« 月刊 瀬戸内寂聴 第11号 | トップページ | 神様の塩飴 »

2010年7月25日 (日曜日)

ひきこもりの高齢化

 ひきこもりは高齢化していない。中年化だ。30代、40代のどこが高齢なのですか。すべてのメディアに訂正を求める。つい最近まで若者って呼んでたじゃないか。

 高齢者って65歳以上の人のことだからね。それに社会全体が高齢化しているのだから、相対的にみても、ちっとも高齢じゃない。後二十年は何もしなくても生きていける。ひきこもりの高齢化とか言っている人はね、ここだけの話……キチガイですよ。いいかんげんな日本語を使って、わざと人を不安に落としいれようとするゴミ虫が多すぎるのです。

|

« 月刊 瀬戸内寂聴 第11号 | トップページ | 神様の塩飴 »

コメント

あいかわらずいいところ、つきますね。

マスゴミとはよくいったものです。

投稿: ヒルティー | 2010年7月26日 (月曜日) 20時08分

おお、僕の勘違いだと思います。僕はよく早とちりするから
きっと僕が間違っているに違いないのですが、ひょっとして
それでは奴ら(誰?)の思う壺ではありませんか。
常識的に30代40代は高齢者じゃありません。
(キチガイでなければ)分かっててわざと言ってるのは
明らかじゃありませんか。挑発してるんですよ。
勝山名人は著書を2作品も著されている。処女作は間違いなく
傑作です。ひきこもり100万人の心に響いたのです。
新作もとても楽しみにしています。将来BIはならなくても
クリエイティブなことをやる人にはそれで生きていけるよう
最低限の保障が行われるようになるはずです。
それ以外日本が生き残る道はありませんからね・・・たぶん。
勝山名人はまずまっ先(の次くらい?)に保障を受けられ
るでしょう。”ひきこもり資産”ではありませんか。
”手遅れに早いも遅いもない”
むしろ勝山名人のお力で”高齢ひきこもり”という言葉も
愛すべき言葉に変えて欲しいです。
富士登山できっといいリフレッシュなさってください。

投稿: 28 | 2010年7月26日 (月曜日) 23時22分

斉藤環先生は『ひきこもりから見た未来』のなかで「ひきこもりの高年齢化」と正確に書いていますよね。当事者にとって、高齢化と高年齢化の差は大きいです。

投稿: おぶろもふ主義者 | 2010年7月27日 (火曜日) 14時42分

暑い日々が続くので、気分転換に名前を変更しました。【旧名コーラスライン】
最近、0か1かみたいなはっきりした物言いが受ける風潮があるから若者以外は高齢でいいだろうという極端な考えなんでしょうね。
勝山さんの言われる中庸な精神とは、真逆な考え方ですね。

投稿: コーラス | 2010年7月27日 (火曜日) 19時21分

ああ、しまった

http://sene-chao.jugem.jp/?eid=2291
で、
高齢のひきこもりという表現を
ずばり使ってしまっていました…

投稿: てきとう@ | 2010年7月27日 (火曜日) 22時03分

無理やりニュースを作っているのです。
犯罪予備群消滅をニュースにして欲しい。

富士山でリフレッシュとともにありえないくらい、
日焼けをしてきました。顔と手と首がまっかっかです。

高年齢ではなく、中年齢化もしくは
ひきこもりは若者だけじゃないと言えばすむことでしょ。
しかもそれはずっと昔からじゃないですか。環もあれですな。

若者問題が、すぐに高齢問題になる。
こういうことを平気で言う人は社会性がない。

40代は中年です。働き盛りといってもいい。
親の世代である本物の高齢者が心配してもどうなるものでもない。

投稿: 勝山実 | 2010年7月28日 (水曜日) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/48941569

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもりの高齢化:

« 月刊 瀬戸内寂聴 第11号 | トップページ | 神様の塩飴 »