« ひきこもりzine | トップページ | 『【ナレッジストック】シリーズ』モニターキャンペーン »

2009年12月10日 (木曜日)

ひきこもりぬくぬく幸福論

 冬の朝に、目覚まし時計が鳴っても布団から出ず、いつまでもぬくぬくとしているのが、人生で一番幸福な時間ではないでしょうか。そろそろ起きなければいけないという気持ちが、魔法の香辛料となり、ぬくぬく感は倍増。絶品であります。

 不登校やひきこもりの要因のひとつに、布団ぬくぬく幸福感を入れるべきでしょう。寝具

|

« ひきこもりzine | トップページ | 『【ナレッジストック】シリーズ』モニターキャンペーン »

コメント

ぬくぬく、言葉の響きが良いです。

当方は、最近まで断食や睡眠制限で自分を追い込んで現状をどうにかしようと思っていましたが、やはりぬくぬく、ぽかぽか、これが一番だと思い至りました。

身分不相応の解決できない事柄で無駄に悩み頭を抱え、自殺サイトを徘徊するよりも、
熱いお茶でぬくぬくぽかぽか、
こたつでぬくぬくぽかぽか、
布団の中でぬくぬくぽかぽか、
暖まる方が充実した人生だと思いました。

不安からくる自分の卑屈さも、幾分か緩和されたような気がします。

僕にはどうやら、自分を追い込めば追い込むほどに動けなくなる性質があるようです。

投稿: 羽織ボク | 2009年12月12日 (土曜日) 04時39分

断食に睡眠制限とは苦行僧のようですな。
ひきこもりにはストーブの前で座禅くらいが適していると思います。

投稿: 勝山実 | 2009年12月12日 (土曜日) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/46859494

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもりぬくぬく幸福論:

« ひきこもりzine | トップページ | 『【ナレッジストック】シリーズ』モニターキャンペーン »