« 次男坊の話芸 | トップページ | 月刊 瀬戸内寂聴 第12号 完結 »

2010年10月30日 (土曜日)

風邪大臣 ハゲと人間の意志について

 風邪をひいて10日が経ちます。のどの痛み、咳、鼻水がノンストップです。病気に飽きたよ。寝たきり生活をこんなにキープできるなんて、虚弱王かつちゃんの本領発揮でしょう。

 ハゲは全員悪人である。ソフトバンクの携帯は、同じソフトバンク同士なら通話料が無料というのが一番の売りですが、これには落とし穴があって、21~1時の間だけは有料なのです。一日で一番ゆったりとできる時間、電話をかけたくなる時間帯が有料なのです。なぜか、孫正義がハゲだからです。意地の悪いハゲだから、このようなプランにしているのです。

 ハゲている人は意志が弱い。人間の頭に生えているのは、髪の毛ではなく、人間の意思でなのです。黒くて細い例のやつは、その人がもっている意思の強さ。だから孫正義には意志がない。強い意志があれば、24時間無料のプランを作り上げたはずです。中途半端な現在のホワイトプランは、意志が抜け落ちてしまった、ハゲの仕業なのです。

 今週の水曜日、いつもいっている内科が休みだったので、ネットで調べて近所の病院に行きました。先生は私より若い、30代前半の医師でしたが、頭に意志はありませんでした。スキンヘッドを装った、ハゲスキンです。伸ばせば落武者る、はず。ワシの目はごまかせんぞ。こんな意思の弱い医者に何もできるはずもなく、聴診器の使い方もおざなりで、抗生物質も出さず、大して熱もないのに解熱剤を処方するなど、ハゲの悪い面ばかりがでたやぶ医者診療でした。

 案の上、風邪はよくならず、これはもしかしたら肺炎か結核じゃないかと心配になり、金曜日にまた内科に行きました。行きつけの主治医のところへです。風邪が全然治らない、これは風邪ではないのでは、結核じゃないのかと、主治医に詰め寄りました。診断の結果、ただの風邪であることが判明しました。一安心したのですが、ふと主治医の頭をみて不安になりました。意志が弱くなっているのです。もうそろそろ六十代になられると思うので、多少の意思の弱さはしかたがないのですが、白髪をバーコードヘアー風に未練たっぷり隠蔽しようとしているのを、私は見逃しません。信頼できる主治医ではあるが、医師としてのピークは過ぎたと評価しました。別の新しい主治医を探さなければいけない。

 そんな具合で、医師に意志がないばかりに、風邪がなかなか治らず、長引いています。じゃあ、今日は風邪を治すためにもう寝ます。おやすみなさい。

画像

|

« 次男坊の話芸 | トップページ | 月刊 瀬戸内寂聴 第12号 完結 »

コメント

欧米人なんかハゲ全然気にしてないですもんね。
ショーン・コネリーやらブルース・ウィリスなどの
大御所を持出すまでもなく、一般人でも普通にかっこよく
ハゲてるのね。なぜだろう?

孫はある種の潔さは感じるものの、いわゆる髪型の
トータルコーディネイトがなってないなって思います。
専属のカリスマ床屋さんとかつければ良いのにねぇ。

まあそれはさておき、先日ソフバンの支店で“手帳”を
提示し、基本使用料をロハにしていただきましたぞ。
ハートなんとかプランという、例のアレですscissors

投稿: ヨハネ13 | 2010年10月30日 (土曜日) 23時08分

風邪は寒さに耐性がない人がかかるようで、自分はここ数年風邪ひいてないです。
というのも、部屋がスキマ風ひどくてとにかく寒いのです。結果外にずっといるようなもので耐性がついたようです。
ところでハゲ=悪人の公式を学校で教えたほうがいいんじゃないかしら。大体あってるので。

投稿: コーラス | 2010年10月31日 (日曜日) 18時34分

ハゲ悪人説なぁ…個人的にはそうね、
どんなマフィアの大ボスでも裸足で逃げ出す、
ウラジーミル・プーチン大帝なんかがぱっと
浮かびましたけど、果たして彼は悪人、なのか…
と、なると…正直かなり難しいな…

しかしぶっちゃけたところ、寺の坊主はおしなべて
悪人、と見ていいと思います。
いや、私がクリスチャンだからってワケじゃない
ですよ。ごく普通の、客観的事実として、ね…dollar

投稿: ヨハネ13 | 2010年11月 1日 (月曜日) 00時15分

かっちゃん先生
ハゲの人は意志が弱いとおっしゃいますが、その意志の弱さは未練たらしいところから来るのではないのでしょうか?

