« 2泊3日甥っ子合宿 | トップページ | 月刊 瀬戸内寂聴 第5号 »

2009年7月27日 (月曜日)

2泊3日甥っ子合宿の2日目、3日目

 合宿初日に六年間で甥っ子との間に築きあげてきたものを全部失ってしまった勝山叔父さんこと坊さんジジイ。ヒルに人間らしさを吸われてしまったのでしょうか、人間復活をかけて2日目に望みます。

 もともとマンツーマンでのもてなしを得意とする叔父さんも、最近はニイニ(長男)とブッチョ(次男)の二人の甥っ子を同時に相手にしなければいけないのです。サッカーでいうところのゾーンディフェンスですが、それでも一度に二人の相手は出来ない。でも、相手をしてあげなければ泣くに決まっている。苦行とはこのことでしょう。長男とポケモンカードをしていれば次男がかまってプリーズと邪魔してくるので、兄弟げんかばかりです。

 ここは共通の敵、コンピューターをやっつけようという風に持っていくのが正しい。みんなでパソコン版ポケモンカードをやることにしました。3日目には中古カード屋でムクホークFBのカードを買ってきて、甥っ子にプレゼント。さすが叔父さん、このカードが欲しかったと満点の評価を貰いました。ニイニはムクホークのLV.Xのカードを持っていたのですが、この種モンがなかったためずっと使えずにいたのです。

 ポケモンカードのルールやマナーを覚えることよりも、ゲームの楽しさを覚えることのほうがずっと大事であるという、大前提を忘れて涅槃に入ってしまった叔父さんをこれでゆるしてくれるかい。ムクホーク

|

« 2泊3日甥っ子合宿 | トップページ | 月刊 瀬戸内寂聴 第5号 »

コメント

たしかに楽しくなけりゃマナーを覚えようとは思いませんものね。
こりゃ盲点でした。

僕も苦手な少年ソフトボールに強制参加させられていた時はマナーが最悪で、渡されたボールを遠くへ投げ捨てたり、コーチに噛みついたり(言葉で)、とにかくあの無駄にでかいボールが憎くてしかたありませんでした。

負けて楽しむなんて、大人でも気持ちをいいように変化させているみたいなところがありますし、子供には難しいですよね。

共通の敵&プレゼントという黄金コンボが発動すればもう勝ったようなもの。
坊さんジジイからかっこいい叔父さんに、勝山さんの認識が変わったことでしょう。

投稿: 梅磯 | 2009年7月29日 (水曜日) 14時34分

自分も楽しもうとする欲が、
子供を傷付けてしまうんですね。
子供と遊ぶ時の心構え、肝に銘じます。

投稿: 次郎 | 2009年7月30日 (木曜日) 11時30分

楽しくなければゲームじゃない。
自由とマナーとを、絶妙に保つのが
大人の味わいですのう。

やさしくもてなす心はもちろんですが
六歳にもなると、本当のルールが知りたい、
でも手加減されるのは嫌だ、というリクエストも
くわわりますから加減が難しいのです。

投稿: 勝山実 | 2009年7月30日 (木曜日) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/45757737

この記事へのトラックバック一覧です: 2泊3日甥っ子合宿の2日目、3日目:

« 2泊3日甥っ子合宿 | トップページ | 月刊 瀬戸内寂聴 第5号 »