« 元・ひきこもり | トップページ | ニートという言葉はかっこよすぎる »

2007年9月 8日 (土曜日)

情熱の否定形

 本当にやりたいことは、○○はしたくないという否定形で始まる。熱い気持ちゆえ、学校で一日中死んだように過ごすのに耐えられない。今の自分にはやらなければならないことがある、時間の切り売りしている場合じゃない。本当にやりたいことがあるんだと、確信したからこそひきこもるのだ。

 じゃあ本当にやりたいこととは何なんだと聞かれると、どういう訳か蛭子能収先生のように「エッヘッヘ」。したくないことははっきりしているんだけど、したいことはどうもはっきり見えてこない。ただただエッヘッヘであります。内に秘めた情熱は、どこからどうやって出て行くんだろうねえ。

|

« 元・ひきこもり | トップページ | ニートという言葉はかっこよすぎる »