« ひきこもり社会運動 | トップページ | 月刊 瀬戸内寂聴 第11号 »

2010年7月15日 (木曜日)

ひきこもり語り部

 ひきこもり経験談を話すと、ひきこもりが悪化する、状態が悪くなる。だから、人前で自分の経験談を話すのはやめたほうがいいと、忠告する人がいる。

 最初にはっきりさせておきたい。ひきこもりは悪化していない、元の状態に戻っただけです。ステージでスポットライトをあびて、そして元に戻ったのです。脱ひきこもりなんて妄想ですからね。大気圏を突破したロケットのつもりで、実はひきこもり星をぐるぐる回っている人工衛星なのです。常に引力に引かれているのです。

 ひきこもりの状態が、軽いときくらいしか、経験談を語る機会も、勇気もないと思うので、私はどんどん話すべきだと思います。共有のひきこもり資産ですから。テレビ、ラジオ、本などで得たネタや話芸を試す少ないチャンスです。失うものは何もない、元通りになるだけ。どーんと、いきましょう。

画像

|

« ひきこもり社会運動 | トップページ | 月刊 瀬戸内寂聴 第11号 »

コメント

平成の小野田寛郎こと勝山名人!
現代社会のサバイバルを生き抜く為のノウハウを教えてくれる。そんな勝山自然塾が出来たなら即効申込しますよ!

投稿: 瀬戸内晴美 | 2010年7月16日 (金曜日) 01時22分

こんにちは。
最悪期の体験談(ひきこもりカレンダー面白かったです)も参考になりましたが、
ここ数年のブログには、より助けられています。
このまま長期化することがあっても、べつに狂ってしまったりはしないし、
ひっそり生きていくことだって可能なんだ、実例があるじゃないか。というのは本当に心強いです。
道を切り開いてくださってありがとうございます。

投稿: miura | 2010年7月16日 (金曜日) 18時12分

確かに精神的余裕がなければ体験談や雑談するのは、難しいですね。
でも、聞き役ばかりもつまらないので、もう少し喋る努力をしてみたいと思います。
ある種の開き直りですけど。

投稿: コーラスライン | 2010年7月16日 (金曜日) 18時27分

 数年前の「ひきこもり言論ブーム」のときに
デビューしたひきこもり系文化人のみなさんは
お元気なんでしょうか。
 というか、単に見世物にされてただけなのに、文化人みたいな自覚を持ってしまった人が一番厄介かも。勝山さんは冷静ですね。

投稿: 5 | 2010年7月17日 (土曜日) 01時07分

小野田さんのサバイバルは自分が生きるだけでなく
フィリピン兵を殺しながらですからすごいですよね。

ひっそりと生きていくという表現がぴったりの
ひきこもりライフです。今日は一日寝て過ごしました。

ひきこもり青春どまんなかから一区切りついたら
よもやま話をする側になるのをお薦めです。

永遠のひきこもり当事者で、常に尻に火がついております。
ひきこもり論など生ぬるいことを語っている暇などないのですよ。

投稿: 勝山実 | 2010年7月19日 (月曜日) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/48885109

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもり語り部:

« ひきこもり社会運動 | トップページ | 月刊 瀬戸内寂聴 第11号 »