« 月刊 瀬戸内寂聴 第10号 | トップページ | 思春期なう »

2010年5月31日 (月曜日)

一滴の水

 一滴の水で、コップに満杯になった水があふれる。キレるというのは、そういうことでしょ。ささいなことでキレると言うが、ささいなことには意味はない。コップの中にすでに満杯になっていた水に原因がある。

画像

|

« 月刊 瀬戸内寂聴 第10号 | トップページ | 思春期なう »

コメント

はじめまして…
いつも読ませていただいてます。

なるほどなって思いました。
ぶつけらた親は、「ささいなこと」に
ついつい目が行ってしまいます。
私の何がいけなかったのかしら…ってね。

投稿: はらっぱ | 2010年5月31日 (月曜日) 20時10分

最後の一滴に、それほど意味はない。
原因はたいがい違うところにある、と私はにらんでおるのです。

投稿: 勝山実 | 2010年6月 1日 (火曜日) 22時38分

初めまして。
『ひきこもりカレンダー』出版された当初、読みました。
その後すっかり忘れてましたが、最近こちらのブログに出会いました。
私もいまメンヘラひきこもりやってます。

>一滴の水で、コップに満杯になった水があふれる。

これはまさしくその通りで、私がメンヘラになったのもそんな感じでした。
で、あふれた水は、どうすればいいのでしょうね・・・?
自分で始末つけるしかないのですが、原因なんてたくさんありすぎて、どこをどうすればいいのやら……です。

ブログ、これからも読ませていただきますね。

投稿: 月ノヒカリ | 2010年6月 2日 (水曜日) 20時49分

思い出していただき、光栄でございます。
これからは、水一滴分の我慢すらしない生活を送るしかありません。

投稿: 勝山実 | 2010年6月 3日 (木曜日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/48502485

この記事へのトラックバック一覧です: 一滴の水:

« 月刊 瀬戸内寂聴 第10号 | トップページ | 思春期なう »