« ひきこもりとバリカン(1) | トップページ | 2007年の10大ニュース ひきこもり編 »

2007年12月18日 (火曜日)

ひきこもりとバリカン(2)

 続きです。虎刈りとシマウマ刈りの違いは何か。虎刈りはバリカンの扱いに失敗した間抜けな風味、シマウマ刈りは閉鎖病棟から脱走してきたような狂気に満ちている。いかがなものか。一週間家にひきこもって髪が伸びるのを待つことも考えたが、もしかしたら甥っ子が今日にも遊びに来るかもしれない、こんなマッドな叔父さんのままでいるわけにはいかない。親も心配するしな。よし、6mmに刈り込んでみよう。これに失敗すると次は何ミリになるのか、典型的なバリカン失敗大作戦だ。

 12mmアタッチメントをひっくり返して装着すれば6mmで刈れる。失うものは何もない。頭丸ごと更に刈り込んで、鏡でチェック。やった、虎刈りになれた。タイガーヘアなら普通だ、普通の阿呆だ。こんな部屋の中に一人、自分の頭をしましまにして、嘆いたり喜んだりしている叔父さんはどうなのかな。取り合えず、客観的に社会復帰なんてありえない、このひと重症ですよ、そう思いました。 

|

« ひきこもりとバリカン(1) | トップページ | 2007年の10大ニュース ひきこもり編 »