« 挫折始め | トップページ | 良い患者 »

2009年1月 8日 (木曜日)

ユーモア療法

 働きたくない病を通り越して、職業訓練すら受けたくない病にかかってしまいました。こんなダルイ気分を治すべく、ユーモア療法を試してみました。癌も治ると噂のユーモア療法、そのやり方はただひたすらコメディ映画やお笑い番組を見続けるというものです。これなら自宅で誰でも簡単に出来ますね。

 最近笑ってないなあ、日々憂鬱な感じがするのはユーモアが不足していたせいかもしれないという気になり、ツタヤの会員になって、コメディ関連のDVDと落語のCDを合わせて4枚ほど借りてきました。

 心の癌ともいえるひきこもりにも効くのでしょうか。始めは最近のタレントは面白くないなあと、ただ漫然と見ていましたが、コメディを連続注入していくと笑いの沸点が低くなるのでしょうか、簡単に笑いやすくなります。些細な小ネタで笑えるようになる。声を出して笑うとストレスが飛ぶ、ユーモア療法はいいかもしれない。ダウンタウンがやはり一番面白かった。

 寝る時も落語のCDをかけながらと、生活に隙間なくユーモアを与え続けるのがポイントです。近頃、鬱々として心が晴れないと感じたのなら、ユーモア療法ぜひお試しください。Special2008_04_2

|

« 挫折始め | トップページ | 良い患者 »

コメント

お笑いですか。
健康にいいですね。
自宅に居てもする事ないから憂鬱になるだけですし…

投稿: スラッグ | 2009年1月 9日 (金曜日) 09時04分

笑いって体にいいですよね。
ずっと笑ってると何に笑ってるかわからなくなってそれすらおかしくなっちゃう。
気分もすっきりするし、ちょっと試してみます。

投稿: 梅磯 | 2009年1月 9日 (金曜日) 14時36分

自宅で簡単に出来る、ひきこもり民間療法です。
試す価値はありますぞ。

コメディを連続注入してください、
我に返る暇を与えてはいけません。

投稿: 勝山実 | 2009年1月10日 (土曜日) 18時36分

遅ればせながら、おめでとうございます。
ユーモア療法は映画にもなった
パッチ・アダムス氏でも有名ですね。
自分も今TVで引っ切り無しにやっている
お笑い番組を見ては嫌な事を忘れようと
無理にでも笑っています。
これだけ世にネタ番組が蔓延しているのは、
笑って日々の鬱憤を晴らしたい人のニーズが
あるせいかとも思ってます
(辛いのは誰も同じだと…)

投稿: ろって | 2009年1月11日 (日曜日) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/43640793

この記事へのトラックバック一覧です: ユーモア療法:

« 挫折始め | トップページ | 良い患者 »