« 良い患者 | トップページ | ひきこもり極意 »

2009年1月12日 (月曜日)

ひきこもり常識

 競争で勝ち残った奴が偉いという常識に対して、ひきこもりができることは「参加しない」ということに尽きる。Dochi_3

|

« 良い患者 | トップページ | ひきこもり極意 »

コメント

隠れて生きよ、ですね。現代の仙人説。

投稿: 84 | 2009年1月13日 (火曜日) 00時06分

勝山名人こそ現代における太公望です!

投稿: チン長 | 2009年1月13日 (火曜日) 20時39分

競争で、勝ち残ったヤツは実は負け。
もしかすると、このような方程式もなりうるのかなと感じます。

どうしてか・・・競争で負けた人が勝ったヤツを有利にする方法を作っているからです。

競争といっても、もしかすると個々の能力での競争ではなく、いかに傲慢に行動できるかという競争なのでしょう。

いつかは、その行動によってもたらされた責任を、負うことになると思います。

投稿: ぴえろ | 2009年1月14日 (水曜日) 00時49分

生きていればいいやくらいの気持ちで暮らしたい。勝ち負けって何を指すのだろうと思う。ブログを楽しみにしています。生きていてくれるけでいいと言ったり言われたりして暮らしたいなぁと思います。ひきこもっているわけでなくひきこもる可能性も今のところはないですが、いつもとても納得したり、大笑いしたり、してます。私は50代なのですが、とても愛読してます。本になったら買っちゃいます。

投稿: umi | 2009年1月14日 (水曜日) 22時28分

山に隠れるのではない
自分の部屋に隠れるのです。

太公望が軍師して世に出たのは
80歳くらいらしいです。人間がでかいですなあ。

いい会社を目指している人がたくさんいるうちは
勝ち組も安心でしょうなあ。

自分ひとり生きていければそれでいい
それ以上のことを目指すのは、諦めました。

投稿: 勝山実 | 2009年1月15日 (木曜日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/43648697

この記事へのトラックバック一覧です: ひきこもり常識:

« 良い患者 | トップページ | ひきこもり極意 »