« 忘れ物大臣 | トップページ | ひきこもり快適性アップ »

2010年1月18日 (月曜日)

不採用とひきこもり

 アルバイト等において、書類審査や筆記テストで落ちた人は幸せです。面接の結果、落ちたのなら人間が否定された気分になります。履歴書で落とされて良かったのですよ。履歴書

|

« 忘れ物大臣 | トップページ | ひきこもり快適性アップ »

コメント

ぼくは昨年、派遣の面接で「夜勤できますか?」と聞かれ、堂々と「できません。(やりたくありません。)」と答えてたたき落されました。世間では「○○できますか?」というのは「○○やれ!」という意味だったのですね。

投稿: おぶろもふ主義者 | 2010年1月19日 (火曜日) 13時14分

勝山さん、自分は小学、中学、高校時代はいじめられっ子でした。今でもトラウマがかなり残っています。あのころ登校拒否したくても、昭和5、60年代は世間が登校拒否を許さず、フリースクールなどがなかったのでできませんでした
。しかし、失業してしまい今までの反動でひきこもりになりそうです。そのときは、勝山さんよろしくおねがいします。

投稿: さかい | 2010年1月20日 (水曜日) 12時34分

世間ってやつはこすっからい
ですなあ。私は昼勤すら出来ないです。

こちらこそよろしくお願いします。
ひきこもりにも歴史あり。資産をいかせば、安心してこもれます。

投稿: 勝山実 | 2010年1月20日 (水曜日) 22時06分

はじめまして
勝山さんの本を読んだあと、こちらにたどり着きました。
自分も年末に失業してしまい、茫然自失の毎日です。勝山さんのユーモアには、いつも助けられてます。

投稿: なかの | 2010年1月20日 (水曜日) 22時58分

へっぽこブログにたどりついていただけて
うれしいです。胸を張ってひきこもってください。

投稿: 勝山実 | 2010年1月22日 (金曜日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/47046467

この記事へのトラックバック一覧です: 不採用とひきこもり:

« 忘れ物大臣 | トップページ | ひきこもり快適性アップ »