« 長田百合子の新宗教 | トップページ | 俺たちのほろ苦いメモリー »

2008年3月 3日 (月曜日)

沖縄旅行の思い出

 ひきこもりのくせに、働いてもないくせに、沖縄に旅行に行くなんて生意気だと思う人もいるかもしれません。働いていないからこそオフシーズンの平日に旅行にいけるのです。だからこそ通常では考えられないほどの格安のツアーが実現するのです。休みが取れないほど忙しく働いて稼いだお金を、連休のピークに高額の宿泊・旅行代に使うのってなんなんだろうね。オフシーズンの平日なら、どこも空いていて行列もなく快適なんですよ。働くバランスというか、働き方、休みかたを工夫すると生活が豊かになるはずだ。

 今回の旅行では主に沖縄地上戦の跡地を見て回った。国のため、愛する人を守るために戦うというのがかっこいい戦争のイメージだと思います。でも実際の戦争は国を滅ぼし、愛する人を盾にし犠牲にして戦う。降伏、解散すれば助かる命もあっただろうが、勝利(敵の進軍を止める時間稼ぎ)のため、市民・町村を全滅させて抗戦した、それが沖縄の地上戦だったのです。沖縄陸軍病院 南風原壕群20号がお薦め。

|

« 長田百合子の新宗教 | トップページ | 俺たちのほろ苦いメモリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198287/40346879

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄旅行の思い出:

« 長田百合子の新宗教 | トップページ | 俺たちのほろ苦いメモリー »