私の父は所謂、M字ハゲです。私が中学生の時にはもうM字がかなり進んでいました。「ハゲたら坊主にする」と言っていたのに、まったく坊主にしないので「坊主にするんじゃないの?」と聞くと「ハゲてはいない!」というのです。

父が50代半ばになったころ、益々ハゲは進行いたしました。「坊主にしないの?」と聞くと「営業で周っているので(接客なので)坊主はダメだ、印象が悪くなる」と言うのです。

その父も先月、長年務めた仕事を定年で辞めました。「坊主にしないの?」と聞くと
「これから寒くなるからダメ」というのです。もう、ほとんど生えてはいない毛のどこに防寒の作用があるのか疑問です。

という具合にハゲ男子は未練たっぷりなのです。スキンヘッドにしてみても、心の中は発毛の事でいっぱいだと思います。

投稿: 寂聴 | 2010年11月 1日 (月曜日) 00時53分

僕も風邪が治らず往生してます。
くしゃみが十回連続で出た時はギネスが視界の隅の方をよぎりました。

なんというか、軽くなることはあっても完治はしないんだという事に気付きました。その証拠に常にどこか不調。
認めたくはありませんが虚弱そのものでした。

細菌には僕が豊穣の地に見えていることでしょう。
しかたがないので銀のベンザブロック飲みます。良く効くんです、あれ。

僕は逆立つ太い髪なので意志が強いのでしょうか。でもおじいちゃんは禿げていたので軽く心配です。

投稿: 梅磯 | 2010年11月 1日 (月曜日) 08時46分

ショーン・コネリーはともかくブルース
ウィルスはみっともないハゲですよ。全然かっこよくない。

耐性、免疫力勝負ですよね。
ハゲに関しては教科書に載せるべきですな。

悪いハゲにみんな心当たりがあるのですね。

ハゲスキンヘッドの人の頭の中が発毛のことだけ
という説はその通りだと思います。
学会で発表しましょう。

ことしの風邪は完治しにくい。ほんとに長い。
咳やら鼻みずが、延々と続きますよ。

投稿: 勝山実 | 2010年11月 3日 (水曜日) 02時03分

実をいうと、おれはモジャモジャでフサフサの
極悪外道にもひとり心あたりがあるのだが、ねscorpius
うふふ、おんみ大切にcake
かっつんは実にかっこいい●●だから、
風邪が治ったら、もっとモテるようになる、よ!

投稿: ヨハネ13 | 2010年11月 4日 (木曜日) 01時22分

ハゲてないうちはみんなスキンヘッドにすればいいんじゃない?とか軽くしか考えないのですが、実際にそうなってみると気が気ではありませんね。わたしもかなり大きな円形脱毛症が頭のあちこちにできたときにそういう経験をしました。そのときはお医者さんに行きました。専門の先生がいらっしゃって、ちょっとした注射と、よくわからないけど頭を上から温めるような機械をあててもらい、あとは軟膏を処方されて、そうこうしてるうちにまた毛が生えてきて治りました。若いうちは適切な医師の処方と日ごろのケアで改善されるのではないでしょうか。私が行ったお医者さんは普通の皮膚科で待合室も特に恥ずかしい思いをするようなこともありませんでしたよ。

投稿: 49 | 2010年11月 5日 (金曜日) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/49885242

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪大臣 ハゲと人間の意志について:

« 次男坊の話芸 | トップページ | 月刊 瀬戸内寂聴 第12号 完結 »