« ひきこもりのライバル企業 | トップページ | ひきこもりと恋愛 »

2007年9月25日 (火曜日)

もてたいとは何か

 もてたいとは何か。一つは人気者になりたい。二つ目は牧瀬里穂に好かれたい、ということになるだろう。この両方が満たされたとき人は始めてもてていると実感できる。

 人気者=売れている人と言い換えてもいいかもしれない。質が良くても売れないことはあるが、人気があれば何でも売れる。人だって売り手市場になる。ちくしょー。人気が欲しいのは健全な欲望かもしれない、そして健全に諦められる欲望のような気がする。

 もう一つのもてたいの要素、牧瀬里穂に好かれたい。別に牧瀬里穂でなくてもいいのだがすごく分かりやすいのでマキセで。ブタやマチャミに好かれてもしょうがない、必要なのはマキセの量だ。もし君のコンサート会場にペンライトを持った豆タンクがどんなに押し寄せてもマキセはゼロのまま、マキセ不足は解消されない。フレディーや晴郎のような同姓に好かれた場合マキセはマイナスになる。もてたいの新しい単位としてマキセを使用するとこの問題は簡潔になる。

 もてたいとはたくさん売れたいたくさんマキセを手に入れたい欲望と、今の自分の価値とのギャップに心を寒くさせるほろ苦い青春のメモリー。

|

« ひきこもりのライバル企業 | トップページ | ひきこもりと恋愛 »