« ひきこもり息子活用法 2 | トップページ | ひきこもりチャート »

2009年3月 3日 (火曜日)

ひきこもり息子活用法 3

 ひきこもり息子が一番活躍する仕事、それは留守番です。これが出来ればミシュランで言うところの星を一つ貰えます。二つ星ひきこもり息子となると、まあこれはめったにいないのですが、旅行中の植物の世話、ペットの世話などをやります。長期旅行が比較的容易に可能になりますね。ポストに新聞や手紙が溜まることなど、ひきこもりファミリーには無縁です。

 三つ星ひきこもり息子。こうなると宅急便を受け取るようになる。こうなってくると便利で手放せなくなりますな。書留、代引き郵便、こんなものまで留守中に受け取ってくれるようになれば、ひきこもりとしては超一流と言えるでしょう。ミシュランガイド

|

« ひきこもり息子活用法 2 | トップページ | ひきこもりチャート »

コメント

まさか自分が☆☆☆だったとは驚きです。

投稿: スラッグ | 2009年3月 4日 (水曜日) 15時21分

来客の応対は、☆五つ位でしょうか。☆三つが限界ですね。

投稿: 闇色二郎 | 2009年3月 4日 (水曜日) 19時31分

留守番中に来客があれば一応応対します。でも、自分は三ツ星にはなれないですね。居留守を使うのが未だに後ろめたいんです。というか、単に居留守を使う度胸すらないような超小心者なだけなのですね。後でばれて、何故出なかったのか問い詰められることが頭に浮かんだりすると、「ああもう面倒くさい」とイヤイヤながら玄関に行き、ドアの外に向かって「どうぞー」とか言っていたりします。
「子供かお前は」と突っ込まれそうですが……子供なんです。随分長く子供やってます。

投稿: カクタスボーイ | 2009年3月 4日 (水曜日) 21時42分

三ツ星とは素晴らしい。やはりこのブログを読んでいるような
猛者ならそのような凄腕のひきこもりがいても当然でしょうな。

インターホンがなると自分の部屋にこもるという
習性があるので、来客の前に姿をあらわしたことさえありませんよ。

世間の後ろめたさよりも、
家族とのいがみ合いを避けたいための
奴隷外交ともいえる来客応対ご苦労様です。
「居留守」という漢字は、ひきこもりの本質を表しているような気がします。

投稿: 勝山実 | 2009年3月 6日 (金曜日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/44187773

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもり息子活用法 3:

« ひきこもり息子活用法 2 | トップページ | ひきこもりチャート »