« 寂庵だより 8月号 | トップページ | 寂聴ブッダ最後の旅 »

2009年11月 9日 (月曜日)

和顔施

 寂聴先生のお得意話に、お布施の話があります。お布施には三つのやり方があって、ひとつはお経を読むこと、もうひとつはおさい銭を払うこと、もうひとつがぱーぷるお薦めの和顔施です。和顔施とはにっこりと微笑むこと。ほほえめば、お経を読んだり、おさい銭を払ったりするのと同じご利益があるのです。だから寂聴 先生はいつもどす黒い笑顔でほほえんでおられます。ひざの痛みを隠してにっこり、という注釈入りで寂庵だよりには先生の和顔施ショットの写真が載っています。アイドルですよ。和顔施

|

« 寂庵だより 8月号 | トップページ | 寂聴ブッダ最後の旅 »

コメント

博徒の顔になっている、有難いお写真。どう見ても、堅気ではありませんぞ。

投稿: 僧正 | 2009年11月 9日 (月曜日) 07時50分

微笑みお布施・・・・ところで、これはどうしても報告しなければと思いコメントします。シェラトンホテルをふらふらしていたら、こんな広告が。寂聴先生が横浜に説法にきたるです!http://f.hatena.ne.jp/twitter2/20091109094736

投稿: ナガノハル | 2009年11月 9日 (月曜日) 09時56分

龍が如くに出てくる壷振りの
顔ですな。

寂聴先生は今、全国説法行脚中です。
神奈川県民ホールの講演に行こうか
迷っています。4200円は高い。
http://www.kanagawa-kenminhall.com/event/event-39415.html

投稿: 勝山実 | 2009年11月10日 (火曜日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/46714790

この記事へのトラックバック一覧です: 和顔施:

« 寂庵だより 8月号 | トップページ | 寂聴ブッダ最後の旅 »