。
定 員 100人
主 催 NPO法人登校拒否・不登校を考えるネットワーク
連絡先 03-3906-5614

より大きな地図で ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー を表示

 入場料1000円、名人ぶったくりディナーショーです。ちらしに当日会場にて新刊「安心ひきこもりライフ」先行発売と書いてありますか、そのようなことは一切ありません。知らぬ存ぜぬを決め込んでの、ひきこもりよもやま話60分一本勝負。涙目のかつちゃん先生が見られますよ。

画像

チラシPDF

2010/12/11 東京都 調布市 西部公民館
2011/01/16 東京都北区 岸町ふれあい館 
01/20 神奈川県川崎市 黒川青少年野外活動センター
01/23 神奈川県 横浜市保土ヶ谷区 星川地域ケアプラザ
01/29.30 千葉県 南房総市富浦 民宿「ぜんべい」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日曜日)

捜査

 甥っ子刑事がおじさんの部屋に入ってきて、財布の中身を調べるんです。
 「けっこう、はいってるね」
 と言われました。小学校一年生になると、お金の意味が分かってきますから、おじさんの財政状況が気になるようです。

画像

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金曜日)

テオ・ヤンセン展

 お台場でやっているテオ・ヤンセン展に行ってきました。テオ・ヤンセンって誰? という人はこの動画をご覧ください。

 割り箸ロボットみたいなやつが、さわさわ音をたてながら歩くのがかわいい。ヤンセンお前最高だよ、とおもわず言いたくなるほどです。大きいやつは、風の谷のナウシカに出てくるオームのような迫力がある。小さいやつは実際にさわって動かせる。

画像

 ひゃほーい。これが正しい芸術ですよ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木曜日)

ひきこもりブッダ全国巡礼ツアーin川崎 2011/01/20/木

2010年01月20日(木)
■不登校を考える川崎たまの会 with 勝山実

会 場 黒川青少年野外活動センター
時 間 13:00〜16:30
講 師 勝山実(名人)
参加費 100円
定 員 いつもは10人くらい集まるそうです。
主 催 不登校を考える川崎たまの会
連絡先 rakuyu2010(あっとまーく)gmail.com

より大きな地図で ひきこもりブッダ全国巡礼ツアー を表示

 地図を見てもわかるように、前回やった調布の西部公民館と近い位置での開催です。ホームグランドになりつつあります。調布ではアフター時間がなくてゆったりと個別に話が出来なかった分、ここではマンツーマンのおもてなしを心がけ、平日の昼間を堪能したいと思います。10人くらいの集まりがひきこもりサークルの適切な人数。特にテーマをもうけることもなく、だらだらと話しつづける、ひきこもりおじさんの濃厚で脂っこいだしを味わってください。

2010/12/11 東京都 調布市西部公民館 公演終了
2011/01/16 東京都北区 岸町ふれあい館 公演終了
01/20 神奈川県川崎市 黒川青少年野外センター 公演終了
01/23 神奈川県横浜市保土ヶ谷区 星川地域ケアプラザ 公演終了 
01/29.30 千葉県南房総市富浦 民宿「ぜんべい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水曜日)

「ひきこもりケア 民間の資格講座」という記事について

 新年一発目に、嫌なニュース記事の話題を。いや、これは記事なのだろうか、四角で囲まれているところをみると、記事風の広告なのかなとも思う。1/4の朝日新聞の二面の小さなもの。

 「家庭訪問支援士」という民間資格を作ったという。前にKHJ親の会が不登校訪問専門員という民間資格を作ったが、それと値段もやり方もほとんど同じ、試験なし、投げっぱなしの通信教育です。

 やっている団体が、育て上げネット。タメ塾の息子のやっているNPOです。若いくせに、いばってる野郎の団体が、家庭訪問支援士の養成講座を始めた。タメ塾といえば、力づくで施設につれていき収容するところですよ。何をか言わんや。

 値段は3万1500円。テキストとDVDをみてレポートを書いて一定水準以上なら合格という、金で資格を買うシステムです。

 この資格を取ったところで、就職に有利になることは何もない。民間資格というよりは、タメ塾認定資格です。タメ塾の息子に認められて、得るものなんてないですよ。むしろ就職先がせばまるだけさ。悪徳ひきこもりビジネスに認定します。

画像

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »