« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月曜日)

ポエム・日々前進

 日々前進しない。人生の階段は昇らない。立ちつくす。同じところをぐるぐる回る。遠くを眺める。口をあけたままテレビを見る。横になる。そのまま寝ちゃう。ぼんやりする。物思いに耽る。天井をながめて過ごす。ちゃんと働いている同級生とすれ違って涙を流す。そんな人に私はなりたい。日々前進

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日曜日)

おむつは、なかったことにしてください

 ちょっと疲れてたんだな。おむつは、はかなかったことにしてください。

 スーパー銭湯に行ってきた。朝起きて夜眠るというまっとうな生活をしていたら、疲れ果ててしまい肩はこるし目はしょぼしょぼする。これは何とかしないとと思っての銭湯です。

 ジェットバスにつかりながら他人様のチンポをながめる。ジョットバスの前には腰掛け湯という、背中の部分にお湯が少し流れるだけの石の椅子がある。それにすっ裸のハゲデブオヤジたちが何も隠さず鎮座している。辛かった。

 他にも、石のベッドに湯がちょろちょろと流れるだけのクールダウン用の露天風呂、寝ころび湯というのもある。裸のオヤジが五人ほどチンポ丸出しで寝転んでいた。汚すぎる風景。そんなものを露天岩風呂で見せつけられた。なんでタオルで隠さないんだろう。どうして銭湯に来る奴は小太りではげているんだろう。もしかしたら、ここのスーパー銭湯はホモの出会い系スポットなのではと心配になった。

 湯につかって体の疲れはだいぶ取れたけど、精神的には何か違うダメージを受けて帰って来た。何で隠さないんだろう。前を隠しているとチンポが小さいと自白しているような、卑屈な気分になる。他人にモノを見せつけないというマナーの普及を希望する。Nekorobi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金曜日)

おむつをはいてみました

 おおっ、すっきりとしたはき心地。おむつとは思えない薄さ、これなら外からは、ばれないな。かつらをかぶっている人って、きっとこんな気分なんだろうな。

 200ccまでのおしっこを吸収すると書いてある。でも、おしっこが210ccでたらどうなるんだろうか、あふれるんだろうか、実験してみようか。ああっ、死にたくなってきたぞ。(続く、かも)おむつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水曜日)

ひきこもりとオレオレ詐欺

 ひきこもりのエルサレム、勝山宅にオレオレ詐欺の電話がかかってきた。「オレオレ、オレだけど連帯保証人になったせいで200万円が急に必要になった」という電話だ。振り込み詐欺、通称オレオレ詐欺である。

 通常ならうちの息子は働きもせずずっと家にいるんだよと一喝して終りなのですが、今日はちょっと違った。いつも家にいるコモラーが早朝から外出していたのだ。電話を受け取ったダディーは、この手の詐欺が多発していることを良く知っていましたから、おそらくこの電話も詐欺に違いないと思いました。でも…、何か心に引っかかるものがある。いつもは昼近くにのっそりと起きる腐れ息子が今日に限って朝一番で出かけているのだ、もしやこの連帯保証の件で早起きしたのでは、という考えが頭をよぎった。

 オレオレ詐欺には磐石、鉄壁。「ひきこもり」にオレオレ詐欺は通用しない、はずだったのだが。偶然のいたずらか、いつもとは全く違う行動をすねかじり息子が取っていたため父の頭にもしかしたら本物かも、という迷いがおこった。

 オレオレと言うのは、振り込み詐欺としては古いやり方で、今はどこで調べてきたのかきちんと名前と生年月日を正確に言う。ただ、やはりいつもと声が違う。話し方も違う、申し訳なさそうに低い声で、お金を振り込んでくれるよう懇願する。

 ダディーは思案した。こんなことが、今まであっただろうか。自分の良く知る息子は、増長慢の怠け者、感謝の心を知らず、全部親が悪いと本に書き、親のすねをかじる権利を声高に主張する、うるせーしかしゃべらない、内弁慶である。

 らしくない。こんなの岩窟王らしくないよ。ダディーは偽者と確信した、これは詐欺だと。詐欺師は息子の名前と生年月日以外のデータは持っていないようで、本物であるというアピールが出来ない。ダディーも老いたとはいえども、こんな出来損ないに騙されるほど耄碌はしていない。

 せっかくだから。ダディーはオレオレさんをからかってやることにした。「妹の名前は」と聞いてみた。相手は答えられない。さらに、「甥っ子の名前を言ってごらーん」と止めを刺した。完全な沈黙、将棋で言うところの詰みである。

 年寄りに完全にやり返されて、詐欺師も恥ずかしく悔しかったのだろう、あんたとっとと死になよ、と捨て台詞を言ってがちゃりと電話を切った。むっとするダディー。ぶつけようのない怒り。目上の人に対して、死ねとは何ごと、この傲慢な口の利き方、…ん!、あれ、この言いざまは、ひょっとしたら、そんな気持ちがぬぐいきれず、オレオレ詐欺の電話が家にあったけど…違うよな、という確認が先ほど勝山親子の間でおこなわれました。

 違います、それはボクではありません。それに200万円の連帯保証人にはなる資格なんてないし。ちなみに今日は免許の手続きのために朝早くから二俣川の試験場に行っていたんですよ。ホント偶然ですよね、オレが家にいないなんて。Jiji

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月曜日)

ひきこもりとフリースペース

 一人でひきこもってこその、ひきこもり。フリースペースなようなところで集団でひきこもっていては興醒めだ。でも、気持ちはわからないでもない。同じひきこもり病の人を眺めるのは良い気分だろう。自分よりダメなひきこもりは最高の景色に違いない。まだオレは大丈夫という確信、なぐさめが自信へと変わる。他人への憐れみが自分への治療となり、ほくほくとした日々を送れる。そうだ、ひきこもりにとってフリースペースは、富士山のご来光なんかよりも、ずっと感動的で拝みたくなる風景なんだ。ご来光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日曜日)

生涯半人前

 一人前になろうとしてなれないから葛藤が生まれるわけで、始めからオレは半人前でいい、半人前がかっこいい、半人前のほうがもてる、となれば生活のハードルはグンと低くなり、なんとなくひきこもりにもゆとりが生まれる。生涯、半人前であれ。おたまじゃくし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土曜日)

おむつを買いました

 一分でも遅刻したらだめ、途中でトイレに行くこともだめ。そう言われるだけでおしっこがちょろちょろと漏れてしまうよ。今はバイクや車の免許を取るには、特定教習というのを受けなければいけない。これに対する警察の指導は厳しいらしく、どういう理由があるにせよ受講時間の短縮になるような行為は一切許されないのだという。

 一分でも遅刻したり、途中でトイレにいったらおしまい、もう一回特定講習を始めから受けなおさないといけない。お金もまた全額払わなければいけない。考えただけでも恐ろしい、トイレなんて生理現象でとめようがないじゃないか。どうするんだ、そうだ!オレがおむつをすればいいんだ。バブーだむん。

 成人用のおむつがある。変態が着用するためにあるのではなく、介護用である。老人の間では今、尿漏れがブームだ。はうあっ、と言ってはちょろちょろ尿を漏らしている、はずだ。薄くて軽い、通気性抜群の尿もれ用おむつ。介護する方、される方、両方に喜んでもらえる大人用おむつ。自分で自分を介護する。ああ、死にたくなってきたぞ。(続く、いや続かない)大人用おむつ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木曜日)

 「叔父さん、これ”の”だよ」と甥っ子が本を指差して言う。見れば、生協の白石さんという本。何を言っているのだろうと思いましたがこれものだ、これもそうだと次々本の背表紙をさすのでようやく意味が分かりました。甥っ子がひらがなの”の”だけ読めるようになったのです。

 ついに甥っ子が字が読めるようになってきてしまったのか。じゃあそろそろ隠さないといけませんな。ひきこもりナントカとかいう本を。叔父さん、爺じ、婆ばと勝山ファミリーの裏の顔がきっちり描かれた修羅本を甥っ子に見せるわけにはいかんのです。金庫を購入を検討中です。ひきこもりカレンダー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火曜日)

読むと死にたくなる文章・第一回ぽんちエッセイ

   宣誓
 私はここに心の病む人の心の病む人による心の病む人のためのページを作ることをここに宣言します。\(^o^)/

 全ての準備は整いました。掲示板ありチャットありこれでコミュニケーションはばっちりです。どうですか皆さん。一見みすぼらしいように見えるこのページもシンプル・イズ・ベストと言う思想に基づき、わざとこうしているのだと言うことをご理解頂きたい。派手で華やかなホームページの時代は終わったのです。質素、これに尽きます。ぜひこのページの男ぶりを堪能していただきたい。これこそ男の中の男のページ。チャットルーム(動作不確認)はやばいくらいにの出来ですが私が悪いのではありません。ジオシティーズが悪いのです。チャットに関する苦情は一切受け付けません。

 野望、それはこのページをメジャーにすることです。目指せ!年内アクセス一万本。そして心病む人のための王国を作りましょう。会社の面接で私は精神病ですと胸を張って言える世の中、そんな人を「ぜひ」と採用する会社が出来るような世の中を目指します。革命です。心病む人のためのチェ・ゲバラ。心の共産化にぜひご参加を。

 野望をかなえるためにまずやらねばならないのが検索エンジンへの登録。ヤフー!やグーなどの検索リストに名を載せなければなりますまい。そうしなければ誰にも気づかれぬまま朽ち果てていく羽目になります。それだけは阻止しなければなりません。どうすればいいのでしょうか―。取り合えず土下座「よろしくおねがいします」。誰か裏口を知らないでしょうか。みなさんこのページを推薦してやってください、私の野望実現のために。行くぜ一万本!

   1999/01/01/元旦/

 

 解説。これがボクが最初に作ったホームページ(心病む人のためのホームページ、のちにココロ、コロ、コロと改名)の第一回目のエッセイです。やる気満々で今読むと自分が気の毒です。エッセイを書き、サイトの人気が上がればそれは小説家になるのと同じような効果がある、と信じていた26才の元旦のものです。右下の画像は当時のサイトの雰囲気を再現したもの。小説家がだめなら、Webデザイナーにでもなろうかなと考えていました、そんな人が作ったのがこれです。心の病む人のためのホームページ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土曜日)

アクセス解析の悲しみ

 ココログにはアクセス解析の機能があります。ようはブログの訪問者が何人か正確に調べる機能です。ココログの場合これがかなり高性能で、検索ワードまで知ることができます。どういう言葉をグーグルなどの検索エンジンに入力し、このページにたどり着いたのかが分かるのです。

 本日、「パニック障害 ひきこもり  中卒」と検索して、このページにたどり着いた人がいることが、アクセス解析により判明しました。卒倒した。土足でこのブログの本丸に上がりこみやがって。新手の嫌がらせですよ。

 大卒、そんなウソのキーワードをブログに埋め込めこめば…、否そういう問題ではないぞ。甥っ子に引っかかれて、顔が血まみれヒリヒリ痛いぜ、勝山叔父さんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金曜日)

ひきこもりと観葉植物

 ひきこもり部屋にうるおいを。観葉植物なんかどうだろう、ボクの部屋にも四つほどある。観葉植物を育てるなら、ハイドロカルチャーにしておいたほうがいい。ハイドロカルチャーとはガラスの入れ物を鉢として使い、土の代わりにハイドロボールという丸い小さなレンガのような質感の小石を使うんだ。そこに観葉植物を植える。水は容器の底から一センチくらいのところまで入れる。空になったらまた入れるを繰り返すだけ。水をやりすぎたり、足りなかったりと言ったつまらない失敗で植物を枯らす可能性が少なくなる。面倒くさがりにぴったりだ。

 でもこれでも枯れる時は枯れる。植物は育てたり枯らせたりするもの。枯らした数だけ人間は大きくなれる、優しくなれる。植物は春から夏にかけて育つ。秋から冬にかけてはまったく育たない。水をあげても別に育たず現状維持、もしくは枯れる。冬の観葉植物はひきこもり、鳴かず飛ばずなんだ。でも3月くらいから春の気配、ボクの部屋のテーブルヤシも新しい葉を伸ばしてきた。目に見えて変化があると、植物も育てがいがある。

 豆の木(カスタノスペルマム)がお薦め。すくすく育つ、ぐんぐん伸びる。せめて植物くらい、成長さ…。 豆の木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木曜日)

ひきこもりと盆栽

 ガーデニング、園芸、その中でも特に盆栽などは不自然な自然でちょっと嫌だなと思っていた。本当の自然じゃない、人工の自然だ。だから、庭が欲しいな、自分の家に日本庭園があればいいなと、そんな空想には飽き飽きしたので盆栽を買ってみました。梅です。梅って桜よりも渋くてかっこいい。ホームセンターで千円で購入、盆栽としては極端に安物です。

 買ってすぐに満開、そしてすぐに終わり。買った時にすでにつぼみが大きかったので、おそらく温室で育てられた盆栽だろう。自然の梅よりずっと早い時期に咲いた。梅の花って、近くで見ると南国かジャングルの花のようにグロテスク、雄しべだか雌しべだか分からないものがぴこーんと飛び出ている、恥じらいがない。

 大きな木に、梅の小さな花が咲くと大和撫子のような可愛らしさを感じるけど、小さい盆栽にびっちり梅の花が咲くとムカデっぽい気味の悪さを感じる。ただ咲かせればいいってもんじゃないんだぞ、そんな盆栽の深さを感じた。咲き終わった盆栽を手入れして、来年こそは美しく恥らう乙女に仕上げたい。

 ひきこもりと盆栽…か、関係なかったね。植物をかわいがるおっさんの話でした。大きな木に咲く梅の花

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水曜日)

わっしょい叔父さん

どてら  甥っ子が勝山叔父さんと一緒に荷物を運ぶときはいつでも「わっしょい!わっしょい!」である。どうしてかな。それは叔父さんがいつも、どてらを着ているからさ。

 なんでどてらを着ていると、わっしょいになるかというと。それはね、右下の「甥っ子から見た勝山叔父さんのイメージ画像」を見て。

 甥っ子から見れば勝山叔父さんは、いつもお祭りの格好をした大人。だからテーブルや椅子を一緒に運ぶときも、掛け声は神輿をかつぐのと同様、「わっしょい」以外はありえない。よーし、今日も一丁いくぞ、わっしょい、わっしょい、だ。

 現在、どてら以外のいかした部屋着、ひきこもりに適した服を探しております。ちなみに普段どてらの下はジャージです。室内でスウェットを着るのはだらしがないので嫌いなんです。ジャージにどてらがボクの部屋での正装であります。甥っ子から見た叔父さんのイメージ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火曜日)

母親がパソコンで最初に覚えること

 全国の、ひきこもり息子を持つ母親が、パソコンで真っ先に覚えるのが、一度開いたメールを未開封に戻すという操作です。常識です。厳然たる事実です。何でそんな方法を最初に覚えるのかって、ひきこもり息子のメールをのぞき見し、未開封に戻すために決まっているじゃないか。当たり前じゃないか。

 偶然、事故によりひきこもり息子のメールを開いてしまった、と自分に言い聞かせて他人宛のメールを読む楽しさよ。ママン、生きがい発見。ひきこもり息子はどうやったところで親孝行をせざるを得ない。残念なことだ。Mail

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月曜日)

ひきこもりとアフィリエイト

 アフィリエイトで稼ぐという嘘に多くのひきこもり中年が引っかかっているようだ。バナー広告が貼りつけてあるだけのお寒いブログが目につく、読めば必ずひきこもりだ。もう何を言っても無駄だと思う。本人はビジネスマンのつもりなのだから。

 ただ、やはりこれだけは人間の証明として言っておかなければいかんのです。広告で稼ぐのは、人気ブログ・サイトになってからでも遅くはないぞと。て言うかそっちがまず先なんだ。コメントのないブログ、書き込みのない掲示板、一方通行のリンク集、そんなホームページに、びっちり張られたバナー広告たち。目を覚ませ。その失敗はとうに、ココロ、コロ、コロで証明済みなんだ。アフィリエイトで稼ぐ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土曜日)

ひきこもりと家族団らん

 あなたは親子一緒に食事をしますか?日本男児全員がノーと答えるかと思いきやそうでもないらしい。ひきこもり作業所でこの問いに対しボクがありえないと答えたところ、勝山君はまだまだ思春期なんだなみたいな扱いを受けました。いかがなものか。

 すでに家族団らんがどんなものか、誰も覚えていない。テーブルにつき箸を持つと同時に愚痴や文句が口をつく。ひきこもり家族ならどこの家でもこうなるはずさ。唯一顔を合わす場が食事のときだけだから今だとばかりに、学校に行け、働け、出て行け、うるせーなどと、余りにも長いこといがみ合ったので、食べ物を見ると条件反射で、その日にあった一番嫌なことを思い出し、目の前の家族にぶちまける。

 これはいけない、家族と一緒に食べてはいけない。食事は一人で召し上がれい。Danran

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金曜日)

更に、沖縄の思い出

 沖縄の夜。本当は国際通りにくり出す予定だったのですが、思ったより疲れたので部屋でのんびりすることにした。男子4人の相部屋です。やることもないのでテレビを見ていると石川ひとみが出ていました。石川ひとみって昔と全然変わらずきれいだよねと一人の男子が言うと、そんなことはない老けたよ石川秀美のほうがいいと言う。そこを横から一人の男子が牧瀬里穂がいいという、すると別の男子があんなデコパチしゃくれあごなんか嫌だという。

 男子が3人集まると必ず行なわれるという、結婚するならこのアイドルという永遠のテーマで朝まで生トークは始まります。男子のファミレスでの会話の80%はこれなんだ。「オレの経験から言うとさ」という切り出しから語られる武勇伝やら、統計的に男の半分はぽっちゃりが好きであるとか、女は生理的にハゲを受け付けないだとか、急に落ち込む男子やら、じゃあオレが結婚したらお前も結婚するんだなと詰め寄る場面、などがある。

 時がたつにつれ、最初はばらばらだった意見も、一つになる。歩み寄る男子の美しさ。ようやく答えが導き出されました。「菅野美穂なら認める、結婚してもいい」と。全員35歳オーバーのひきこもり中年"独身"男子でした。外からは波の音、いや我に返った男子のすすり泣きでしょうか…、そんな沖縄のスウィートメモリー。Miho

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木曜日)

完璧主義はうつ病になりやすい

 完璧主義も良い方向に向かっているときはいいのですが、悪い方向に行くと頑固で融通が利かないだけになります。わたくしがそうなっているのですよ。柔軟で臨機応変になんていうとさすがに敷居が高い。それができたら、うつ病にはなるまい。

 ひきこもりの人すべてが、うつの気質というわけではあるまいが、完璧主義者はひきこもりの一大勢力であるとボクは確信している。我らが挑戦することはただ一つ、手を抜くことだ。適当でいいんだ、だいたいでいいんだ。そう自分に言い聞かせて、今日は寝ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水曜日)

甥っ子と便秘

 だいたい二週間に一回くらい甥っ子が遊びに来ます。甥っ子ももう五歳ですからあと一年位したら、叔父さんと遊んでくれなくなるでしょう。小学生にもなれば親戚よりも友達と遊ぶほうが何倍も面白いに決まっています。

 よし、悔いを残さぬよう甥っ子と遊ぼうと、気合満点の勝山叔父さんです。でも甥っ子と遊ぶ時はすごく緊張するんだ。神経質になり必ず便秘になる。例えばボクがトイレに入るでしょ、すかさず甥っ子がドアをどんどん叩いて「叔父さん何してるの」と聞いてくる、トイレですと答えると「おしっこですか、うんちですか」と聞かれる。うんちですと答えると家族みんなに叔父さんがまたうんちしていると報告されてしまう。

 出るものも出ないっす。おしっこもちょろちょろとしか出ないっす。でもこんな楽しい季節もおそらく後一年。 輝く時は今、胸をはって生きていこう。桜の花、舞い上がる道を♪桜の花、舞い上がる道を

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月曜日)

俺たちのほろ苦いメモリー

 いきなり登校拒否になる人もいないと思う。最初は家を出て、そして学校ではないどこかに行くんだ。暗黒高校2年生の時だろうか、ボクは山下公園のベンチに座り、鳩にむかってポップコーンを投げて時間をつぶしていた。学ランを着た高校生の周りを大量の鳩が囲んでいる絵を想像して欲しい。

 高校に通っているというアリバイ作りのつもりだった。でも、やってることと言えば野毛の大道芸人も真っ蒼なシュールコントだった。今は何も誇れるものがなくてもいい、ただ朝の9時に山下公園で鳩に餌をやるのだけはやめようよ。それがひきこもりの先輩であるボクからのたった一つのアドバイスさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄旅行の思い出

 ひきこもりのくせに、働いてもないくせに、沖縄に旅行に行くなんて生意気だと思う人もいるかもしれません。働いていないからこそオフシーズンの平日に旅行にいけるのです。だからこそ通常では考えられないほどの格安のツアーが実現するのです。休みが取れないほど忙しく働いて稼いだお金を、連休のピークに高額の宿泊・旅行代に使うのってなんなんだろうね。オフシーズンの平日なら、どこも空いていて行列もなく快適なんですよ。働くバランスというか、働き方、休みかたを工夫すると生活が豊かになるはずだ。

 今回の旅行では主に沖縄地上戦の跡地を見て回った。国のため、愛する人を守るために戦うというのがかっこいい戦争のイメージだと思います。でも実際の戦争は国を滅ぼし、愛する人を盾にし犠牲にして戦う。降伏、解散すれば助かる命もあっただろうが、勝利(敵の進軍を止める時間稼ぎ)のため、市民・町村を全滅させて抗戦した、それが沖縄の地上戦だったのです。沖縄陸軍病院 南風原壕群20号がお薦め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日曜日)

長田百合子の新宗教

 まずは何も言わずこのサイトを見てくれ。

長田百合子 家庭教育再生機構

 スローガン(標語)が「RINGO」appleって、馬鹿も休み休み言わないと誰もついて来ないぞ。このRINGOってのは英単語の頭文字の組み合わせなんだけど…、なんかな。

 obligeを「助けられたら助けよ」と強引に訳してる。お前、無理やりくっつけだろ。リンゴにするために頭文字のO欲しさに一生懸命英語の辞書ひいてobligeくっつけたんだろ。あとnetworkを「信頼で結ばれたネットワーク」って肝心な部分を訳してないよな。ネットワークの部分を日本語に訳さないと、何でもよくなっちゃうんじゃないのかな。

 掲示板もひどい。ホームページ訪問者を装って、民事裁判で自分を訴えた人の悪口をせっせと書いている。幼稚で恥知らず。これがRINGO精神であり、長田百合子の本質だ。いっちゃってる直筆挨拶とか、ホームページビルダーで10分もあれば作れそうなデザインとか、突っ込みどころはまだあるけどこれくらいしておく。Ringo_4

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月 1日 (土曜日)

何の根拠もない確信

 どうしたらひきこもりが治るか、早く子供を働かすにはどうしたらいいか、手遅れにならない為にと、早く忙しく急ぐ人ほど、解決から遠ざかっているよう思えるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »