« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火曜日)

登校は悲しく、下校はうれしい

 暗澹たる気持ちで登校し、晴々と解放の歓喜に包まれて下校する。有名なグリコのマークは、授業が終わって家に帰る中学生をもとにデザインされたものだと聞いております。

 下校よりも、登校のほうが楽しいというやつだけ、学校に行けばいい。下校イメージ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土曜日)

How are you?

 How are you? 日本語に訳すと、「元気ですか?」。英語授業ではI'm fineとかGoodと答えるのが正解だと教えられてきましたが、いかがなものでしょうか、あなたは胸をはって元気ですと答えられますか。

 どう元気?とか、最近何しているのという、ふとした挨拶がひきこもりの心が挫き、沈黙させてしまうことは良く知られています。How are you? のせいで一日が台無しです。

 ひきこもりの授業であればHow are you? に対して、Stagnant(よどんでいる)、プラプラしている、毎日ブックオフ、WBCを見ながら廃人のような生活、と答えるのが正解と教える。誰だって、心の通わない社交辞令よりも、心情を吐露することによって得られる共感を欲しているからだ。

 あなたもネイティブスピーカーであるならば、正しいひきこもり挨拶を心がけよう。How_are_you

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水曜日)

 梅の盆栽に花がついた。ひとつ、ふたつ、みっつと咲いてゆく。春の訪れを最初に知らせてくれるのが梅の花だ。ただ私のベランダの梅はみっつほど花をさかせて、終了という泣きたくなるような有り様でした。肥料が足りなかったのでしょう。

 ひきこもり中年男子の人生にやり直しはきかないが、植物は土がある限り何度でもやり直しができる。また来年、こんどは肥料をたくさんあげよう。

梅イメージ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月曜日)

古代ひきこもり

 ひきこもりファースト世代が今30代を過ぎて40代になろうとしている。我らオリジンの誕生する紀元前にもひきこもりはいた。私はこれを古代ひきこもりと呼ぶ。サルと人間の中間くらい、マンモス相手に狩猟をしていた、古代ひきこもり原人たちである。

 日本で発見された原人としては中島義道が有名である。日本だけでなく世界中にもこのような古代人がいる。何年か前に、これぞひきこもり原人という人がテレビで紹介されていたのだが、なんという人だったか、どこの国の人だったか思い出せないでいた。

 ところが、偶然手に入れた本をきっかけに、グーグルで検索して、ようやく先輩と再会することが出来た、インドネシア、マドゥラ島バンケス村の、ブンカスさんだ。

ブンカスさんの家 ←クリックでweb魚拓にジャンプ

 日本テレビのワールド☆レコーズという番組の中で「家から出てこないじいさん」として紹介されたもの。ひきこもっている家が素晴らしい。ヤシの木にミノムシの巣のような小さい家を作り生活しているのだ。30年くらい地上に降りていないという。1974年、愛する妻を亡くしたブンカスさんは、「お前はヤシの木の上で一生過ごす運命だむん」という神のお告げを聞き、以来その1メートル四方の小屋に住み続けている。

 30年間でヤシの木も成長した、もう降りられないほどの高さである。でも食事は子供や孫が、毎日運んでくれるので飢えることはない。何が心を打つかというと、ブンカスさんが村人から変人扱いもされずに生活しているということだ。ひきこもりの向こう側へ突き抜けた、村人公認の生き神様になられたのです。木の家1_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土曜日)

金は稼げても、命は稼げない

 アルバイトの面接に落とされるたびに「ああ、もう死ぬしかない」と絶望する。ひきこもりの死は軽い。

 本物の死は遠い存在で、祖父母も病院でいつのまにか死んだ。葬式の時には、綺麗に棺桶にラッピングされていて、死と向き合うこともなく、親戚と顔を会わせたくない一心で、形だけ済ませて逃げるように帰った。

 親が死んだらどうするだと恫喝する、ひきこもりダディー達よ。三途の川の向こう側からの、黄泉の国からのコール&レスポンス。自分が死ぬのにどうするもないはずなのだが、死が見えていないせいだろう、永久に生きるつもりなのです。

 寿命というものはランダムで、年寄りがだけが死に、若い人が生きるというのものではない。若くて煙草もお酒もやらない、運動もしている、それでも死ぬ人は死ぬ。生命は奥深いですなあ。死神

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水曜日)

月刊 瀬戸内寂聴 第3号

 怖い、表紙を見て欲しい。

寂聴

 悪人の顔、香典ドロボーの顔である。いったいどういう人生を歩むとこんな笑顔が作れるのだろうか。爺さんなのか婆さんなのかすら分かない。

 前号に引き続き、表紙のインパクトで勝負に出ている。特集は堕落のススメとあるが、断食中にたらふく飯を食べることでもススメるのだろうか。すでに出家僧でありながら牛肉にむしゃぶりつく寂聴に、堕ちる余地があるのか。

 余談だが、人生相談における瀬戸内寂聴の励ましの言葉は「大丈夫、いい男いっぱいいますよ」だ。いかがなものでしょうか。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月曜日)

依存・ひきこもり・中毒

 ひきこもって親に依存するよりも、いい成績を保ち優等生のまま社会に依存して生きるほうが楽に決まっている。

 何の才能もない、虚弱である、もてない、こんな人のための格差社会。勉強さえ出来ればいいんでしょ。はーいはい、私も喜んでやりました。ガリ勉だけが社会制度の寵愛うける学歴社会万歳。才能あるやつ、スポーツマン、イケメン男子を社会制度から締め出せい。

