« 理解のある医者の理解のある診断 | トップページ | 注意 »

2007年11月 2日 (金曜日)

絶版「ひきこもりカレンダー」

 ちくしょーっ、オレの心のベストセラーひきこもりカレンダーが絶版になることが決まりました。せっかくだから、絶版ってどういう感じなのかお話しましょう。

 出版社から封筒が届きます。中身には印刷された手紙とハガキが入っていて、手紙には「御書を絶版にさせていただきたくお報せ申し上げます」という残念きわまる報告と、同封のはがきを送ってくれれば希望の数だけ本代無料・送料着払いで在庫を贈呈すると書いてある。ちなみに在庫数は77、これだけ売れ残っているということだ。

 愛着たっぷりの本なので全冊受け取りたいところだけど、部屋がゴミ屋敷になるのは嫌だ、すでに勝山商事Tシャツという負の遺産がある。ブログを読んでいる人にプレゼントすればと考えたが、これを読んでいる人って本だけでは飽き足らない筋金入りの読者だと思うんだ。そう考えると黙って燃えるゴミとして処分してもらうしかない、不都合な真実だ。

|

« 理解のある医者の理解のある診断 | トップページ | 注意 »