« ひきこもりの葬儀 | トップページ | 梅雨休み »

2008年5月30日 (金曜日)

悪いひきこもり

 ひきこもることは良いことだと語り続けてきましたが、そうじゃない悪い部分もあります。自分より弱い人間を見つけ出して、馬鹿にするようになることです。これはいけません、これをやったらひきこもりが台無しです。

 アフィリエイトで月収二千円だ、と言っているひきこもりを馬鹿にしてはいけません。その気持ちをぐっと抑えて、自分が無収入であることをかみ締めるのです。他人を見下すほど、自分が偉いはずもありません。だってボクらはひきこもり中年男子じゃないか。ファイト。

|

« ひきこもりの葬儀 | トップページ | 梅雨休み »

コメント

自分が好きな『老子』の中に、自分のことを愚か者の心の持ち主で役に立たない能無しだと言いながらも、堂々としている一節があります。『荘子』にも、無用の用(一見役に立たないものほど実は価値があるという意味)という言葉があります。
沢山稼いでいる人ほど偉いというのは、世間の都合のいい基準だと思います。弱い人を馬鹿にする人は(自分も些か耳の痛い話ですが)、そういう世間の価値観に常に振り回されているんじゃないでしょうか。

投稿: カクタスボーイ | 2008年6月 1日 (日曜日) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/41374695

この記事へのトラックバック一覧です: 悪いひきこもり:

« ひきこもりの葬儀 | トップページ | 梅雨休み »