 にもかかわらず、私はガリ勉を続けることが出来ませんでした。やめて気がつくガリ勉に対する社会の恩恵。懐かしや、社会からの心地よい追い風よ。

 途中までがんばった苦労が全部無駄になる、未練とはいえ捨てるに忍びない。ひきこもりの苦しみは社会の依存から切り離された為に起こる禁断症状なのではないでしょうか。はにわ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土曜日)

ひきこもり部族

 生きづらい世の中であるという考えが、ひきこもり作業所でも浸透しています。かつちゃんが怠けているのではない、社会が生きづらいのだと。

 とてもありがたい。以前は訓練の成果をかなり要求されましたが、ワーキングプア、派遣切り、格差社会、とひどい世の中であると皆が理解してくれている。それを踏まえた上で、かつちゃんをどうすべきか。訓練もたっぷりした、野菜作りも熱心だ、最近はたき火に夢中。それでも就労となると上手くいかない。ひきこもり作業所の職員を悩ます、かつちゃん問題です。

 日本がだめなんじゃないかというアドバイスをもらいました。アフリカやアマゾンに行ってみたらどうだろうか、かつちゃんならインドがいい、タイでバックパッカーしてみたらと多々意見がでましたが、結論として「パプア・ニューギニアが良い」ということになりました。

 やしの木陰でたっぷりお昼寝、ゆっくり起きてタロ芋を掘り、バナナの皮でタロ芋を包み蒸し焼きにして、子供相手によもやま話、大人相手に豆知識、タロ芋とバナナでお腹いっぱい。

 ニューギニア高地には800もの部族が自給自足に近い生活を送っているという。かつちゃん酋長による、ヒキコモリ部族。そうしなさい、と薦められたのですが日本がいい、日本にしてくれないかと頼み込むと、皆しばらく黙り込み、石垣島くらいならということになりました。石垣島へ移住して訓練の成果をおみせする、そのが今の私の目標です。パプア・ニューギニア

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火曜日)

いんぐりっしゅ来航

 甥っ子がチョコレートを英語でなんていうか知ってる? と聞くので、笑ってチョコレートはもともと英語だよと教えてあげると、違うよと言うのです。そして口をすぼめて、
「ちょーくりとぅ」
 と言いました。叔父さんは不動明王の顔になり、
「なにおう! しゃらくせえ」
 と甥っ子の頭に力道山チョップを何度もおみまいしてやりました。ひらがなもろくに読めないくせにと、ドメスティックバイオレンスです。

 甥っ子はキャッキャッいいながら逃げ回ります。昔から犬(dog)をダーグと発音する人間に、ろくな奴はいませんでした。非行少年の始まりです。子供が英語なんか覚えていちゃだめ。

 それが試験出る英単語を全部覚えて、そして全部忘れてしまった叔父さんが言える、たった一つのメッセージ。英会話教室イメージ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日曜日)

ひきこもりは馬鹿なのか

 あまり就労活動しないひきこもりと、就労活動ばかりしているひきこもりと、どちらのほうが馬鹿かといえば、私は就労活動ばかりしているひきこもりのほうが馬鹿だと思うよ。

 ひきこもりの就労活動とは、仕事につくために努力がほとんどで、実際に仕事をする時間はわずか。賢い人がすることじゃあない。カバ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木曜日)

ひきこもりチャート

 立派だといわれている人が思っている理想の人生の肯定→ガリ勉→人生否定→ひきこもり→途方に暮れる→立派だといわれている人が思っている理想の人生を再び肯定→アルバイト→人生否定→ひきこもり→ノイローゼ→病人→新しい人生を模索→倒れたまま→長生きの予感→今からでも取り返しはつくはず→では何をするべきか

 無理やりの肯定から、アルバイトなどの就労を経て、結局もとの否定に戻るという繰り返しをどれだけするか。繰り返した数だけノイローゼもひどくなる。スタートの間違いを認めて全部始めからやり直し、これを受け入れるまでのひきこもりの長い旅。矢印

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火曜日)

ひきこもり息子活用法 3

 ひきこもり息子が一番活躍する仕事、それは留守番です。これが出来ればミシュランで言うところの星を一つ貰えます。二つ星ひきこもり息子となると、まあこれはめったにいないのですが、旅行中の植物の世話、ペットの世話などをやります。長期旅行が比較的容易に可能になりますね。ポストに新聞や手紙が溜まることなど、ひきこもりファミリーには無縁です。

 三つ星ひきこもり息子。こうなると宅急便を受け取るようになる。こうなってくると便利で手放せなくなりますな。書留、代引き郵便、こんなものまで留守中に受け取ってくれるようになれば、ひきこもりとしては超一流と言えるでしょう。ミシュランガイド

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日曜日)

ひきこもり息子活用法 2

 ひきこもり息子とセコムを比較してみましょう。防犯という点においてセコムはひきこもり息子に劣ります、セコムはだめ息子です。防犯の理想は、狙わせないこと。さてセコムのステッカーに何が出来るでしょうか、抑止効果はゼロに近いものがあります。

 夜間、部屋の明かりを煌々と照らし朝まで室内パトロールを実働するのがひきこもり息子です。昼夜逆転は泥棒に対する最大の侵入防止になります。夜に家の中で物音がしようと何が起ころうと安心して熟睡できるのは、今のご時勢ひきこもりファミリーだけですよ。セコムのステッカー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »