« ひ障母子生保連合 | トップページ | ひきこもりとお金 »

2008年4月 8日 (火曜日)

親孝行スペシャル

 洋式トイレにはフタがついている。便座の上にフタが。あれを閉める人はいないと思うが、甥っ子はいつも閉める。えらいねえ、マナーがいいねと、皆ほめていました。これだけでも、充分親孝行です。

 でもね、本当の親孝行というのはそんなもんじゃないのですよ。ある日、トイレのフタを開けたときに、流れてないウンチが鎮座していた。家族全員が卒倒、ここに真の親孝行が完成する。流し忘れただろと問い詰めても、甥っ子は知らないと言い張る。当然である、親孝行を自慢するようなことはしないのさ。もう、その日一日流れていないうんちのことで持ちきり。結局さ、思い出に勝る親孝行なんてないんだよ。

 母の日にカーネンションを贈ったところで、それがなんになるというのだ。ボケても忘れられないような思い出、これを与えることが親孝行なのだと、甥っ子から学びました。トイレ

|

« ひ障母子生保連合 | トップページ | ひきこもりとお金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/40817617

この記事へのトラックバック一覧です: 親孝行スペシャル:

« ひ障母子生保連合 | トップページ | ひきこもりとお金 »